LOG

 

←来月 / 先月→

 

  • 12.29 今年もお世話になりました。明日の夜、帰郷します。しばらくネットから離れます。新年もよろしくお願いします。
  • 12.27no.2 出題その10。グーグルマップでは船なども見ることができます。では沈んだ船を探してください。例えばこのようにですね。リンクを張るときは、グーグルマップのページの右上に「このページのリンク」を押してでてくるアドレスを、ここのBBSに張っていただくとよろしいかと。
  • 12.27 クイズその8。ここで起きていることはなんでしょう?←正解が出されました。では次、クイズその9。ここで起きていることはなんでしょう?
  • 12.26 no.2 もう一ついってみます。クイズその7。この写真の中央に見える点はある建物なのですが、さてなんでしょう?
  • 12.26 クイズその6 「この中央に見える建物はなんでしょう?」はすぐに見破られてしまいました。→BBS。 では、クイズ7 「ここはどこでしょう?」←BBSに解答が出ました。
  • 12.25 クイズその4。この建物はなんでしょう?超難問。ここがお分かりになったら脱帽ものです。←あっさり正解がでました。脱帽です。ならば方向性を変えて、クイズその5。この場所と関わりの深い高名な人物は誰でしょう。いよいよインテリジェンスなテイストが深まっていきます。
  • 12.24 携帯電話が見つかりました。ご心配をおかけしました。クイズその3。ここはどこでしょう?みなさん、ご存じ。
  • 12.23 携帯電話を紛失しました。現在止めています。電話番号が変更となる可能性がありますのでよろしくお願いします。
  • 12.22 クイズその2。ここは誰の家でしょう?
  • 12.21 クイズです。ここはどこでしょう?おわかりの方はBBSへ。
  • 12.20 異星人とのコンタクトを米国が密かに行っているのではないか、とささやかれているエリア21って場所があることを、ご存じの人も多いことでしょう。で、そんなエリア21ってホントに実在するの? で、です。これがエリア21の上空からとった写真。マウスでドラッグすれば周辺の地域も見れますし、左側のズームを操作して、これがどこに位置しているのかも見ることが出来ます。右上にある「マップ」ボタンを押すとそこの地図がでるようになっているのです。これ押すとですね、なんとエリア21は地図上に描かれていないことがわかります。……このGoogle Mapシリーズ、評判がよければ幾つか続けようと思いますがいかがでしょう。BBSにご感想などいただければ幸いです。
  • 12.19 長崎歴史文化博物館に行って来ました。かねてから「近寄りがたいあの建築はちょっとね」という立場でしたんですが、失礼しました。中の陳列は実に良くできています。まだ行ったことのない人はいきましょう。長崎に住んでいることが楽しくなります。
  • 12.18 友人のデザイナ黒糖庵氏とこの前会ったとき「読売新聞の写真の賞に入ったらしいんです」と飄々と話していたのですが、全容を聞いてみるとデジタルアート部門で1席に選ばれたらしいのです。で今度東京で立木義浩氏なんかも出席する授賞式があって賞金やらカメラをもらうんだそうです。こりゃ、めでたい。体調のいいとき、カクウチしに行きましょう。
  • 12.17 明日は雪が降るといいます。雪といえば、数年前某FMラジオに出演したとき、リクエストで流してもらったのが「Snow Man」。お気に入りの一曲。ここをクリックして流れ出すのがその曲です
  • 12.16 久々の感動。映画『アメリ』。すばらしい。実はこの映画、一度レンタルショップから借りてきたことがあって、その時は頭だけ少し見ておもしろくなくて返しました。今回、日本語吹き替え版で観て感動。素晴らしい吹き替えです。と言うか字幕ではこの面白さは伝わりません。この天才的映像とセリフまわしのテンポ。そしてエスプリに満ちた映像。本当に久々の感動。
  • 12.15 「大量破壊兵器などの情報の多くは、結果的には間違っていました。イラク攻撃を決断したことには、大統領として責任があります」(ブッシュ大統領) こんな国内向け演説で禊ぎが終わりですか?こういう犯罪のために国際司法裁判所があるはず。
  • 12.14 「寿司」に続く「日本の美 第2弾」それは「土下座」。
  • 12.9 みなさんは寿司を食する際のマナーをご存じですか?この動画はそれを外国人にレクチャーする秀作。私も知らないことが多々あって勉強になりました。
  • 12.7 久しぶりにソクラテスなんぞの話をして楽しい一時を過ごす時間がありました。一般に認識間違いされていることを、少し書いておきます。その一、ソクラテスは市民によって殺されたということ。ソクラテス、プラトンのギリシア哲学の系譜にとって、民主主義は敵です。いやそれは衆愚政治が敵なんでしょうという反論が来そうですが、それこそソクラテスが嫌った詭弁に過ぎません。プラトンの哲人政治などは、まさにアンチ民主主義であるのは、冷静に読めば明々白々。こちらの参考ページがわかりやすいでしょうか。その二、ソクラテスは、魂は生まれた時から善であるとは、思っていないこと。ですから、一部の教育学者が「子どもはみんな純粋で美しく」と言うとき、ギリシア哲学者ば「なに甘いこといっとるんだ、この平和ボケ」と思うわけです。人間は、魂への配慮によって磨かれることにより、よりよくなっていくものだと、彼らは考えていたのです。
  • 12.4 耐震偽造事件は渡辺建築士の告発から始まったとのこと。11月25日記載の私の推察は誤り。自身の無明を恥じるばかりです。私は基本的にメディアが書いた所見は、書かないようにしています。どこぞで書かれている見解のパッチワークを、自説であるかのように記さないこと。これは自身にとってもきついもので、なおかつ今回のように過ちを犯すこともあります。申し訳ない。けれど、私の見解は行政側の迅速な動きとしてはあったのではと推察しています。
  • 12.3 長崎のコラムマガジン『AGASA』創刊記念パーティ。まあ、多様な方々でした。流れによっては、ちょっとした本県文化のトレンドができるかも。しんのじ氏も見事にご復活。ダッジオーブンによる焼き芋の差し入れをいただきました。烏龍茶でのパーティ参加は粋なものです。
  • 12.2 先日の話。ある種の典型的な困ったちゃんに、久々に会いましたので書きます。某会議でのことです。某有名芸大出のインスタレーションやってる男。会議では、みんなで知恵を絡ませあって前へ進もうとしていこうとしている。男は、会議の場も自己表現の場にして悦に入っている。会議では、コミュニケーションとは今とるものであると思っている。男は「コミュニケーションはシティズンという意味に置ける市民との連携が大切である」と力説する。わかったわかった。あんたには、目の前にいるシティズンである私たちとのコミュニケーションさえ取れないということはわかった。会議では、それを実行するまでには○月○日までにやらねばならないことがはっきりしてきた。男は、それをやるための意味付けを話し続ける。わかったわかった。あんたがこのプロジェクト実現能力がないということはわかった。男は「この地は勝手にやればとすぐに言う土地柄」と言う。よくわかった。あんたはそう言われ続けてきたのだろう。よく分かる。概念としての市民としか仲良くできない人間。まるで映画マトリクスに描かれるカプセルの中で柔らかな夢を見続ける人間。いやあ、長い会議でした。でもね、こうした人ともこれからもコミュニケーションをとっていかねばね。それが社会。
  • 12.1 人間ドッグから帰還しました。痩せろとのこと。あれですな、命をかけてのダイエット。みてなさい。わはは。
  • 11.25 マスメディアが言わないので書きます。姉歯氏を発端とする耐震構造事件告発は、極めて政策的なものでしょう。この時期を狙って急いで国はこの問題を出さざるを得なかった。国が、今回マスメディアを沸騰させ煽っている背景には、迫り来る震災があると見ています。つまり震災となって多数の犠牲者が出て責任追及される前に、蔓延した耐震構造詐称に対し国として動き、免罪符を得るということ。ですから、今後この問題は関東を中心とした業界に飛び火していくと見ています。
  • 11.23 里山道楽「飲む、眠る」アップ。
  • 11.22 久々に笑ったサイトのご紹介。「全世界のバカが思い描いている世界地図を描くプロジェクト」というのがあって、描かれたバカ世界地図がこちら。分かる気がします。昔、英語圏の人10名ぐらいにフリーハンドで世界地図を描いてもらったことがありましたが、こんな感じでした。基本的に彼らにとってアフリカはアジアとつながっていないものですし、イギリスがやたら広いんです。
