長崎キャンプ場
ランキング

アクアミューズに乗る



4月末、陽光うららかな朝、じだらく氏に電話。

「アクアミューズに乗せてくれない?」

「あ、いいですね。行ってみますか」

ということで話が決まる。

じだらく氏が、帆が張れるボート「アクアミューズ」を所有していらっしゃることは、かねてより存じていたが、乗船するのは始めて。楽しみだ。

近くの川から乗りだし、海へと出でる算段。

10時ぐらいに出発!

日差し暑からず、寒からず。風もまた最適。春や春、春爛漫の花の色。

漕ぎ出す顔にも、笑みが漏れる。橋をくぐって行こうよ♪

注:以後刻々と変化するじだらく氏の表情にご注目下さい。

三つの橋をくぐって海へと向かう。この上は高速道路だ。こんなアングルで見上げる高速道路も一興。川から望む両岸も、笑っているように感じる。

じだらく氏 「いやあ、僕も久しぶりなんですよ。ここに越してきてから、始めて。操船も詳しい事は忘れましたが、まあいいでしょう」

こんな竹が河口に転々と立ててある。

「なんだろう、これは」

「多分浅瀬があるんでしょうね」

「ま、このボートだったら、大勢に影響はないでしょうね」

と言う事で、竹の向こうのエリアに入っていった。

橋をくぐり終わって、マストを改めて立てる。風が出てきた。船がグラリと大きく傾く。トトトッ!危ない。ズッズズズズ・・・・「あれっ!いかん、浅瀬で船底がこすれている」ガゴゴゴゴ・・・・「あああ、いかんいかん」ボッ!ゴッ!ギガガガガガッ!

ご説明します。写真は、突風にあおられたマストが、じだらく氏の脳天を直撃するの図。言うときますが、一度ではありません。ビュ、ビュー、バタ、ゴン! ビュービュー、バタバタ、ゴゴン! ブブブビュー!バッタバアッタ!ズゴゴゴゴゴゴン!!!

で、この顔。

舟の底はゴリゴリ擦るわ、脳天・顔面はマストで連打されるわで、思考停止中のじだらく氏。私は風上に座っていたために、難を逃れました。じだらく氏に合掌。

で、極めつけがこれだ。

広い河口のど真ん中で座礁。

「降りて押しましょう」

ということでボートの外へ。しばらく押して進んだところが地獄。底無し沼のように足が沈みはじめる。右足を抜く。左足が沈む。左足を抜く。右足が沈む。こ、こりゃいかん。ほうほうの体でボートに乗りこむ。そんなこんなで、2時間ぐらい同じ場所をぐるぐる回っていた。 「まるで、俺の人生みたい」

ケッ! 見きりをつけてマストをたたむ。漕ぐ漕ぐ。

うーい。出た出た。結局、アクアミューズが風を受け順調に走ったのは、3分ぐらいが2回。あとはずっとドタバタどたばたしていた。

よくぞ難関を抜けました、ということでシャンパンを開ける。

いやあ、なかなか味あおうとしても、味あえないスリリングな体験を満喫した一日となった。

 

Plofile まつを


デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。