←来月 / 先月→

 

 2020_02_18

ジルとキャッチボール

いやあ、はまります。

 

 2020_02_17

オーロラを眺めるホテル

「カクシラウッタネン 北極リゾート イグルー&シャレー」は、フィンランドのラップランド地方のサーリセルカ・フェル地域に位置する宿泊施設。防寒ガラスのイグルーにはベッドルームなど。北極圏を楽しむための結構なお値段がするゴージャスな施設。

 

 2020_02_16

串揚げ2店

最近、串揚げがマイブームになっています。知らないうちに、串揚げが進化してるんです。

こちらは昨日、松永くんと行った「串バル サルーテ」。鍛冶屋町。すごいんですよ串揚げのボリュームが。写真から分かりますかね? そんなわけでワイン2本空け。ただしバルを謳うのでウイスキーや焼酎など強い酒なしです。

こちらは「串揚げ しん」。浜口町。デビ夫人似の女将さんが揚げてくれる串は、ワンランク上の手間をかけた上質な串揚げ。おいしい。

 

 2020_02_15

大陸棚とプレ文明遺跡

上は「地球の水を抜いてみると」というシミュレーション動画。NASAによります。

しばしば私が書くことですが、大陸棚は沈んだかつての大陸。氷期の海面低下時の浸食作用で形成され、その後、堆積物に覆われてさらに平坦になったものなんです。平均水深はほぼ130m。動画の右下にメートル表示がなされます。

これで見ると、日本~中国~南シナ海~ジャワ海~バンダ海の一連の大陸棚の多さ。そう、ここは陸続きであった平野部。ウルム氷期(最も最近の氷期,70,000~8,000年前)のころ,海水面は現在よりも130mぐらい低かったのです。ここにプレ文明の遺跡が眠っています。

現在俗にいう4大文明は地上で発掘されています。もし8,000年前にプレ文明があったとしたら,陸地でA地だB地だと論じられていること自体が滑稽。水中考古学が今後進展して行くことを期待しています。

「8,000年前に文明があるもんか?」だって?

バ~カ。

ギョベクリ・テペ。紀元前8,000年に建てられた地上の遺跡です。

 

 2020_02_14

ついに映画化『21世紀の資本』

ついに来ましたね、トマ・ピケティ。でも長崎までは来ないだろうなあ。

 

 2020_02_13

スギ茶

世の中にはタフな人がいるもので、この動画を見て、畏敬の念が溢れるばかりです。

でもひと昔はこの私も、冬場にマットとシュラフとシュラフカバーだけで、星を見ながら眠ってたんだけどなあ↑。

動画の中で、スギを煎じてお茶がわりに飲んでますよね(再生画像の頭)。
なんだこれは?
調べてみました。

  • 花粉症の敵・スギで作る「杉のお茶」で花粉症やアレルギー症状を自力で撃退! その方法は?
  • あるんですねスギ茶。

    けれどさらに調べると、こんなんありました。

  • [厚生労働省]スギ花粉を含む食品に関する注意喚起について
  • 要するに、スギ花粉症患者がスギ花粉摂取するとアナフィラキシーショック起こすことがある。だから治療目的でその手の食品は飲むな食べるな。とのことです。

     

    2020_02_12

    あんかけちゃんぽん

    ネットで、あんかけちゃんぽんという名を目にしました。口コミがすこぶるいい。
    そりゃあ、食いにいかんば。東長崎の住宅街。少しだけ迷って行きつきました。
    で、注文。

    果たして、写真のようになみなみとテンコ盛りのあんかけちゃんぽんが、運ばれてきました。スルドイ皆さんはもうお気づきでしょうが、店名出してないってそういうことです。普通。みんなホントのこと書いとくれ。

    帰宅してこの料理の話をすると、家人が「麺にアンがかかってるんですよね。それって、ドンブリに入れたアンかけ皿うどんじゃないんですか?」 「あ、そうだね」

     

    2020_02_11

    1個300円の玉子

    世の中には1個300円の玉子というものが存在してをります。
    商標名「口福たまご」。畏れ多くも頂きました。

    この玉子、食を巡る映画『食べる女』のキーとしても使われた一品。

    朝食にたまごかけご飯にしていただきました。絶品。

     

    2020_02_10

    平家納経

    今日は平清盛の誕生日。

    平家の氏神である厳島神社。ここを支える美の感覚は特筆に値します。
    納められている国宝『平家納経』を初めて目にした時の感動を忘れません。凄まじく美しい。琳派発生以前にこれほど研ぎ澄まされた美の結晶が生まれていたとは。
    どうして日本美術史でもっと取り上げられないんだろう、教科書に掲載されるべきものと常々思っています。