  • 11.21 昨日の岡本太郎作品の件。今日、田屋敷酒風散人氏からこんな書き込みをいただきました。「実はここ2週間、岡本太郎「明日への神話」の長崎招致を東京の仲間と個人的にしていました。昔のプロデュサー根性がムクムクと頭がもたげてきました。広島といい勝負になってきました。詳しくはお会いした時。「ケンカ」です。なにがなんでも「明日への神話」は長崎へ、です。やります。」 おお。で、電話。で、さらに某所に電話したところです。動き始めるかな。
  • 11.20 「昭和の作家で世界の芸術史に残る人は誰だろう?」 5年ぐらい前、友人とそんなことを話したことがあります。あなたは誰だと思いますか?池田満寿夫は忘れられていくだろうし(実際そうなりつつありますね)とか話したんです。で、最も残る確率の高いアーティストは、武満徹。彼は百年経っても芸術史上で語り続けられるでしょう。音楽家の方が、画家よりも残るという結論は話していた自分たちでも以外でした。じゃあ、画家なら誰だろうと。で、出てきたのが岡本太郎。彼は日本画壇から無視されていようと、今マーケットが動かないであろうと、後世に残る確率の高い画家でしょう。私の好みとはまるで違う画家ですが、客観的にそう思います。で、でです。岡本太郎氏の代表的壁画が長崎に贈られる可能性があります。作品名は「明日の神話」。これはですね、好みですとか、主義主張を超えた、歴史的にどえらい話です。長崎には確か美術協会があったようですが、動かないんでしょうかね。私もささやかながら応援したいと思っています。
  • 11.19 誕生日。一人美術館に森づくりの名人、柳生博氏の講演を聴きにいきました。柳生氏は怖いもんなしのじい様になってまして、演壇からニコニコしながら呼んでもらった主催者を説教するという芸当やってました。アアイウモノニ、ワタシモナリタイ。という講演を聴きに行ってきました。一人でね、一人で、誕生日。……フゥ、誰か知らない方から、飲みましょってメールがあってもいいと思う、こんな時。(注)写真は大大台に近づいた誕生日に、カオで笑って、ココロでオロオロナヒテイル筆者。
  • 11.18 デザインソフト「アドビ イラストレーター CS2」を購入しました。で、早速パソコンに積んでみました。……ろくに動きません。重い。どうにかします(汗)。
  • 11.17 鈴木宗男氏と外務省の戦いが取りざたされ始めましたね。またか。次の当たり前のポイントを忘れないでおきましょう。 1.マスメディアが騒がないとここまで拗れない。 2.火事場の泥棒よろしく、騒ぎの渦中で別省庁の難題が片づけられていく。 3.北海道は国家プロジェクトが投入されないと立ちいかない地であり鈴木氏はそこで選出される。
  • 11.10 サイト経営に限りなく深い虚無を感じることがあります。
  • 11.7 タンカレーのプレミアムジン「テン」をついに頂きました。うまい。これはタンカレーの吟醸酒ですね。香り立つ品位。一杯だけピシリと決めて飲む酒です。カバノンで飲んだのですが、その時に撮ってもらった写真は例によって未だ未着。ザンネン(笑)。
  • 11.6 「在沖縄米軍のグアム移転 費用は日本側負担 特別措置、数千億円か」 なんとも言葉を失います。アメリカに我が国は植民地扱いされるだけでなく、この財政破綻寸前の状況で暴力団からむしり盗られるような扱い。しっかりしろ政府。それはちがうでしょう。日本政府は日本国民のために。長崎新聞はこの記事をトップで伝えています。えらい。各新聞社の比較はこちらで。 [次]「NHK記者が連続放火 NHK会長がお詫びの談話」(頭を下げるNHK側の写真付き) ばかか。業務上犯した犯罪でもないのに、なぜ会社が謝罪するのか。公私混同。この手の報道の仕方を目にするたびに、お子ちゃま国家日本を痛感します。会社は社員の生活全般を監督する責任を負う親の役割をいつから負わねばならぬようになったのでしょう。 [次]「アルミ箔値上げでカルテル 6社に排除勧告へ 公正取引委員会」 この公正取引委員会っていうのも、自分たちが仕事してるのを見せるために時々動きますね、時々。それも小振りなやつを取り上げて。笑えます。
  • 11.5 タンカレーがとりもち、素敵な日本画に出会いました。佐藤芽実氏の作品。一発でやられました。これ
  • 11.4 雲仙焼きの石川氏ご夫婦と黒糖庵氏と一緒に、銀鍋4F隠れ家カウンターで飲んできました。いやあ、やっぱり気ですよ気。今更なんですが、飲んでいるとき私たちは気を交わして楽しんでるんですね。話題がなんであろうと、気の酌み交わしがあれば楽し。素晴らしい一時に合掌。ご馳走になりました。申し訳ない。合掌。銀鍋もいい。供される肴と、4Fスペースは絶品。と言うことで石川照氏の作陶展は今度の月曜7日まで長崎浜屋8Fギャラリーで。ココ見てもらえばわかりますが、魅了されますよ。
  • 11.3 現在雲仙焼きの石川照氏が長崎浜屋8Fギャラリーで作陶展を開かれています。ここに今回の作品がアップされています。すごくシブい作品ですね。今日は文化の日。どうぞ、みなさん足を運ばれて、日本が到達している美の表現を目の当たりにしてください。[次]イギリスから取り寄せていた元ピンクフロイドのロジャー=ウォーターズ(ま、ドリフターズで言えばいかりや長介にあたる人ですが)のCDを落ち着いてヘッドフォンで聴きました。なんの違和感もなく私の中に入り込んでくる音。高校時代に接した音はピタッときますね。毎日聴きたい音ではないんですが。
  • 11.2 広い意味でのデザインで、売り上げやシェアーを拡大するのは大変なことと痛感する日々。デザインは力。確かに的確な力を持つデザイナーは、何十何百人かの販売員の仕事量に匹敵するシェアー拡大を達成できますよね。1970年代あたりまでのデザインをみると一番手の才能がまだデザイン業界中核年齢に流入していないようですが、この頃はアートシーンよりもデザイン業界にそんな才能が流れてきていることを痛感しますね。ちょうど野球とサッカーのような関係。それにしても、表現力という意味で一番活性化する二十代では、プロデュースの視点が追いつかないわけで、そこにデザイン業界の分業システムは出来上がっていくんでしょうね。
  • 11.1 いやあ、このごろもめ事の相談が多くてどうもこうもですね。でもあれです、もめ事の相談一つ持ちかけられない大人って、やっぱりいかんのじゃないかと思うようになりました(笑)。もめ事に立ち会うのは気の進まぬ話ではありますが、でもそんなことから逃げ回って知らぬ顔しているのって、歳のとりがいがないと思うんですよね。相談を受けても私も超能力者ではありませんから、淡々と人の話を聞き、淡々と問題を整理し、淡々とできることをするしかないのです。でも、それをしてあげる人間がいなくちゃいけないこともあるわけで。ま、年上のもんは、年下のもんの相談ぐらい受けられる器をささやかでも養っておきたいなと。お互い、「いつまでも少年の心を持っていたい」という言葉と、「いつまでも大人の責任から逃げ回っていたい」という言葉をはき違えんように歳とっていきましょう。それにしてもこの頃は焼酎がうまい。飲んで寝る。わっははは。
  • 10.31 かつてベーシックを自分で書いてパソコンを動かしていました。パソコンを使うと言うことはそういうことだったんです。本当に隔世の感があります。あの時代がバカみたい。今は既製ソフトを使うのでいっぱいいっぱい。私が現在扱えるソフトはそれほど多くありません。ワープロは『一太郎』を主に使っています。『ワード』は無骨で嫌いです。一番好きだった『ARUGA』は結局滅んでいきました。そんなもんなんですね。いいソフトが残るというわけでもない。表計算もかつては『ロータス123』を使っていたのですが、いまではしぶしぶ『エクセル』使っています。プレゼンテーションもかつては『フリーランス』使っていたのですが、どうにも重い。それに私はいろんなところでプレゼンテーションをしなければならないことが多く、パソコンを持ち歩くのも重い。そこでプレゼンテーションデータはHTMLで作ってスティックにデータ入れていくようにしています。これで、どこにいってもそこにあるパソコンで映し出すことができます。既製のプレゼンテーションソフト、たとえば『パワーポイント』でプレゼンしている輩は、見せかけ倒しのおこちゃま。やっとるやっとるって感じです。画像処理は『ペイントショップ』。これは成り行き上、使っています。けしてお勧めするほどでもありません。デザインは『イラストレータ』を使ってますが、わかりかけたというところ。デザイナになりたいって若い人が最初からこのソフトにいくと、どうなんでしょうね。このアプリケーションに精通する前に、センス磨けよっていいたいほど、努力を強いるソフトではありますね。すばらしい精度を狙ったソフトですが、仕事がらみでないとこれには手を出さない方がいいですよ。それから、もう音楽系ソフトには手を出さないでおこうと思っています。かつてはまってCD作りましたが、あれも時間食います。それによくクラッシュします。お勧めのソフトを一つ挙げろと言われたら『ホームページビルダー』。このサイトはこれで作成。最初、ちょっと引っかかりますが、サイトデザインは表使いだと分かれば、後は楽。便利です。先ほどのプレゼンデータもこれで作っていますし、簡単なデザインもこのアプリケーションの一部でつくってしまうこともあります。
