長 崎 を 歩 く

池島

スチームパンクな異世界へ



「未来をイメージしてください」と言われ、人の頭に浮かぶパターンは二つに大別される。一つが鉄腕アトム的未来、そしてもう一つは風の谷のナウシカ的未来だ。


長崎県・池島には後者の風景が待っている。
一つの時代が終わったあとに広がる白い世界だ。


遥か彼方から渡ってきた風が、茫漠とした風景を洗う。

建ち並ぶルイス=カーンのようなモダニズム建築。
ここに人影はない。


もはや人の世界と隔絶された通路。

閉ざされた部屋は、空虚さを増幅させていく。

子どものいない公園。

わずかな人の痕跡にさえおぼえる安堵感。

そして神の目が、静けさに沈む街をねぎらう。






住宅街を行く。

言葉を失う。


かつて島の給与は平均的雇用者の2倍。

歓楽街に溢れた人いきれは今遠い。





食事がとれる場所にたどり着く。香り立つ人のにおい。

もう一つの売店とカクウチカウンター。






1952年、この島は海底炭田掘削への道を歩み始めた。

島に新しい文明が押し寄せてきたのだ。

チューブが複雑につながれ

先端技術が結集され

うねり

ダクトは巨人の内臓のようにつながれていった。

モーターやダクトやその他もろもろの雄叫び。

声無き叫びをあげ、今も紺碧の空を背景に屹立する施設。






過去をかこつな。

消えていく存在の余塵。

このレールは地底へと向う。

はるか600メートル下の光来ぬ地下に降りて行った男たち。

地上の繁栄を支え続けた地下世界。


2001年、音は消えた。

8,000人いた住民は、今231人となった。

遥か彼方から渡ってきた風が、

灰燼を降り積もらせていく。






リリシズム溢れる光景が、蒼い海に浮かぶこの島の中にある。
行ってその目で確かめるべきだ。
その方法はこちらのサイトで(クリック)。




 

Plofile まつを


デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。