長崎キャンプ場
ランキング

別府温泉巡り

不老泉、末広温泉、永石温泉、紙屋温泉、楠温泉、梅園温泉、海門寺温泉、田の湯温泉、駅前高等温泉、別府海岸砂湯、鉄輪温泉むし湯、いちのいで会館、神丘温泉、明礬温泉(地獄泉、鶴寿泉)、亀川浜田温泉



別府。温泉巡りトレッキング。享楽の残り香と,湯と,生活。細かく巡れば,別府は実に面白く, 街のサイズも手頃だ。結果,18カ所の湯に浸かった。


一日目は,徒歩でまわれる別府の繁華街に点在する温泉を巡る。
別府の街は歩きやすい。城下町でなかった街は,合理的に街ができているのだ。地図が読みとりやすい。
この街は,糖尿病で痩せた御老人のような街だな。壮年には脂ぎっていた男が,放蕩のはてにやせ細り,好々爺となって飄々とある。いまでは,若い娘にもオジイちゃんと慕われる。そんな街だ。高度経済成長期,無理したもんなあ。めちゃくちゃなことしたもんなあ。そんな町並みが今では古ぼけ,いい意味でのレトロ感が漂い始めているのだ。


今回持ち歩いたアイテム「別府八湯温泉本」は,別府の温泉トレッキングに必要な情報が詰め込まれている本だ。定価300円にもかかわらず,無料入浴券などがついて,お買い得。

湯を巡る。


不老泉という名の,ご老人が集まっていた湯。100円。写真手前のスペースが,ごろりと湯に寝れるようになっている。その角度,頭当ての高さなど,絶妙なあんばいだ。


末広温泉。100円。近くのたばこやさんに開けてもらい入浴する。貸し切りで入浴。


腹が減ったので,お好み焼き屋に飛び込んだ。一瞬,「あ」と思う。店内には,こんなガラの服を上下にきて,黄色いタオルを肩からかけ,首には金のチェーンを垂らしたオッちゃん一組が酒を飲んでいた。別府だなあ(笑)。オッちゃん達は「おまえ誰や?」といった視線をこちらに投げかける。

ビールとお好み焼きを注文。これが予想に反して美味。なんといおうか,オムレツ風もんじゃ焼きと申しましょうか,中がとろっとしていて,ビールに抜群に合う。長崎にはないな,ああいうもの。


永石温泉。100円。お寺かと思ったら,温泉だった。やはり昼間からご老人でにぎわう。


紙屋温泉。100円。裏路地の温泉。趣あり。温泉には湯自体の魅力と,その場の発する魅力がある。


楠温泉。60円。アーケード沿いに接し,窓を開けることが禁じられた魔巣窟のような風呂。別府でなければこんな温泉はあるまい。


梅園温泉。アーケードのすぐ裏に位置する。ここが発見するのに最も手こずった。分かりにくい。


海門寺温泉。100円。妙な男にあった。20代でぷよーんとした体の男だ。目がすわり,なんというか妖怪のような気配を発し,一言も話さない。ヤクザのオッちゃんよりも怖かった。


田の湯温泉。100円。湯をあがり外に出て,涼んでいるオバサンと話し込む。オバサンは,食事や宿泊の地元情報を話してくれた。


オバサンは,食事や宿泊の地元情報を話してくれた。
別府観光と称して,ホテルに夕方着いて,館内の湯に入って飯を食い帰っていく旅行に,なんの発見や感動があるというのか。歩いていろんな方に話しかけて,はじめて面白いことに遭遇もする。
それにしても別府の人は親切な人が多いな。


駅前高等温泉
ここに浸かり,じだらく氏を待つ。氏は長崎から別府に,今夜12時到着の予定。
ところで,この温泉はトレッカーなどの間ではやたらその名が知られている。別府駅のすぐ近くにあることと同時に,宿泊費が安いのだ。冷暖房つきで,個室2500円,広間相部屋1500円。広間相部屋は9時からチェックイン可能で,布団は修学旅行状態で敷いてある。個室は予約を入れておかねば金・土は満室だ。