  • 10.29 昨夜、友人と隠れ家的止まり木で飲んでました。そこは懐石料理のなんですが、それの最上階にご主人が自分が飲むために趣味趣味で作ったとしか思えないカウンターが隠されています。昨夜も一階受付のおねえさんに言ってもピントきていただけず、上がってのれんをくぐると洒落た古民芸家具に囲まれた焼酎バーが現れるという塩梅です。その店が、長崎市内の静かな一角に今度は全体が隠れ家的で、いわゆる古くからの「町家」を改造した店を出されるとのこと。どうもそこのパンフをつくることになりそう。
  • 10.28 デザインソフト「Adobe Illustrator」がわかってきました。黒糖庵さん、ありがとうございます。使えるようになると便利ですねえ、これ。「ホームページビルダー」ぐらい便利です。
  • 10.27 深く考えることは必要ですが、悩むことは煩悩です。私は問題が起こった場合は、考えぬきますが、ベストな対策を決めたら実行するだけ。その時点から悩まないようにしています。悩むことで対策が好転するなら意味はありますが、往々にしてそんな悩みは生むものがありません。悩まぬが一番。ベストを尽くし天命を待てばいい。先日、職場で連続テレビ小説を見て、主人公の行く末を心配している人がいました。心配事は仕事なんかの実生活上のことだけで十分。というわけで、ドラマ系も見ません。あれこれ些細なことで悩んでいる人は、結局暇な人だと思っています。
  • 10.26 >英戦略研、中国の急速な軍備拡張を指摘
    う~ん。これで恐慌でも来たら、中国はやるな。
  • 10.26 今日も載っているのですが、長崎新聞が「いま米兵たちは…」という連載を、ノー天気で大きな写真貼り付けてやってます。このシリースはどんな意図があって載せているのでしょうかね。同じ紙面の中に、「反核に生きて 秋月辰一郎の足跡」「被爆の実相伝えたい」「米軍属作業員を逮捕 大麻取締法」もあります。この頃、長崎新聞が揺れ始めていると感じるのは私だけでしょうか。
  • 10.24 九州は今日から冬服が似合う日になりましたね。カタンと寒くなったので、今年の紅葉は美しいでしょう。
  • 10.23 気付くと強い酒が好きになっていました。ジンも焼酎もロックです。割った酒など飲めるか。そしてさらに、気付くと酒がめっぽう弱くなっていました。→すぐ寝ます。おやすみなさい。
  • 10.22 今日も描きました。一連の作品を販売しようかなと考え始めています。基本的には1-2月に行うであろうモード関係の作家とのジョイント展で展示するというプランもあるのですが。価格は、30歳ぐらいの方にも買って楽しんでいただけるように、持ってけ泥棒(笑)の2~3万円程度におさえて。作品のページをアップしましたのでご覧頂けば幸いです。
  • 10.21 昨日、山の神さあの気を頂く。合掌。 次: 帰宅すると家人の容態がかなり改善していました。なによりです。元気に、元気に。さあ、オヤジは羽ばたきまする。 次: 先般職場でものすごく下手くそな文章が廻ってきまして、本当に驚きました。筆者はとっても円満な人柄の方で、これが申し訳ないですけれど本当に下手くそなんです。もう「どうしましょう」って感じの下手くそさで、なんと言うんですか忘れられなくって、あれはあれでがーんと頭を殴られるわけで、近所の道角を曲がったらゾウアザラシが寝そべっていたぐらい驚いたわけです。そうそう、思い出しました。これに似た体験があります。高校時代に、○橋さんというクラスメイトがいました。彼女は立ち振る舞いもおしとやかで、よく日本画に描かれるタイプの美人でした(こんなかんじ)。ところが彼女の書く字がすごかったんですね。オーバーではなく本当に酷かった。彼女が板書して去った黒板には、まるで悪魔の呪いのような字がでかでかと書き付けられておったわけです。初めて見た時、学級全体がしーんとなりました。みんな同じことを感じてたんだと思います。「うへっ!!」 うんうん、思い出しました。あの子は元気なんでしょうかねぇ。そして彼女の子ども達も、悪魔が残したような字を書いてるんでしょうかねぇ。
  • 10.20 私たちの人格の根幹は宇宙そのものとつながっている。このような主張は、古代インド哲学やギリシャ哲学、ローマのストア哲学やなにや、多くの宗教や思想の中で語られていることです。若い頃、そんなイメージが私の頭の中にあって、例えばこのような絵を描いていたんだろうと思います。それをとても神秘的なコトだと感じていたわけですね。けれど、そのことが当たり前のこととして受け止めるようになったために、人物の描き方が下にアップしているように変わってきたのだなと思います。若い頃の絵は気負いがすごくって見ていてつらいといいますか、「あんちゃん、リキむなよ。そんなこと先刻承知」といってやりたい感じです。宇宙は私とともにある。それは当為として。今、このサイトのご常連の方で、お子さまのことでとても心配されている方がいらっしゃいます。天のご加護がありますように。
  • 10.19 主夫業は続いています。なるべく早く帰って夕食を娘と作り、風呂を入れ、食事して、後かたづけして、洗濯機回して、息子を風呂に入れ、布団を敷き、寝て、早朝娘と一緒に起きて、一緒にお弁当を作り、ゴミ出しして、布団を上げて、家人の枕元にポット等を置いて仕事に出かけています。こんな作業の中、娘を見直しています。娘もあれやこれや手伝った後、勉強してます。会話も多くなったし。娘よ、いいぞぅ。あれですね、現代の子ども達は家庭内失業をしてるんですね。だから、だらっとなるわけで。なんだか、まんまの記述ですが、これは残しておきたいなと思ったので書き付け。ところでこのロッククライマーはすごい→ココ。こりゃ、まるでスパイダーマンです。
  • 10.18 社会人1年生君達と話す。少なくとも私が社会人1年生の時よりもずっと立派でした。同じ場に10年生も同席されていたのですが、そちらの方が活気薄し。30代中盤が活気づいていない職場は致命的だと思います。一方主夫業続く。私はこの主夫業でいることが許されるなら、梅干しは作るわ、室内インテリアには凝るわ、家庭菜園はするわ、サイト運営もするわの、結構活き活きと暮らすタイプの人間だと思います。なれるもんなら、なりたいですねえ。
  • 10.17 家人が床に伏せました。大忙しですが、こんな時家族の結束は強まるものだと実感しました。私はなるべく早く帰り、普段台所に立つことのない娘も料理に立ち、息子はメモ帳を持って私の買い物につき合う。家族の会話が一気に増えた一日でした。
  • 10.16 久々に絵を描き始めて実感することは、筆が以前よりもずっと自在に使えるようになっているということです。6年ほど前から急に墨で毛筆が使えるようになってきたときに感じていたことです。不思議でした。つらつら考えるに、これは年齢がある程度いったことと関係するのでしょう。若い頃は出したいことが渦巻きすぎていて、手が走ってしまうんでしょうね。今は脳味噌の思うように手が動いてくれるようになったようです。それから作品との距離が測れるようにもなっていました。演奏を考えるとわかることですが、パトスに任せてばっかりいたんでは、いい演奏はできません。どこかに冷静な自分がいなければいけない。これは、この前いっしょに飲んだサックスプレイヤーMALTA氏も強調していたことです。絵画にも同じことが言えるわけでして、人様に見てもらうには伝えるための冷静さが必要です。これを飛ばしてガナり立てることをよしとしたことに、近代以降のアートシーンのドツボがあるわけです。今になってして見れば「やかましい若造。あっち行っとれ」状態の累々たる馬鹿作品が並んどるわけですね。ま、それはいいとしまして、描いているときに、結果的にいろんなやり方を間をおいて使えるようになっている。これは一つにリキテックスという画材に慣れてきたこともあるようです。