    世界史最高のインテリ層が支配し、美的に磨かれた国家は宋。
    1127年、宋は金に侵略され滅亡。大量の難民であふれかえる事態です。多くは南宋へと逃れるのですが、日本にも流入しているはずです。
    平清盛が生きた時代は1118~1181年。

     

    2020_02_09

    七人の侍 4Kデジタルリマスター版

    黒澤明監督の超大作「七人の侍」。TVで観ると画像ぼやけ。封切当時のシャープな画面を見てみたい。ということで夫婦で映画館へ。

    映画館で観る価値あり。この作品の上映時間は3時間40分。途中で10分間の休憩が入ります。でも、飽きさせません。予想を超えてあっという間に時間が経ちます。

    徹底した時代考証、通常作品の7倍の製作費、何千人ものスタッフ・キャスト、1年余りの撮影期間で撮られた作品。ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞。さすがの緊迫感です。
    ただ、音声の劣化が。これはこれからAIの進展によって解消されるのでしょうね。

    ずる賢い農民。たぶらかす若い女。農民や女性の姿をリアリズムで描き、かつ襲い来る野武士をはじめとする全ての登場集団が悪ではなく、社会の構図によってその状況に置かれていることをスリリングに描いていきます。

    長崎では2/7(金)~2/20(木) 10:00~13:45、cocowarkTOHOシネマで上映。

     

    2020_02_08

    「募る不安」に感じた違和感

    昨日の長崎新聞。「募る不安」と大見出。
    「ん?」 なんか変じゃないか? どうして不安を募集する? 誤字?
    改めてネットで調べると誤字じゃありません。でも何だろう、この違和感。

    というわけで、日本が誇る『大漢和辞典』を引いてみました。

    やっぱりそうなんですね。 「募」という漢字は、元々は、つのる、まねくの意味。
    邦語(日本語)で、「募る不安」のように、ひどくなるという意味に使われるようになったんですね。

     

    2020_02_07

    「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」

    長崎県美術館でやっている展示会に行ってきました。楽しかった。この展示会の注目点は、作家の成長。もうね、画力が初期と近年では大違い。先日話題にした北斎みたい。

    この漫画が30年にわたって連載されてるって知らず、読んだこともないんですが、最初のころは北斗の拳の亜流っぽいんですね。これが近年はぐっと上がってて、色彩感覚もお見事。展示会コースの最後に、ミケランジェロやゴーギャンなんかの技法を学んでいることの解説も面白かったですよ。

     

    2020_02_06

    猛暑が来る

    上動画に映し出された、オーストラリア森林火災の延焼の速さには驚愕します。

    今、南半球のオーストラリアは夏。
    オーストラリア東部を襲った森林火災が、数カ月で日本本州の半分弱にあたる面積を焼き、現在も拡大中。オーストラリアの観測史上、最高の猛暑であったため大規模な火災が発生したといいます。

    そしてこれから、地球が反転し、日本に夏が。

    オリンピックを開催する夏。
    いや、もうすでに今年は本確的な冬が到来しないまま、春を迎えようとしていることを、私たちは知っています。

     

    2020_02_05

    春の光

    立春。

    トイレの懐中時計。

    ここは漆喰で四方の壁を塗ってますので、光がまわります。なんとも柔らかな光の拡散が時計を包んでくれています。

    机の一角。

    メガネは基本3つ使っています。一つが普段使いのやつ。それからパソコン作業時のやつ。こいつはディスプレイに焦点が合ってますので楽。もう一つが自動車運転用の度入りサングラス。車中に置いてます。

    ペントレイは鉛の板を皮で包んだやつ。自在に形が変えられますので便利。中にはお気に入りのボールペン「uni-boll Signo 太字」。これはアイデアを練る時に欠かせない一品。書いていて気持ちがいい。散人さんに教えてもらいました。

    ところで、このボールペンは一般に高い評価を得ているアイテムなんですが、一人だけ最低ランクをつけている人がいましたので、その人の商品評価履歴を覗いてみると、ことごとく世の中の商品に悪態をついていました。→興味のある人はここ見てください。
    幸せになれない人なんだろうなあ。

     

    2020_02_04

    余は如何にして檸檬堂を再現したか

    缶酎ハイ「檸檬堂」が大変な人気で生産が追いつかず、出荷休止らしいですね。
    そんなニュースを小耳にはさんだある日、片田舎のスーパーに数個だけ残っていた「檸檬堂」。これを入手し娘たちと飲んでみました。うまい! 翌日行くともう製品の姿はなし。

    ないなら作ってみるか。ということでクックパッドを参考にレモン酒を作ってみました。

    で、ここまでやって気づいたんです。ん? 作り方が違うぞ?
    そう、上のCMでは国産レモンを丸ごと摩り下ろすって言ってますね。開発担当者のインタビューを調べると「前割りレモン」という方法だと。 さらに調べるとその方法が分かってきました。

