長崎キャンプ場
ランキング

大村湾シーカヤック


海の日である。
職場のスタッフ,クリスティーナが帰国することになった。お土産には,モノより想い出。
「どうだい,クリスティーナ。大村湾横断でもしてみるか?」
ということで,大村公園前から艇を出す。

シールドクリームを塗って出発。日差しが強い。彼女はハワイ出身でライフセィバーの免許を持つ。昨夜のお別れパーティーで「長崎で一番の想い出は?」と私が問うと,「壱岐で出場したトライアスロン」と答えた。「じゃあ,シーカヤックに乗ってみるかい?」となった次第。

大村公園から出ると,大村湾の横断は直線距離にしてざっと4㎞。ちょうどいい距離だ。
「今の職場を離れてどこに行くの?」
「数か月間,東南アジアをトレッキングする。タイでスキューバを楽しんで,マレーシアで熱帯雨林を見たい」
この言葉に痛く感動する。日本のどこに「熱帯雨林を見たい」という女性がいる?


それにしても大村湾は,いつもながら穏やかな水面だ。対岸に二つの島が見える。いつも大村側から眺めていた島だ。その二つの島のわずかな間を抜けようと目指す。
艇の上でサンドウィッチを食べる。水は今回一人あたり2リットル飲んだ。


約1時間後,対岸が近まるにつれ,間があいているようにみえていた二つの島の間は,砂嘴になっていることが判明。ではそこに上陸しようということになる。どうも無人島のようだ。蝉とカラスの音が満ちている。島の岸壁沿いに循環していく。

原生林が水辺に枝を伸ばしトンネル状になった下を抜けていく。「アドベンチャーね!」と彼女が声を上げる。水が意外なほどに澄んでいた。


砂嘴に上陸。砂嘴の上は貝殻で一杯だ。
みると木陰に小さな建物がある。近づいてみると,真珠の核を入れ込む作業小屋だった。


「見せてもらっていいですか?」
「ん?いいよ。どこから来た?」
「舟を漕いで大村からです」
「おお,さっき少し見えとった」
オヤジさんは,丁寧に説明したあと,クリスティーナの手に真珠を二粒乗せて「持っていきな」と言った。
粋なオヤジさんである。


小屋の横は,すぐ島の裏手に出てそこには貝の養殖用イカダが浮いていた。なんだかトロピカル。
イカダにいた5人ぐらいのオヤジさん,オバさんと話をする。
まあ,みんな聞くな,「どこから来た?」と。小さな孤島に突然,外国人が現れりゃ,そりゃみんな同じこと聞くな。屈託のなさに疲れがとれる。


いつも眺めている対岸には,誰だって漫然といろいろな想像を巡らしている。今日はそんな山の彼方に行った日となった。そして彼女も,私たちの歳にはもはや遠い逍遥の旅に出る。達者で暮らせよ。

 

Plofile まつを


デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。