  • 10.15 絵を描きました。ある意味、すっきりまとまってうだうだしない作品を上げることができるようになっているようです。素材はリキテックス。早く仕事があがるのでこれにしています。残念ながら油絵に付き合えるほど時間がとれないわけで、苦渋の選択といったところ。リキテックスは欠点も多く、その最たるものは彩度が上がらないこと。ですからこの画材の特性を生かせるように、作品はグレーを基準にした壁絵風のテイストで狙っていくことにしています。基本的に女性をバストショットで正面から描き、サイズはF6。これからしばらく毎週描いていくことにします。展示会で販売しようかな。
  • 10.14 明日は絵を描く時間がもてる予定。その後の珍しく計画なし。どうすごしましょうかね。
  • 10.13 職場張り付き対応中。十数年ぶりに絵画展の話が持ち上がっている。やるとするならば、若い頃のようにこだわるのではなく、さらりとした作品になるでしょう。
  • 10.10 映画とオレンジとジン三昧。今回の休日でありました。窓を開けていると入り込む風のさわやかさに思わずにんまりする秋。
  • 10.7 「米産牛肉 年内にも輸入再開」日本の官僚は良心を失ったのか。そりゃ委員会の論議でそうなったんだろうって?そんな素人、そこに正座しときなさい。反発覚悟で書きます。国家官僚は高額積んで集めないといけません。国家の安全保障に関わります。かつて秀才は学問積んで国家を支えるために官僚になった。ところが、この頃のメディアとそれに煽られた世論は、国家官僚の給与を安くしろの大合唱。あのね、市役所の窓口雇うのとは違うですよ。
  • 10.6 「大阪発砲、覚せい剤で逮捕の男関与か」この手のニュースが流れるたびに浮かぶ素朴な疑問。被害者の顔写真は流されるのに、加害者の顔は流れない。たまらないですよね。例えば夜の街をぶらついていた女子高生が殺害されても、女子高生の顔は流れ、加害者の顔は流れない。世間に「この女子高生は深夜徘徊していたバカ娘です」と流され、殺人者の顔は流れない。確かに刑確定までは被疑者でしょうけど、発砲覚醒剤男も流されないんですかねえ。世の中間違ってると思うのは私だけでしょうか。
  • 10.5 イスラエルのひき逃げ殺人コンテナ船事件。まあしゃあしゃあと嘘をいうもんですなあ。全ては訴訟前提の発言と謝罪。久しぶりに腹が立つ事件ですので、イスラエル支援企業リストでも挙げておきます。次の話題。民主党代表選を見ていて、人間見た目も大事だなと改めて思い知らされました。それにしても菅直人氏はいつからあんな卑しい笑い方をするようになったのでしょう。なんだか切ないですね。次。「死者1万人? 実際は1200人 米カトリーナ被害」だと。おいおい。近頃メディアも世界的にワイドショー化が著しいようで。この前のピアノマンにしても、実は全然ピアノが弾けなかったわけで。ニュースソースを確認せず突っ走ってしまうワイドショー。私はあのピアノマン報道は大衆操作実験だったと勘ぐってます。ウケる写真、シチュエーション、そしてニュースソースとの遮断性。メディア特性をよく知った者の匂いプンプンです。初期に報道された内容後の報道、どう考えてもおかしい。どう考えても笑うほどおかしい。
  • 10.4 長崎市の最もネイティブな匂いをかくごとのできる祭りは何か。それは、おくんちの「庭見せ」である。あれはいい。地の者の、地の者による、地の者のための祭りの時間。それが「庭見せ」。私の仲間は毎年集い、振る舞い酒に酔いしれる。いつ開かれるか。……昨夜だった。終わってもた。気づいたのは夕方だった。さあさ、今夜は早く寝よう。今日は若人に未来を語る機会を得て楽しい一日でした。
  • 10.2 東京・鎌倉の旅から帰ってきました。皆様方、大変お世話になりました。やまさん、新宿付近がお住まいでしたか。残念、またの機会を。くるよさん、ありがとうございました。写真は、2泊目のホテルで、モーニングを食べた席からの風景、都庁前です。人間はこんな風景で食事をするようになったらいかんと思います。
  • 10.1 江ノ電で、いざ鎌倉。鶴岡八幡が時を経ても実にアクティブなことに感銘を受ける。その後、東慶寺で小林秀雄の墓へ。我らがカリスマ、西田幾多郎、和辻哲郎、鈴木大拙のお墓参りもと願ったが、同行した集団に取り残されそうになり断念。建長寺へ。なんてったって鎌倉五山第一位、我が国最初の禅寺。次に竹の庭で有名な報国寺へ(写真)。とって返して鎌倉の大仏さんへ。青空を背景にお座りになるその姿のものすごいリアル観にまいりました。中にも入れるんですね。知りませんでした。最後に長谷寺。こちらの9㍍におよぶ金色の観音様のオーラも圧倒的。それにしても鎌倉観光地エリアの物価は高い。ハウステンボス並みです。
  • 9.30 イラストレータのryuji氏ご夫婦、nana氏カップルと東京は新橋で痛飲。なんといいますか底抜けに楽しく飲ませていただきました。本当に合掌。可愛い奥様。子どもが独立した後は、こんな感じにならなきゃ人生もったいないよね。私の友人関係でここまでナイスミドルになれているカップルって何人いるのだろうと思わず振り返りました。nanaさんカップルもお似合い。2人の話す生活風景には小説がいっぱい詰まっていました。
  • 9.29 今日は島原へ。今週末は東京・鎌倉へ。高くなった秋の空を飛ぶ。
  • 9.28 mixiはとりたててどうということは何のでしょうが、あの「足あと」は楽しいですね。思わず相手の方のサイトに行ってしまいます。夜、画廊主人達と、長崎の夜景を眺める。本当に美しいですね。
  • 9.27 久しぶりにデザイナ黒糖庵氏と隠れ家的飲み屋で一杯。氏が関わる雑誌に一文を寄せさせてもらいました。サイトにコアなコンテンツをアップし始めた途端、コアな方々からメールを頂くようになり喜んでおります。私も昔そうでしたが、アクセス数の多いサイトの管理者にメールを送るのは気が引けていました。「どうせ、毎日どっさりメールが届いてるんだろうから」という思いからです。実際はどうかといいますと、実はメール数は実に少ないんです。スパムメールはどっかときますが(苦笑)。どうぞ気が向いたらメールでも書いてやってください。ところでまたメディアが舌なめずりしてイジメをやってますね、自民党の新人代議士。かわいそうに。マスメディアの冷血さと底の浅さがよくわかる一件です。
  • 9.25 「光と陰」再アップ。これは「。」にあたるコンテンツです、ふう。一気に『里山道楽』をアップしました。7年を経てやっと表現したいことを表現できるようになりつつあるようです。最初、私のささやかな名刺代わりとしてサイトをアップしましたが、すぐに「見てもらい読んでもらってナンボ」だということに気がつきました。表現はコミュニケーションなのですからね。そのころ私は、読んでもらえる文章、見てもらえる画像に心がけていました。お陰様でアクセス数も上がり、多くの皆様方にお出でいただけるようになりました。感謝しています。そして最近、皆様に本当にお伝えしたいことを書こうと思い始め、『里山道楽』の舵を切りました。今でも、読んでもらえないコンテンツは書いていないことと同じだと思っています。さらに読んでもらって伝えるに値しないコンテンツも同様です。ですから、始めてこのサイトに訪問いただいた方々には、楽しくお読みいただける『キャンプ列伝』をお勧めします。そしてこのサイトにお慣れになったら、野遊びを通じて凝縮していったちょっとヘビーな『里山道楽』をお読みいただくと幸いです。私とは、私と私を取り巻く環境です。私を取り巻く自然、そしてなにより私の世界観に影響を与えてくださる友人の皆様のカバノンでのお話をしばらくアップしていくことになると思います。 また本日、「北海道 緑の巡礼」再アップ。
  • 9.24 長崎の名物の食い物は「ちゃんぽん」ではない。長崎人は「ちゃんぽん」よりも「皿うどん」を好んで食べる。皿うどんには細麺と太麺がある。で、太麺の皿うどんにちゃんぽん麺を使ってぬけぬけと出す店がある。はっきり言う。ちゃんぽん麺と皿うどん用太麺は違う。私はそう信じております。長崎市内を離れると、多くの店がこの無礼千万な麺流用を行っている。あまりに流用が激しいので、私がなにを言っているのか分からない御仁もいらっしゃるだろう。目覚めよ人類。そのマトリックスから目覚めるのじゃ。ちゃんぽん麺はつるんとしているもの、皿うどん用太麺はこれのように少しでこぼこしているんですね。。
  • 9.23 俗に宗教と政治の話は、心地よく話しておきたかったらやめとけとか申します。そこで今回は政治の話「わたしも 世界を語ろう」アップ。耳ざわりがよいだけのミーハーサイトなどどうでもよろしいわけで(笑)。
