長崎キャンプ場
ランキング

高千穂、鹿川渓谷

 

家族と旅に出た。二日目のキャンプサイトだけを予約する。3日間の食料とキャンプグッズを車に積み込む。他は無計画。
逍遙亭でござい。
コースは結果的に,大村(長崎)→南阿蘇(熊本)→高千穂(宮崎)→延岡(〃)→別府(大分)→大村と,中九州を周遊することとなった。
1日目は南阿蘇をうろつく。20年前,ここいらは細い道が通りひっそりとした場所だった。ところが,ふるさと創成1億円資金で火がついて,各町が温泉を持っている。最近は整いすぎて,足が遠のいていた。


昼飯を食した「水郷の里」。手作りの豆腐定食がうまい。


休暇村南阿蘇ファミリーオートキャンプ場泊。


翌日,高千穂峡へ。
高千穂峡では,国道沿いの駐車場に止めることをお勧めする。そこから階段を降り,15分ほど散策するのだ。美しい。ポスターによくある高千穂峡に浮かぶボートに乗った。40分ほど待ったが,その甲斐あり。不思議な空間だ。

ボートを下りたとたん,土砂降りの雨が降り始めあがりそうもない。唯一予約していた日之影キャンプ場(宮崎県)のキャンセルを決定。宿を探す。鹿川渓谷の鹿川山荘に,空きあり。予約する。
けれど残念である。モノの本に,キャンセルした日之影キャンプ場は,次のように紹介してある。「九州にもこんな所があったのか」 このフレーズが頭から離れず,せめてもと,見に行く。途中,トンネルを抜けると晴れだった。

到着までに,それほど時間は要しなかった。目にした光景がこれだ。川の水が,信じられないほど透き通っている。なんという場所だ。おまけに雨が降った形跡すらない。私はキャンセルしたことを後悔していた。場内のトイレに行く。出てくると,空がゴロッといった。あれっ?と思うまもなく,大粒の雨が落ち始めた。なんてこった。車めがけて走った。今日はこのパターンばかりだ。

ボートを下りたとたん,土砂降りの雨が降り始めた。暫く樹木の下で雨宿りをしていたが,雨足は強まるばかり。止む気配がない。駐車場へダッシュ。走った走った。雨宿りしている人たちの視線を浴びて,脱兎のごとく走った。車にたどり着いたとき,濡れネズミのようだった。外でシャツを脱ぎ,車に入り込んで,ズボンを脱ぐ。気付くと,身体の火照りから車の窓全てに曇りが付いていた。 さて宿をとった鹿川(ししかわ)渓谷である。
なにせ雨はその日,キャット&ドッグ状態で降り続いた。国道に「鹿川渓谷」の看板あり。17キロと記されている。これが体験したことのないような,17キロだった。結局行き着くまでに,約1時間ほどかかることとなった
山荘に到着。宿のロビーで呼ぶも,誰も応えず。やっと深い渓谷の中に宿をみつけたと思ったら,無人。別の階に人を探しに行って,宿の方を発見。聞くと,「今夜は2組しか客がない。でももう1組はまだ来ない。来るんですかね,この雨の中?今夜は私たちは帰りますので,この宿はお客さんだけになります。明朝私たちは来ますから」とのこと。うーん,アバウトなとことが魅力的な宿だ。

部屋に通され,窓を開けて声をあげた。夕闇迫る中,左写真の光景が広がっていたのだ。結局,日之影キャンプ場をキャンセルした私は,それよりも深く険しい自然の中に導かれていた。
暗くなって別の一組もやって来た。偶然私が廊下に出たところ,彼らは不安な顔をして玄関に立っていた。「宿の人は別の階」と教える。

風呂は混浴。よくこんな所に作ったものだ。湯船に浸かり,後ろを振り返ると,歯茎を剥き出しにして自然が笑っている。写真で私の後ろに見えているのは,音を立てて流れる清流である。

食事は,ヤマメづくし。割箸の包みに,次のようなフレーズが書いてあった。「部屋にこもり もの思うことの 愚かさよ 山にきたれば 道自ずと開く」
●「鹿川山荘」宮崎県東臼杵郡北方町鹿川湯の元 tel:0982-48-0865私は土曜日を避けたので,一層ゆっくり出来たと思う。 お代はこの当時で7500円也。

翌日は晴れた。
7時から沢登りにでかける。
水の透明度がまるで違う。
宮崎県は,本当に川の美しいところだ。
このスケールでのこのての自然は,もう熊本県や大分県,ましては長崎県には望めない。


この3枚の写真が鹿川渓谷までの道。
道は車幅を許すのみ。わかるだろうか?岩の下がくり抜いて道が作ってあるのだ。そして「落石注意」の看板が至る所に立っている。トンネルの幅は車幅で,もっと凄いことに,内部がカーブしている。
ルート上には,その名も比叡山といってこんな岩むき出しの山があり,これに道が巻いてあると考えていただけばいいわけで……。
帰路である。
ます延岡へ。河川が美しい。鮎やながもうけられる川だ。宇目町へ。川に見とれる。なおかつ河原に車ごと降りて行けそうなところが,いたる所にある。このルートを取ったことを,幸運に思う。
北川ダムの「唄けんか大橋」を渡ったところに「うめキャンプ村」(TEL:0972-54-3088)があった。休息をとる。出来たばかりで,なおかつ設備は整いすぎるぐらい整ったサイトだ。管理棟に寄り,ふと見ると「ととろの森」の紹介があった。そもそもは,とある小学生とその母が,自宅近くの小さな「ととろ」というバス停にトトロの絵を描いたことに始まる。そんな些細なことが,評判となり今では年間数万人が訪れるという。出掛けてみたのが,下の写真。

やられた。本当に素朴な田舎に,人が三人も立てば息苦しくなりそうな,木製の古いバス停があった。願わくば,土産物屋などできぬよう。


最後に別府の「竹瓦温泉」でひとっ風呂浴びる。一般入浴60円。砂風呂もあってこれは630円。湯が熱い。

後は高速にのって,一気に大村まで2時間半走った。
今回の旅の走行距離,しめて730キロ也。

 

Plofile まつを


デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。