ここの温泉。とりたてて書くほどのものでもない。

本日9湯。別府中心街に点在する温泉を満喫。
ということで,翌日編に続くのである。



温泉行脚2日目。


じだらくさん登場。
多忙をぬって,昨夜12時ご登場であった。
さあ,今日は自動車がある。足が伸ばせるのである。
写真は朝一番にいった神丘温泉。ここは泥湯で有名だが,さすがに朝一で泥湯はきつかった。

明礬温泉へ走る。


地蔵泉。無料。

鶴寿泉。無料。
長崎県民は,温泉というと,ここのように硫黄の臭いがしなければいけません。地蔵泉は私にとって,今回の18湯のなかのベスト1。朝早く行けばゆっくりと浸かれる。


今回最もおどろおどろしい印象だったのが亀川浜田温泉
どうだ,この恐ろしさ。まるでエイリアンをデザインしたギーガが作ったような湯だ。



思わずアロハといいそうな写真。実は別府海岸砂湯に埋もれているときの私の視界だ。
全身が砂の重さで,指圧を受けているような気持ちよさだ。

砂掛けの係女性との会話。
「気持ちいいですねえ」
「ええ。まだ午前中ですから。風もありますし」
「え?」
「砂湯は午前中に入りましょう。午後からだと風も止んで,地獄を見ます」
「あ,そうなんですか」
「夏場の午後なんて,私たちも倒れそうになります」
「いつが客は多いんですか?」
「その夏場の午後。行列ができます」
「そりゃ,すごい」
「もんのすごく暑いですよ」

「他にどの温泉がお薦めですか?」
「むし湯がいいかも」

ということでやって来た鉄輪温泉のむし湯。
むし湯の奥に無料の駐車場があるので,そこに車をとめるといい。


左から,むし湯,地元の人専用の湯,渋の湯。


これがむし湯。矢印の戸から這いながら,中に入り,草の上に寝る。中は電球一個。地熱によりガンガンに暑い熱い。これほど人間から短時間に汗が出るものかと驚くほどだ(ちなみにじだらく氏は,軽いやけど状態となった)。
「へたすりゃ死ぬな」
「同感」
振り返ってみると,ここが私たちの午後の日程を決定づけた。
午前中で体力を使い果たす。
「じだらくさん,昼食をとろう」 

いちのいで会館」なる所に向かう。食事をとったら入浴無料という。さて皆さん,「いちのいで会館」と聞いてどんな施設を思い描かれますか? 私たち二人の共通認識は,かんぽの宿らしきもの。で,向かう。


目的の場所直前、こんな細く過激に急な坂が待っていた。じだらくさん曰く「車の限界に挑戦させられる坂」である。

で着いたのはこんな所。ちょっとした山の中の小屋だ。なんだこれは? と,いぶかる私たちに

看板娘さんが「いらっしゃいませ」と声をかけた。出てきた人がステテコはいたオッサンだったら,ちょっともめていたかもしれない。


なんだこれは。嬉しい誤算だ。涼しい山風に緑はそよぎ,僅かに蝉の声がした。正しいニッポンの午後がそこにあった。先客一組は,ぼんやりと外を眺め,惚けズラになっている。下界とは別の時間が流れているのがわかる。君,エルドラドとはこういう所を言うのだよ。

ビールを飲む,だご汁定食を食う。文庫本を読む。ビールをおかわりする。半熟卵を注文する。
食う。寝る。飲む。読む。寝る。寝る。寝る。
むし湯の心地よい虚脱感。
ふわわ……。寝る。

起きて,ふらふらと風呂に行った。青乳色の美しい湯だ。別府の街を睥睨して入る。熱い。上がる。ふちのコンクリートが太陽に焼けて暑い。風呂にいる。熱い。湯はきれい。熱い。
とかなんとか繰り返し,湯から上がる。また文庫本を読んでそして,また寝る。
こうして半日が過ぎていったのであった。

以上18箇所の温泉に浸かった浸かった。

 

Plofile まつを


デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。