  • 9.22 「T氏 ナイトダイブ」、「大閑道人氏、夢と覚醒」アップ。いよいよ里山道楽は佳境へと入りはじめたようです。夜、デザイナ黒糖庵氏のスタジオへ。ロボットのような高級マッサージ機でしばらく寝る。いれていただいたコーヒーは世界一上手い、本当に。
  • 9.20 Yo3さんと話す。2020年にはコンピュータの力が人間レベルに到達するとのこと。同時に人間は組織を今よりも離れる由。また先日、アメリカに行かれた子息の話に心和む。友人達が皆子どもに心注いでいることを誇らしく思う。
  • 9.19 「ミスティ氏 森を語る」再アップ。フルートコンサートに出向く。フルート奏者田中早苗氏の吹くドビッシーに心奪われる。演奏後ちょっとしたパーティ。話し込む。里山で演奏される機会があればと願う。
  • 9.18 「散人氏 胡蝶の夢」アップ。散人氏は里山のご近所さんでもあります。カバノンにいらっしゃった方々との心にしみる会話を、ほとんどアルコールで毎回忘却してしまっている私ですが、今回は氏の協力あって文章化に成功。よかったよかった。ま、たとえば、こんな話等を客人からお聞きしたりしとると思われるのですが、ほんと見事に忘れてをります。客人のみなさん、申し訳ない。そろそろ、なにかやりましょうか。いい時候になりましたよ。
  • 9.17 仕事のことで少し分かりかけたなと思うことが最近あります。この道にいてやっとです。どう駒を打てば、どのくらいどちらに動くのか、本当にやっと実感として分かってきつつあるというところです。実感として分かるというのは本当に難しいものですね。秋になってきました。里山もずいぶんいっていません。里山に自然を浴びにいきたい。そうだ、里山行こう。
  • 9.16 今度東京に行きます。9月末日のこと。一緒に私と飲んでくださるのは、男気ryujiさん。ところで、美しい動画を見つけました。この動きにこの音楽を付けるセンス。感心します。
  • 9.15 帰宅すると家族は不在。私も鍵を忘れて家に入れず、近所の居酒屋件食堂の様なところに行きました。私が住んでいる地域は、長崎市内といいましても蛍も飛び交う環境。極めてローカルな空間にぽつんと存在する夜遅くまで開いた食堂には、独特の社交異空間が展開されておりました。
  • 9.14 さっきまでジャズサックス奏者MALTA氏と飲んでました。本当に気さくな方で楽しい一時でした。ライブでの色彩感覚に溢れた音に脱帽。彼の音楽もCDじゃ表現できない繊細さに満ちたものでした。
  • 9.14 セロというマジシャンを知ってますか。すごいですね。ここにそのマジックをしている動画があります。通りすがりのハンバーガーショップの平面の看板から、ハンバーガーを出して食べるというマジック。これを見て息子曰く「勝手に食べちゃだめだろー」
  • 9.13 「世界の12億人が1日1ドル以下で暮らしている今、この問題は我々にとって重要な倫理的問題であるべきだ」なんぞと虚構の美徳を述べるアメリカ政治家。わっはっは。その貧困の原因が、米国巨大資本の搾取にあることは中学生でも少し考えればわかりましょうに。説教泥棒。アメリカ型民主主義の真骨頂はここにあります。この度日本には、郵政という新たな取り壊し対象が生まれます。イメージしてください。ぱんぱんにコインの詰まった貯金箱を今から割らんとしている図を。おいしいビジネスチャンス。アメリカハイエナが大好きなフロンティア(笑)。横暴化する一方の説教泥棒の餌食となりつつある世界。そして日本の選挙も、巧妙な大衆操作と目的合理性にとんだ、虚構の美徳と搾取の説教泥棒が横行することになったようです。メディアもなあ、もう少し本気で天下国家のことを考えてくれるといいんだけれどなあ。どうしてあの時期立ったレッサーパンダがブラウン管を占拠したのか理由をきちんと説明してくれ。今回もただ政治ショーをして視聴率稼ごうとしている浅ましさが匂って見る気がしませんでした。でも民間だから利潤の獲得は至上命題だしなあ。あ、郵便局はどうなるんだって?
  • 9.12 「うさんくさい」といいますと一般的に堀江氏の枕詞になっているようですが、目算どおり落選して胸を撫で下ろしていることでしょう。コマーシャルとしては確かに選挙は安い。このホリエモンを筆頭に、今回の選挙終了後に喉を痛めていない候補者が多いのには驚きました。小渕氏の娘とか。で、改めて小選挙区制の特色についてお勉強しましょう。→ここ。  衆議院解散直後から、株式市場は自民勝利を動きとなっていました。かつてハイエナと呼ばれた外資が、今後一層本格的に導入されてきます。これまで日本の美徳であった「まじめ」が金融界から否定され、そしていずれ社会規範からも薄らいでいくことでしょう。こうして世界は、巨大資本を主軸とした世界連邦に統括されていくことになります。シュンペーターの読みは正しいようですね。
  • 9.11 昨夜飲んで帰って朝起きて、また寝て今起きました。休みです。人間休むときは休みましょう。夕方、友人からエリック=アンダーソンのチケットを頂きライブに出かけ、また寝ました。申し訳ない。
  • 9.11。外からWTCの悲劇を受けてもブッシュは大丈夫でしたが、国内の洪水では揺らぐ。アメリカって本当に民度の低い国ですね。
  • 9.9 昨夜、街に一人で出かけいっぱいやっているとき、久方ぶりの電話を後輩から受けました。身長190㎝程の男です。食事でも一緒にしようと約束しアーケードを抜けたところで待っていると、独特のエンジン音が聞こえてくる。見るとアーケードの中を、毅然とこちらに向かってくるハーレーがあり驚きましたなあ。うまいものでも喰いに行こうと、バイクの後ろにまたがり寿司屋へ。
  • 9.8 ご存じの方も多いとは思いますが、マイブームのフリーソフトをご紹介。Google Earth。久々の衝撃です。丸い地球の一点をズームインしていくと、町並みが見えるという代物。ワールドトレードセンター倒壊後の空き地ですとか、クフ王のピラミッドとか、タクラマカン砂漠のオアシスだとかそんなものが覗けます。ボタン一つで、斜め上空から見た風景、つまり標高差が立体で表現された風景も見ることが出来ます。たとえばヤルタをこれで見ますと、なぜここで主要国要人のトップ会談が行われてきたのかよく分かります。リゾートであると同時に、自然の要塞なんですね。世界地図片手に世界を覗いて廻る神の目を借りた気分になりますよ。ただしXPあたりの対応です。このソフトが覗けない人は本当に残念。私でしたらパソコンを買い換えてでも見たいと思う、そんなソフトです。
  • 9.7 テレビ電話通話に成功。愉快でした。インターネット上のフリーソフトを使い、使用料も無料。用意するものは、ヘッドセットとpcカメラで4000円ぐらい。これは大手の電気屋には売ってます。無料のインターネット電話は現在十数名の方と利用しあっていますが、音質が従来の電話よりずっといい。よく今までのDとGの聞き分けさえしにくい電話の音質で我慢してきたなと改めて痛感。そのくらい音質がいい。で、5人まで同時に話せます。昨日の台風の時は一時間半ぐらい繋ぎっぱなしにして4人ぐらいで話していたのですが、こうなってくると仲間が話しているのをラジオ番組『アバンティ』を聴いているような感じで聞いているという使い方になってきます。で、質問もできる。いままで私たちは電話をかけるとき緊張していたんだということや、早く話さねばと会話の密度を上げて話していたんだということに改めて気付きました。あと5年もすれば、この手の電話が一般的になるでしょうから、NTTは存亡の危機。どうするんでしょうね。
  • 9.6 台風で家の中。黒沢明の『七人の侍』を観ました。あのBGMはどうにかならなかったんでしょうかね。馬が美しいですね。冒頭の馬のシーンは本当に一発で持って行かれますね。百姓の表現も土臭くてすさまじい。今時の監督はあんな百姓の表現はできないでしょう。ついでに『今、会いに行きます』も観てみました。ジャガジャガロックに嫌気がさした世代が思い出したようにアコースティックに向かうような、この作品はそんなトレンド。ライターの顔が浮かんでくるような作品でした。
  • 9.5 久々にCDを購入。一つがモーツァルトのレクイエム。ベーム指揮のものを買ったのですが、実はこれ、先般聴いた小林研一郎指揮のものが忘れられなくて購入したのです。ベームより小林氏のレクイエムをもう一度聴いてみたい。CDないのでしょうか。ご存じの方教えてください。もう一つ買ったのが、元ピンクフロイドのリーダー、ロジャー=ウォーターズのソロアルバム。音はまるっきし懐かしいピンクフロイドで満足。彼がピンクフロイドであったことを証明していますね。で、何気なく買ったらこれがイギリスから輸入してもらって手元に。恐るべしネット販売。しばらく待ちましたが、格安で入手。
