長崎キャンプ場
ランキング

松浦ぎぎが浜

水イカ求めて

イカ釣り約束の日,俵山氏のキャンピングカーのドアを開けて絶句した。




写真のように,中はびっしりと荷物の山。
まつを「これは,なんであるか?」
俵山 「引っ越しの諸道具である」
まつを「なんで,ここに入っているのか?」
俵山 「引っ越しの途中である」
叩いたろか。
今日水イカ釣りに行こうと言ったのは,あんたじゃなかったんかい?


カンダタ=デッパラーノ=俵山氏。腹は出る出る,腹は出る。

ラチがあかないので,さっさと引っ越しを手伝う。
結局キャンプに出発したのは午後も遅くなった3時半。
まつを「ちょっと聴いてよろしいか?」
俵山 「なんであるか?」
まつを「私は,はめられていないか?」
俵山 「それは思い違いである」
そんな会話をしながら,松浦に向かう。



と,一転にわかにかき曇り,暗雲漂い,あれよあれよという間に雷雨とどろく大豪雨となった。
まつを「おぼえておかれるとよい。これが私の心情である」
俵山 「それを誤解という」




雨があがり始める。 松浦の今福駅で落ち合う。
ここは20年前のよき日本がある。
次々と現れられるみなさん。いい夜になりそうだ。






今日のサイト,松浦の「ぎぎが浜」へ。
俵山氏は海を見るなり,今回の名言を啓示なされた。
「こりゃ,すぐに釣れる。 魚が待っちょる!」(原文ママ)
さっそく釣りを開始。
それにしても,癒し系の風景である。車の音もしない。





水イカ釣りには,豪快にアジ1匹を糸に結ぶ。

まるでダリの描く海のように島が浮いて見える風景。で,普段より釣り嫌いを自称する私も一応一投。結局,俵山氏とじだらくさんの二人が,釣り人となる。



さあて火おこし隊は,宴席の準備をする。来る途中,魚屋で魚やサザエを入手していたのだ。
そのうち釣り人2名が引き上げてくる。収穫は,小魚2匹。
センム「水イカはどうしたであるか?」
俵山 「明朝,釣るのである」
センム「魚はうまいか?」
俵山 「炭で焼けばうまいのである」
センム「買い物の際,あめふらしさんが買ってと言ってたウチワエビはどこにあるか?いつの間にかサザエに変わっているが」
俵山  「サザエは私の好物なのである」

ということで,本格的に野卓に突入。近くを流れるせせらぎが,心地よい。キャンピングカーにはシャワーがついている。走行中に熱湯が沸く優れものである。それぞれシャワーを浴びると,嘘のように爽快となった。

ふと気づくと俵山氏は,さっさとダブルベッドの方で眠っている。車に入っていくと,彼は寝ぼけまなこで「寝袋をとって……」と要求した。寝袋を渡しながら,「シングルベッドの方に移ってくれ」と頼むと無反応である。要求はするが,要求されるのは御免。俵山氏の生き方の真骨頂である。




あめふらしさんがナタをふるって,竹の皿と杯を作成。これに酒と魚を置き,早々に宴を始める。粋なり。野卓の真骨頂である。

問題のサザエ。




明け方。 俵山氏が起き出す声が聞こえる。外はまだ暗い。
「蚊に刺された。蚊に刺された。ちっとも眠れん」と騒いだ後,「何時?」と近くに眠っていたセンムさんを起こしている。ここは蚊の多い地であったか。野宴の際は,全然蚊が出ていなかったので,涼しいようにと配慮してキャンピングカーのドアを開け放していたのは,何を隠そう私である。私は外にテントで寝ていたので難を逃れる。
「ああ,釣り行くぞ,釣り!」
あとで聞いたところ,5時前に起床したとのこと。
いつもは11時頃に俵山氏は起きるのである。



まつを「で,釣れたのか?」
俵山 「いや。昨日雨が降ったのが悪いのである」

俵山氏は「オレは釣りのプロ」といつも称される。
長いつきあいだが,私は氏が10センチ以上の魚を釣ったところを見たことがない。
いつぞやは「時間帯が悪い」と宣うた。またある日は「時期が悪い」,ある日は「餌の鮮度がわるい」,ある日は「場所が悪い」と宣うた。つまり氏のこれまでの言動をようやくすれば,「時期がよく,時間帯がよく,餌の鮮度がよくて,場所のいいところならば釣れる」ということになる。そりゃそうだ。




温泉に行こうという話になる。
で,ここは佐賀県の七山温泉。
あめふらしさんご推薦の,疲労がとれる温泉である。
爽快。入浴料700円。



温泉の後は,近くの「やまめ茶屋」へ。
何やかにやと時間をゆったりとって食す。
談笑の話題は「俵山氏の人となりについて」 話は尽きない。爆笑の連続である。



俵山 「早起きすると,こんなに一日が長いもんだとは思わなかった」
まつを「起きて10時間経っておる。普段なら貴殿はもう寝る時間である」
俵山 「今日からオレは毎日早起きすることにする」
まつを「世間が迷惑する。貴殿は少し起きてるだけでよろしい」
また話はおいおいと(笑)

 

Plofile まつを


デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。