長崎キャンプ場
ランキング


田代原キャンプ場



文政6年(1823年)、江戸両国に店構えたる華屋與兵衛がヒットを飛ばして以来、にぎりは江戸のファーストフードだ。食うのではなく、つまむ。粋だねえ。食で遊ぶ。ならば、遊びを満喫するキャンプに合うんじゃないかい。やってみよう。
以上、じだらく氏の提案であった。今年のゴールデンウィークの企画。四の五の言わず賛成である。




やってきました田代原キャンプ場。
以外に思われるかもしれないが、私にとっては1年半ぶりのキャンプである。久々に来てみて軽く驚いたのは、いらっしゃっている皆さん方のキャンプグッズの充実ぶりである。立派なテント、タープ、テーブル、イスなどなど。日本のキャンプも豊かになったなあ。道具がピカピカしている。そうそう、そのようにしてしばらく道具地獄にはまっていくのです。サイト設営にヒイヒイいっているお父さん方に合掌。
亭主じだらく氏のもと、みんなで寿司の下ごしらえ。2家族、大人4人子ども5人だ。そよぐ春風が心地よい。

しゃりは八合炊いた。

皆の準備を尻目に、くつろぐお二人さん。
回の秘密兵器。ガスボンベでも稼動する優れものの冷蔵庫。じだらく氏所有。ネタの鮮度を保つために大活躍。



さぁあーてぇ、準備万端。
知らざあ言って聞かせやしょう。
生き抜群のこのネタを、かつと握りし田代原、
その陽光の麗らかさ、日頃の残業なんのその、
ここやかしこのパチンコ屋、廻って磨いたこの腕に、
今日は愛しき我が子らの、お口に届けるすし光る、
くぅわあぁーあ!
名さえゆかりの味の鉄人じだらく様たぁ、
俺がことだぁ!

亭主じだらく氏の腕がうなる。
整列されたネタの鮮やかさは美術的輝きをも見せる。これぞ江戸前。職人の技を堪能する。



海老

烏賊


あげまき
ほかに平目、貝柱、烏貝、だし巻、軍艦巻、カッパ巻。これが上にぎりサイズで、食い放題。涙。

「あげまきくださーい!」「へいっ!」
「海老くださーい!」「えいっ、おまちっ!」

キャンプ場に声がこだまする。
食べたい者が、食べたいものを注文し、受け取って食う。食べては話し、話してはじだらく氏のところにいって注文。 全員、美食を堪能。満腹。至福のひととき。
ありがとうございました、じだらくさん。
私は8時に爆睡。

じだらく氏談:「楽しかったですねえ。それに、にぎりは片付けものが少なくて便利」

海老もこんなサイズ。





追) すさまじい寝言を言う人がいるもんである。今回のキャンプでの出来事。夜12時半頃、キャンプ場に響き渡る声で目がさめた。なにごとだ!?どこかのテントから男の声が上がっている。
「ぐぅわあああああっっっ・・・つ!どだあぁああぁぁぁーっつう! §÷∞×がぁ、±∈♂×⊂でぇ! ∀∂×♂ったからああ、⇔∀‰∂×ק×だあぁがあああぁ!」 
なんだか夢の中で、大変な事になっちゃってる人がいらっしゃったみたいなんである。さすがに朝から、そっち側のテントには近寄りがたかったのである。

2003.5.3-4

 

Plofile まつを


デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。