  • 8.29 Skypeのダウンロードはこちら。これにヘッドセット(2000円ぐらい)がいります。ここにおいでのご常連さんともお話ししてみたいと思っています。
  • 8.28 無料電話サービスSkypeを利用しはじめました。これはすごい。この分野のイノベーション速度には驚きます。ファーストコンタクトはyo3氏の御指南によるものでした。氏は東京の知人と話をする際は、まずメールを携帯に送って電話する時間を知らせ、その時間帯にパソコンを立ち上げて話すという手順。音質は一般電話より格段にいいですね。で、5人まで同時に話せる。話ながら同じBBSでテキストもみて5人で打ち合わせとか、イベントの算段とかできるわけですね。米国ではAT&TがSBC Communicationsに買収されたらしいですけれど、我が国もNTTをはじめ存立基盤が脅かされることになりますね。詳しくはここ
  • 8.27 夏も終わりますね。秋には恒例のイベントを開催できないものかと考えています。アンプラグドでクラシックかジャズをプレイしてくださる方いらっしゃいませんでしょうか。
  • 8.21 タンカレー愛飲者です。森の中では最高に美味いのです。でもタンカレーNo.10を飲んだことがないんです。長崎で安く入手できるとこをご存じでしたら教えてください。
  • 8.20 夏風邪をひいて寝込んでました。薬を飲んで寝る。トイレに行く。寝る。少し食べる。寝る。で、治ったようです。良かった良かった。で、今回行った咽喉科での話。人の良さそうなお医者さんは、看護婦の左指を初診の私の鼻に当てさせ、右指指でO字にわっかを作らせ、これを引き離し、次に幾つかの漢方薬を私に持たせてはおなじことをされていました。こんな診断、テレビでは見てたことがあったのですが、実際にやってもらったのは始めて。そのお医者さんの経歴を見ますと某大学医学部病院にお勤めだった方。面白い体験でした。その結果、早々に治ったわけです。合掌。
  • 8.17 「里山前史」再アップ。
  • 8.8 郵政民営化法案が否決。ところでこの法案はなぜ作ろうとしていたか。知らない人はここがわかりやすいと思います。→簡単な郵政民営化 しかし、いつもながらマスメディアは肝心なことをわかりやすく伝えぬもんですなあ。
  • 8.3 「北海道 緑の巡礼」アップ
  • 8.2 本日カウンターが20万回転を越えたようです。皆様のお出でに感謝します。
  • 7.24 フジテレビ25時間テレビの山中アナウンサー部長のフルマラソン。これは公衆の面前で行われた人権侵害事件である。バカメディア、フジめ。第一に本人の意思に反して行われている。体に障害が生じたら毅然と訴えるとよい。このような体質がメディアにあるから、社会にイジメは蔓延し、度を過ぎた犯罪的悪戯への子ども達の麻痺を引き起こすのだ。
  • 7.13 デザイナの黒糖庵氏とホイットニー美術館の所蔵展に行って来ました。
    http://www.nagasaki-museum.jp/whats_new/kikaku/index.html
    場所は夜の長崎県立美術館。よかったですよ、夜の長崎県立美術館。8時まで開いてましてとてもいい。予想以上にすてきな場所です。
    で、作品です。20世紀アメリカの作品群。結論からいうと、馬鹿げとりますね。あれだけ憧れていた現代アートにあえて言いましょう。ありゃばかげた作品です。工業化ががしがし進行していっていた時代に、おろおろした人々がおろおろして描いた作品。もう、時代的要請にもおいて行かれた作品群は哀れささえ漂わせ、馬鹿げています。あんな作品にいまさら金出す人がいたら、そりゃ歴史的遺物に投資している人ですま。ほんと馬鹿げている。ラウシェンバーグや何かは日本人にわかりやすいんですね。だからあれだけ取り上げられているのかもしれませんね。
  • 7.9 お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、『里山道楽』が装いも新たに、模索中です。本日の時点で3ページアップ。まだテイストを決めていくテストランの段階です。ちょこちょこいじっていって形が決まっていくものと思います。その、この頃またちょっと忙しくて里山も行けませんが、そのための手慰み。新バージョンへの展開です。
  • 7.9 『スターウォーズ』 これがプロのやるキャンペーンというんでしょうね。恐れ入りました。あんまりうるさいんで、本日初日に息子と一緒に見てきました。冒頭のシーンがホントに『スターウォーズ』を描いてます。よくやるよ、脱帽という感じ。ヒーロー対決のシーンは相変わらず退屈ですが、見終わってのもの悲しさはなんでしょね。ダースベイダーに落ちた悲しみとか何とかじゃなくて、ありゃ、そうして子々孫々に波紋が及ぶというあの話の長大さに、思わずもの悲しくなるんでしょうね。
  • 7.2 時折、もう心は決まっているのに後一押しして欲しいというような、ご相談のメールをいただきます。結構アウトドア系の人には、困ったちゃんがいらっしゃるんです。少年のように好奇心旺盛なことは大いに歓待ですが、少年のように稚拙な方もいらっしゃいまして(笑)。たとえばですね、相手「アメリカンタイプのキャンピングカーを買いたい。どう思われますか、実直なご意見をください」 まつを「実直に言って、やめたがいいです。その手のキャンピングカーはカッコだけです」 相手「そんなはずはない。私はこのキャンピングカーに惚れている」 じゃあ、相談せんでください。別の例。相手「これこれこんなキャンプ場を経営しようと思っている。どう思うか」 まつを「マーケティングはきちんとやられたのか。そう思えぬプランだが」 相手「そんなはずはない。私はこのキャンプ場をオープンすることに決めている」 相談せんでください。そう、惚れているのであれば、それが生涯をかけた夢であれば、いいではありませんか。人に相談せんでください。わーわー騒ぎ立てんとやってください。人に背中を押してもらおうとしていること自体が稚拙なのです。困ったちゃんなのです。
  • 7.1 「長崎っ子の心を見つめる教育週間」で、学校が一般に開放され授業公開などがあります。先般オープンスクールがあった私の娘の学校。娘が帰ってきて言うには「うるさくて授業が聞こえない」 しっかりしろ大人。小学校に授業参観に行きましたら、教室では授業があっているのに廊下で世間話をしているバカ親がわんさかいました。ガム食っているバカ親もいました。こんな輩の家庭が問題になっているのであって、学校が一義的に問題になっているのではないのです。しつけはまず家庭。しっかりしろ大人。
  • 6.29 7月北海道を訪れる機会に恵まれました。ありがたいことです。私の一生の中でそんな日が来るとは。例えば東北の平泉などのように、訪れたいけれど行けないだろうなあと思っていた地です。魂が喜んでいます。で、行けるとなって強く訪れたいと願ったところは、結局昔から知っていた方の住まれる土地でした。なんと言いますか、一般的な観光ポイントが魅力的に思えなくなっている自分を発見し、改めて自分のライフスタイルのようなものがいつの間にかできてきているのだとなと思いました。私の人生では、歳をとるにつれ「一般的に」と言う言葉が通用しなくなってきました。一般的なことなど、それがどうしたという感じです。けれど、子どもには一般的なことを教えていこうと思います。それが大人がしてあげられる後からの選択肢を残してやれることだと思うのです。
  • 6.26 どっちを望んでいるのか?連日、猛暑と渇水の到来の危険性を伝えるメディア。その口が渇かぬ内に、同一紙面で原油不足によるNYの株価大暴落を嘆いてみせる。だからどちらをとりたいのか?連日グルメ食道楽に溺れる男が、体重が減らないと愚痴るのと同じだ。
  • 6.23 伊藤英明という俳優がいる。いや、俳優の名前は先ほど調べて知った。どうして調べたかというと、驚いたからである。何に驚いたか。それは、この男が2枚目として扱われていることを知ったからだ。おいおい、いつからそんな馬鹿げた時代になった。この類の生ぬるい目と口元をしている男は三枚目だ。ずっとそう思っていた。TVにも時々出ているのはちらちら見かけていが、3枚目役だと思っていた。若い男が男の子と呼ばれて怒らなくなった時代の象徴のようだ。あほくさい。
  • 6.19 土曜夜、里山で『おやぢの映画祭』開催。父の日企画である。賑わう場を後に、早々に就寝。さわやかなメンバーであった。次回は、森の活魚祭か? 報告を待たれよ。
  • 6.16 いやあ、すごい。長崎市の水道水はすばらしい。十年来悩んできた水虫が治りました。水道水で湧かしたお風呂にこの春から入り続け、一発で水虫が治りました。カルキ万歳!