  • 流行りのレモンサワーの作り方が大変な事に!
  • 冷凍したレモンを皮ごとグレーターを使ってすりおろす。調味はほんの少しの砂糖で。あとはホワイトリカーに漬け込み、いただくときに炭酸でわる。

    やってみました。

    みごとに「檸檬堂」が再現。うまい。うますぎて飲みすぎてしまいます。手軽においしいお酒ができますよ。

     

    2020_02_03

    オランダの美術教育

  • グッドマンさんのコメント

    先日,オランダの現地校を視察してきました。HPを事前にチェックしたところ,美術や音楽に力を入れているということで期待して見にいったところ予想以上でした。

    アトリエ(日本でいうところの図工・美術室)は,15人以下で使用し,学級の人数がそれを超える場合は,2つのグループに分けるという徹底ぶり。準備室に置かれている潤沢な画像や材料,そして置かれている作品を見ているだけでとても気持ちが高揚しました。

    3枚目の写真は,モンドリアンとキース・ヘリングをモチーフにしたもので小学校2年生の作品です。驚きました。


  • まつをのコメント

    素晴らしいですね。
    最近つくづく、日本は高度経済成長期には、見事にアンポンタンな成長に留まったなとつくづく思っています。その稼いだ金もアメリカから大量に中抜きされましたから(アメリカ国債購入でね)、今ではスッカラカン。

    さて以下はDIAMOND ONLINEからの抜粋。

      一流は「文化的教養を重視」二流は「経済効率と学校の勉強だけ」
      経済的合理性の観点から議論できないのは三流だが、その観点でしか議論できないのは二流、多様な教養豊かな視点と経済合理性を踏まえて議論できる人こそ、一流。

    日本の場合、主導権を持っているのが、文化教養の薄い層が多いですからね。でも今の若い層には上記の意識が芽生えていると感じています。あの世代が、日本の文化的厚さを育成してくれる。そう思っています。


  • 散人さんのコメント

    一生に一回も行かないもの。

    オペラ、バレエ、お能、人形浄瑠璃等はほぼ行かないだろう。
    歌舞伎、狂言、シェクスピア劇、はかなりの確率で行かない。


  • まつをのコメント

    あ、この手は地方に居てはまさにそうですね。

  •  

     

    2020_02_02

    肥大化する有料ソフトと秀逸フリーソフト

    有料ソフトがバージョンアップのたびに使わない機能が増えて、重く、高価になってきています。アメリカの調査機関の調べによると、「よく使う機能」はたった2割。これへの反発が秀逸なフリーソフトの利用。

    その点、Windows10はいいね。Windows7のソフトが使えます。私が使っているofficeは2010版。これで十分です。

    フリーソフト、つまり無料で使えるソフトはものすごく秀逸になっています。
    私が使っているものをいくつか挙げると……

  • SoundEngine Free……音声編集ソフト。ここまで高機能なのにタダでいいのかなあと思います。
  • Schedule Watcher……スケジュール管理ソフト。もう10年以上使ってるんじゃないかな。これを使い始めてから、会議や打ち合わせに遅れることがなくなりました。レトロなんですけどポップアップで予定を教えてくれます。
  • Sublime Text 3……誰が呼んだか「恋に落ちるエディタ」。優秀なエディタです。私はこれでホームページを制作しています。タグ打ちね。厳密には有料ソフトですが、無期限で制限なく使えます。日本語化するのがモンのすごく難しくって、thomさんの力を借りました。
    ホームページ制作には、WordPressという無料からのソフトが幅を利かせていますが、私は近づいたことがありません。世界で広く使われているので、ハッキング被害に遭いやすい。くわばらくわばら。
  • ダウンロードするときには、皆さん気を付けてくださいね。かつて私も中国系とおぼしきサイトからダウンロードして、えらい目にあいました。ネット上で安全だと評判のサイトを利用させてもらいましょう。私は歴史の古いサイトvecterからダウンロードするようにしています。

     

    2020_02_01

    PDFの軽量化

    PDFって重いですよね。送信しなくちゃいけないときどうしてますか? 今日はそのご紹介。なんてことない。ここにドラッグ&ドロップするだけね。

  • 「PDF 圧縮」
  • ものすごく軽量になりますよ。無料版は1時間に2枚まで利用できるんでしたかね。


    そうそう、PDFの加工をするにはAdbe Acrobat が必要だからってあきらめていませんか? フリーでありますよ。

  • PDF-XChange Viewer
  • ダウンロードの仕方や使い方の説明はこちらで。
  • フリー版では、既に設定されているテキストと画像は、編集・削除ともにできません。でも、原稿の校正(修正)では、ご本家のAdbe Acrobatより便利です。この機能で十分じゃないかな。

     

     

    ←来月 / 先月→

     

     

  • →これまでの全記事
  •  

     

    Plofile まつを


    デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

    「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。