長 崎 の 酒 場

 

ワインを飲むためのフレンチ

プレジール・ド・ヴァン



隠れ家だ。

長崎市の繁華街の中央に位置するWITHビルの

地下にある。

ケバケバしいバーのポスターを横目で見ながら

ステンレスの輝く手すりを持ち

地下への階段を降りる。


「ん? ここかな?」と思う小ぶりの木製ドア。

開けると、そこに狭い空間がある。

ソドムの市の喧騒を避けて

洞窟の奥に入ったようだ。

そんな不思議な落ち着き具合だ。



マニアックな酒店店主に聴くと

「あそこが長崎一のソムリエがいる店ですよ」

と紹介がつく。



一歩外の世界と隔絶した小さな店で

創意の行き届いた料理をオーダーし

ワインを傾ける。

チビチビとやりながら

ゼッピンの豚足をオーダーすることをお勧めする。

 

 

Plofile まつを


デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。