  • 6.12 かつては重いと感じていた大企業サイトもそう感じない昨今、ブロードバンドがほぼ普及したと判断し、私のサイトデザインも多少変化し始めている。画像サイズの拡大。それに伴うサイト容量の不足。コンテンツを割愛することとなった。たとえば里山建設途上の記録など。今後、このサイトをご覧になる方は、里山道楽の捕らえられ方も変わってこよう。同じような事由で昭和の歴史も摩耗し、若者は今日の繁栄を当為のこととして捕らえていくのだなと。
  • 6.8 先般から記したメディアの傾向もあって、わが家でテレビがついている時間はほとんどなくなりました。そうなると改めてテレビの必要性を感じなくなっています。速報性を必要とする出来事以外、テレビが伝えている情報は芥のようです。
  • 6.7 いかがでしたでしょうか、『長崎穴場物語』のサンプル。ご意見をお寄せいただけば幸いです。
  • 6.5 お待たせしました。新シリーズ『長崎穴場物語』を掲載。
  • 6.4 縁あって水辺の森公園レストランでのパーティに招かれる。ネプチューン=海山がプレイ。カゼなおりかけで出かけたため、ちょっと今調子悪し。お休みなさい。
  • 5.31 元貴ノ花死去。あまりに早い他界。小兵が角界で活躍するためドーピングもなさったんでしょうか。悲哀の力士にも感じます。合掌。
  • 5.30 困ったもんだ。目隠し用ニュース。まず「外国人部隊日本人負傷」つづいて「ミンダナオ島元日本人兵」、おまけが「レッサーパンダ」。いずれも「中国呉副首相来日と靖国問題」の記事を隠すためにばらまかれ続ける噛ませ記事だろう。考えてみれば、すぐに推察がつく。外国人部隊員のことは、騒いでもプロの戦争屋を国家が救援するのは筋違いであり放置するしかなく、ミンダナオ元日本兵にしてもゲリラ指導者ならば出てこれるはずがない。いずれも放置するしかなく、トップ記事にする意味はない。こんな情報操作にほいほいとのって掲載しているマスメディアも落ちたものだと脱力する。
  • 5.21 「レビューレビュー、大切なあなた~♪」という宝塚のCM。あのCMがなければ、最近の毎日はあと10%ぐらい幸せになると思います。
  • 5.21 某番組で「生しらす」をやっていました。うまそうだなあ。長崎で食うことはできるんでしょうか?
  • 5.20 長崎の湧き水、ついに情報をつかみました。わはははは。
  • 5.20 観てきました、映画『コンスタンティン』。いやはや凄まじい禁煙映画です。
  • 5.20 いい季節ですね。里山いきたいなあ。今週末は車と時間がないんです。何とかしていきたいなあ。
  • 5.18 下記のメール障害、修復終了。
  • 5.17 私あてにここからメールを送っても返事がないと思っているあなた。すみません。実は、このページから私あてにメールを送っても、届かない設定になっていたことが先ほど判明。私はいつからかずっとメールを読めない状態にいたんですね。どうしてなのかはわかりません。いやあ、まいった。緊急措置としてこのページのメール送信ページを削除。いやあこまった。ウイルスバスターが勝手になにか作動したのでしょうか?
  • 5.15 北海道に出向くような雲行きです。7月28-31日あたりになる予定です。
  • 5.8 「里山映画祭」アップ。
  • 5.8 「里山道楽」の大半のコンテンツを削除。これはサイト容量オーバーへの対処によります。
  • 5.2 風呂の水について。引越前の場所では、一日置いた風呂の水はぬるぬるして使えなかったのですが、長崎市内に引っ越してから一日置いてもぬるぬるしない。細菌も繁殖しないほど消毒がきついんですね。静かな恐ろしさを感じました。
  • 5.1 長崎市の現川付近に湧き水があると聞き出かけましたが見つけることができませんでした。どなたかご存じの方がいらっしゃったら教えてください。また他に長崎市内で湧水のある場所をご存じでしたら教えていただけませんでしょうか。
  • 5.1 この3日間、仕事して家族とウノ。こういうのを幸せというのかなあ。
  • 4.29 ファインダーを覗きながら、コンサートを聴く。あっという間の3時間。聴き方が違ってきます。ズームの向こうに写る演奏者達の緊張感。ライブがライブって感じでした。
  • 4.28 いつの間にか巨人の清原って、心身症の犬みたいになってますね
  • 4.26 連休中も仕事が入りました。まあ、そうでしょう。半端な時間をつないで楽しもうと思いまする。どこかで休みがとれそうですし。
  • 4.24 あびる優、芸能界復活
  • 4.23 大学研究者の中には社会に出れなくて留まった類の困ったちゃんが時々いるのですが、昨夜そんな方に会いました。というか引き合わされました。人生の無駄をなくすために公言させていただきます。私は評論家を忌み嫌っております。私を呼ばんでください。あそこの料理はうまい、あそこの料理はそうでもないと言いながら、じゃあやってみなよと包丁を渡されるとオロオロするだけの人間が大嫌いなのです。ジョイスがどーたら、バルトークがどーたら。研究者と称するカタログ君。本当にわかっているなら、創ってみなさい。あんな輩が講座を持って、カタログ君を増殖させているかと思うと、気が重くなります。ここをお読みの大学生がいたら教官に問うてみてください。「で、先生はなにができるんですか?」と。
  • 4.18 里山に行くといつも早々に眠るようになった。眠くて眠くて仕方がない。皆さんごめんなさいよと、ひっそり宴を抜けて眠る。寝るより楽はなかりけり。歳だなあ(笑)。
  • 4.17 「里山道楽 子ども料理教室」アップ。
  • 4.16 12年間で5回目の引越。長崎市民になってしまいました。緑がないところには住めないと普段から公言している私。そんな声を聞き入れてか、天が私を導いた地はですね、長崎市内なのに山の中。朝は野鳥の声が響く谷間です。近くに流れる川には、夏にもなれば蛍が飛び交うとのこと。先ほどまで、ウグイスの声などを聴きながら、朝風呂に浸かってました。極楽。
  • 4.15 やっと引越の混乱が収束に向かい、ネットにアクセス出来るようになりました。ふう。
  • 3.26 Jリークチーム立ち上げのための長崎県準備室にいく友人から、室のロゴを頼まれた。プロに頼んでくれ、忙しいしと固辞するも、予算0なんだと哀願され、朝4時から起きて作ったのがこれ。こんなマキの仕事で申し訳ない。ごめん、黒糖庵さん、LightWorksさん。私はあなた達を薦めたんです、ほんとうに。さあ行くぞ、今日も仕事、飲み会。
  • 3.26 「里山道楽 メンテナンス」をアップ。
  • 3.26 びっくりしました、全自動洗濯機。実は最近買い換えたんです。それまでは2漕式の原始的な洗濯機を結婚以来使ってました。いやあ、洗濯機って進化してるんですねえ。水量、洗濯、脱水、乾燥みんなやってしまうんですね。それもタイマーかけて。さっき起きて洗面台にいったら、暗い中洗濯機が働いていたのに本当にびっくりしました。私たちが寝ておるときに、コイツ働いとる。すごい。もし私が独身時代にこんなのが出来ていたら、婚期はもっと先だったかもしれません。
  • 3.25 ふう、二日ぶりに家に帰ってきました。仕事して飲んで仕事して。こんな生活続けていたらいけません。
  • 3.23 笑ったことを一つ。昨日、家人が怒りに声振るわせて電話をかけてきた。聞くと、「引越の予約電話を黒○ヤ○トに入れたが、たらい回しにされ、なおかつ前の職員に言ったことが次に伝わっておらず、また一から話さねばならない、これを何度も何度も繰り返させられた、断っていいか」という内容だった。家人と一緒になってだいぶ経つが、自ら怒りを露わにしたことのないキャラ。なにかあっても、私が悪うございました、穏便に穏便にの生き方に徹した女性である。これが怒っとるわけですなあ。思わず笑った。「ああ断っていいよ、ペリカン便にでも頼めば」と私。でしばらくして電話すると、黒○ヤ○トを断り、ペリカンにしたという。「もう一度電話で黒○ヤ○トの会社の方にキャンセルした旨を電話しておいたが行き違いがなくていい」とアドバイスし、彼女はそうしたらしい。それが昨日。さて、今私は帰宅した。家人が「話したくもない話題なのですが」と切り出す。「今日、チャイムが鳴ったので出てみると、黒○ヤ○トの職員がつっ立ってておってですね、見積もりに来ましたって言ったですよ。もうなんて言いますか、バカの集団なのですかね」私、爆笑。
