パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

S i t e ま つ を


2003年8月



2003_08_12

小川亭をめぐる談義


皆様方に大いに語っていただきました「小川亭をめぐる談義」アップします。

    民家、カタログ君、ファッションとしてのスローライフ、知識と智慧、未熟な愛着、幼児誘拐殺害事件、座敷わらし、闇、西洋哲学批判、異界、地域の希薄化、機能主義建築、よどみ、根無し草、疎外、ココロねっこ、反モダニズム、波、存在、認知と測定、サンスクリット、脳、単身赴任、文化と文明、グローバリズム、景観と美意識、江戸リサイクル社会、視野狭窄症的まじめさ、アメリカ美術と大きな物語の喪失、寺子屋、そして「はじめてのオフかい」へ。

2003_08_02

古民家「小川亭」


不思議な家です。大正に建てられた小川亭。名家の古い民家なのですが、その使われ方がユニーク。
現在の持ち主は関東在住。その持ち主からとあるご婦人が借り受けられ、この家の保存に手を入れてこられたといいます。 そしてこの家を、展示会やコンサートに開放されているというのです。
場所は長崎県の飯盛町にあります。長崎県北高来郡飯盛町里名811


小川亭の前に広がる風景。古き良き日本の農村です。


小川亭の階段。 趣きがあるでしょう。
道に車を置いて、この石段を登って行くのがまたいいんですよね。


玄関を入るとこんな感じ。地方の名家のお住まいといったたたずまいです。

家の中は、ひんやりしています。屋根裏がゆったりととってあるために、熱が室内まで届かないんですね。開け放された障子から、涼しい自然の風が入ってきます。
このアングルからですと、三つの部屋が開け放されている状態が見えますね。一番向こうに床の間があるのがわかると思います。これ以外にもいくつかの部屋があります。
家の雰囲気は、宮崎駿作品に出てくる田舎のおばあちゃんの家という感じ。なんだか、本当に落ち着きます。昼寝には持って来い。寝袋でも持ちこんで、夜一杯傾けると、たまらないでしょうね。

 


 


サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

オススメ

これまでの記事

掲示板

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

メール

リンク

 

Profile まつを

Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。