  • 3.21 体中の筋肉がぎくしゃく言ってます。タンスを2人で移動させたのです。このタンス、2001宇宙の旅に出てくるモノリスのようなしろもの。いやあ、移動し終わったあと、吐きそうになりました。帰路ちょっとだけ里山に寄りました。早春を伝えるアオモジの花が美しいこと。
  • 3.21 実はカバノンが完成から1周年を迎え、進化しつつあります。放ったままにしていた天井もたわめた布で覆い、いい感じになりました。そのうち、そんなことをまとめてアップする予定。ちょっと忙しくって。
  • 3.19 転勤はありませんでしたが、転宅することになりました。いよいよ長崎の住人になります。娘曰く「庭がついてないけど、お父さん、いいの?(笑)」
  • 3.16 タンカレー。私が愛飲するジンです。1年ぐらい前までは焼酎だったんですが、カバノンが出来てしばらくして気づくとこればかり飲むようになってました。ロックでいただく。美味しいんですね。みなさんも、よろしければ試してみてください。価格は1200円程。うまい酒です。そういえば私の友人たちは最近よくジンあたりを飲んでいます。これは、東京で焼酎ブームが起きたあたりからの傾向。なんといいましょうか、首都圏でブームとなってカタログ君たちがにわか蘊蓄を垂れ始めたあたりから、ここ九州ではケッと洋酒に帰還された御仁も多いようです。
  • 3.13 友人が近くに転勤となった。めでたい。カバノンで飲む。佐世保時代に知り合った。同じアパートの住人だ。初めてあった時、彼はバイクを磨いていた。親しくなるのに時間はかからず、職場から直行して飲み屋で待ち合わせ飲んだ。ボーナスはいつも上着のポケットに入れたまま使っていた。実は、最初にキャンプに出かけたのも彼とだ。その動機は「こんなに飲み屋に注ぎ込むくらいなら、、同じ額でいい酒が飲める」というものだった。実に不純だ。左様、私のキャンプ歴は飲み屋の延長上にある。そう考えると、カバノンBARへの帰結は当為だったと言わざるを得ない。職業別、出身別、趣味別。けれど気が合って、いわゆる青春時代の様々な思い出をつくった。いい奴だ。訳あって、ただいま独身。一緒になっていいという女性はいらっしゃらないか。
  • 3.11 かつて長野オリンピックでスポーツに流す若者の血汗をすすった堤義明。彼を追いつめた金融庁。えらいっ。久々に官僚の気骨を見せてもらいました。プロジェクトX行きです。その一方、なんだなんだ、がんばれ政府。狂牛病可能性ありの米国牛肉なんか入れるんじゃない。国民を守ってこそ政府。
  • 3.11 なるほど
  • 3.11 これを事故ですと、アメリカ? パックス・アメリカーナですな。
  • 3.10 雨が降っています。森の木々がごくごくごくと水を飲んで大きくなっていることでしょう。春が来ます。最近巡り会って、読みはまったサイトを二つ。一つが原デザイン室、もう一つがBunbo。ご両人ともデザインの世界に身を置かれる野遊び人。エッセイも秀逸。
  • 3.9 昨年医者からはそうではないと言われましたが、どうもこりゃ花粉症ですなぁ。
  • 3.5 「2001年宇宙の旅」を小6の娘と観る。部屋を暗くして、私はボンベイサファイヤと生ハム、娘はジンジャーエールとポテチを飲み食いしながらDVD。「この作品はね、おとうさんがお前の歳だったころに出来た映画なんだよ」とか言いながら、娘と一緒に観れるようになったことに小さな感慨。
  • 3.5 友人のデザイン事務所「4F」に寄る。作っていただいたエスプレッソに感動。今まで生きてきて一番うまかった肉はしんのじさんのダッジオーブン料理、一番うまかったコーヒーは4Fのやつ。うまいぞーっ。
  • 3.4 長崎県島原で初市がはじまっています。この市が開催されると春が訪れる。私の体に染みこんだ季節感。春はそこまで。
  • 2.28 裏千家の新しい家元である千宗室。この男の顔が発する匂い、どこかで経験したことがあるぞと思いを巡らすこと一時。ああ金正日だ。
  • 2.27 50年近く生きてるといろんなことがあるもんです。昨日、息子と温泉に浸かっていると、目の前の洗い場で体を洗っていたじいさんが、突然ぶっ倒れました。なんといいますか、意識がなくなって、横に崩れ落ちるといった感じでした。亡くなったのか!? 周りはじいさんばかり。私は急いで湯船を出て、非常ボタンを押し、駆けつけた係員に救急車を呼ぶように言いました。じい様は幸い意識が戻りました。で、あれやこれや対応して、救急車が到着したのが20分後。遅い。幼い息子に教育できたのが少し嬉しかったですね。 私「人が困ってるときはどうするの?」 息子「助けるぅ~」 どたばたの中、湯船で茹で上がった息子は、その夜、コトッと爆睡しました。
  • 2.18 「トップレス禁止は差別…カリフォルニア州で法改正運動」豊かな国での不毛な知の浪費。だからアメリカは尊敬されない。
  • 2.13 お待たせしました。久しぶりのアップです。「里山道楽 休みの過ごし方
  • 2.11 苦節3ヶ月、やっとパジャマが買えました(涙)。うれしさのあまり、本日は豪華2本立て書き込み。パジャマなんぞを買うのにどうして3ヶ月かかったか?忙しかったんですよ、ホント。パジャマは私がスーツの次に長く着用するもの。よって、裾の長さなんかも仕立ててもらいました。さて、さてカバノンにも久々に行ってウイスキーなど楽しみましょうかね。
  • 2.11 本日限りの吉野屋の牛丼を列に並び食してみる。あの米国牛輸入緩和と連動して仕組まれた世論操作イベントだろう。食した感想。「だから何?」。BSEと名前隠匿された狂牛病のリスク犯してまで輸入する必要なし。がんばれ日本政府。
  • 2.11 本日限りの吉野屋の牛丼を列に並び食してみる。あの米国牛輸入緩和と連動して仕組まれた世論操作イベントだろう。食した感想。「だから何?」。BSEと名前隠匿された狂牛病のリスク犯してまで輸入する必要なし。
  • 2.5 中国が食料輸入国に転じた。二つの論を挙げておく。あなたはどちらに賛同するか。 http://money3.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1107282869 http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2004/08/post_21.html
  • 2.4 元気が一番。冬は健康管理ですなあ。それにしても最近のCMで目障りなのは、レオパレス。なにが「レオパレスなら大丈夫」だ。完全に受験生持つ庶民派のお父さんを敵に回しているな、藤原紀香。あれこそJARO行きか?
  • 1.24 ホイヘンスがタイタン大気中を降下している際の音を聞きましたか?とてつもない孤独を感じるのは私だけでしょうか。
  • 1.24 ご存じの方は多いと思いますが、計画から20年、到着まで7年かかって調査船ホイヘンスが土星の惑星タイタンに着陸しました。1月14日のことでした。送られてくる映像には、川や山脈らしきものが写っています。これはメタンの川のようですが、その写真は私たちの心を揺さぶるものをもっています。
  • 1.19 最近のマスメディアが伝える情報には、やたら情報操作の仕掛けが多くてうんざりする。ヨン様は対韓緩和政策だろうし、昨日の北朝での体制批判運動もこちら側が仕掛けていることだろう。その善し悪しは別にして、ここまで操作が匂うと「何がメディアは公器だ」と言いたくもなる。
  • 1.18 もう1月も半ばを過ぎて。いつの間にと思うこの頃。
  • 1.5 マツケンサンバってやつを、通しで聞きました。よく書けてますね。
  • 1.4 昨年を振り返ってみますと、キャンプにでかけていません。里山ばかりです。木々が徐々に大きくなってきてくれていることが嬉しい限りです。
  • 1.3 正月に喰ったもので一番は、今年は鯨。最高にうまかった。二番手には貝柱が来るかな。

     

     

     

  • →これまでの全記事
  •  

 

Plofile まつを


デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。