/ 前の記事→


 2020_02_23

サイト内検索を設置しました

トップページにサイト内検索を設置しました。面倒で設置してなかったんですよね。
このサイトは開設から22年経ってますので、検索すると面白いですね。

「いいね」約212件、「ありがとう」約92件、「ごめん」0件。
「デザイン」約176件、「美術」約96件、「音楽」約95件、「文学」約68件。
「長崎」約265件、「キャンプ」約233件、「歴史」約146件。

 

 2020_02_22

二度寝はOK

眠れないことで悩んでいる人。皆が寝静まり一人捨て置かれた状態に感じる人。だいじょうぶ、年齢がいくと長時間の睡眠ができなくなるものですよね。

それは悩むようなものじゃないわけで。深夜一人の時間は最高の収穫期。私もいつのころからか二度寝の生活リズムになっています。別に悩むこっちゃないですよ。
読書の習慣をつけたりするといいかも。


二度寝は人間本来の眠りのかたち

1990年代初頭に、精神科医トーマスらは毎日14時間暗闇で過ごさせる実験を行いました。第4週経つと被験者たちは、4時間眠って、その後1-2時間目起き、そしてまた4時間眠るという眠りのパターンとなったといいます。

2001年に、歴史学者ロジャー=エキリッチは、中世までは2度寝型だったと発表しています。これに関しては、出典ページを読まれるとこんな興味深いことが書かれています。
「夜、途中で1~2時間起きている生活パターンは常識的なもので、トイレに行ったり、タバコを吸ったり、近所の人を訪ねたりしました。ほとんどの人はベッドに滞在し、読み、書き、そしてしばしば祈りました」
出典

 

 2020_02_21

朝ごはん

    太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
    次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。

そんな雪の朝だった2月18日。

一転、素晴らしい天候ですね。

朝ごはんが、うまい。
正しい朝ごはんを、ゆったりと味わって食べる。
今日は年休をいただきました。

3月で職場を退職し、独立します。
昨夜は夜半目が覚めてその準備作業をしました。
にしても、ゆったりといただく朝食はおいしい。

 

 2020_02_21

有事とメディア

東日本大震災の際、日本のメディアは自粛的で横並びの姿勢に入り、事態が理解しにくいと指摘されたものでした。そう、あの頃からその傾向が強まったんですよね。

昨今、そんなTVや新聞の停滞を突き動かしているのが、ネットや雑誌であることは皆さんもご存じのとおり。ニュースの主戦場はツイッターなどに移っています。メディアの未来が見えてきたこの数日。

一方、ツイッターもその世界が荒涼としたものになってきています。オバマ前大統領はネット上の“コールアウト・カルチャー”を批判しています。
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/32334

日本語で読める海外メディアを幾つか挙げておきます。横並びでないメディア。日本のメディアが伝えない方向性の記事も読むことができます。

  • ハフポスト(アメリカ
  • CNN(アメリカ
  • ニューズウイーク(アメリカ
  • BBC(イギリス
  • AFPBB(フランス
  • 人民網(中国
  • 聯合(韓国
  • 南米ニュース(チリ
  •  

     2020_02_20

    新型コロナの難しさ

    国は風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合、帰国者・接触者相談センターに問い合わせるように指示してます。

    ? 

    日本の場合は熱発したら4日待たずに医者に行くよね。お医者さん大変。街の病院が接触・増殖センターになる可能性がある。こんな指示しかだせないことがこの病気の恐ろしさです。

    国家中枢のマヒを懸念しています。

    本来政治家は多くの人と会う仕事。国会・内閣に新型コロナ罹患者が発見される危険性は否定できません。そうなれば国家の大きな判断が止まります。

    以下は修正し、再アップ。

    この神戸大の感染症内科 岩田教授の報告。以下要点。

      ダイヤモンド・プリンセスに入りましたが、何者かによって1日で追い出されました。感染対策は悲惨な状態で、アフリカのそれより悪く、感染対策のプロは意思決定に全く参与できず、素人の厚労省官僚が意思決定をしています。船内から感染者が大量に発生するのは当然です。

    下のリンクは、上動画に対して、岩田教授をダイヤモンドプリンセスに入れてあげ、なおかつ今も現場で働いている医師からの補足説明です。現場の状況の理解に有効です。 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2703278763058947&id=100001305489071

    最近、多少長い文章に接すると「このくらいの文章でも、かなりの人はきちんと読まないよなあ」と思う私。予想以上に文章を読めない人が多い。かくいう私も放っておけば退化していく一人です。

    追記。こんなツイートがダイヤモンドプリンセス内の厚生労働副大臣 橋本岳氏から発せられました。


    これを見た岩田教授のコメント。
    「この手前(写真撮ってるとこ)が清潔不潔が完全にクロスするゾーンになる、ということがおわかりいただけますでしょうか。」

     

     2020_02_19

    新型コロナとインターネットを使った遠隔教育

    新型コロナによって、一気に社会システムが変わるかもしれません。
    ちょうど、14世紀中世ヨーロッパを襲ったペストが、都市・農村全般を根底から揺るがし、多様な特徴を帯びた近世ヨーロッパ社会を生み出したように。

    すでに大手企業を中心に在宅勤務、テレワークなどの取り組みが始まっています。その動きはまだ序盤でしょう。

    これ以後記すことは稀有に終わればよいと思っています。

    フロリダ大学アイラ・ロンジーニ氏の予想によれば最終的な感染者数は数十億人、香港大学ガブリエル・レオン教授によればこのまま放置すれば世界の3分の2近くが感染する可能性を指摘しています。

    2月16日 日テレ バンキシャ!に出演の高橋央医師(長崎大学大学院熱医研出身)は次のように淡々と語ってらっしゃいました。「すでに日本国内で数千人規模で感染」「終息には1年から2年」「東京五輪が大規模感染の舞台になる恐れ」

    となれば大規模な社会変革が進むでしょう。

    たとえば学校。

    『学校医・学校保健ハンドブック』によれば「欠席率が20%に達した場合は,学級閉鎖,学年閉鎖および学校閉鎖等の措置をとる場合が多い」とあります。学校閉鎖が長期となる場合、在宅学習が広範に広まるでしょう。

    平成27年4月24日付けで文部科学省は、疾病による療養のため又は障害のため等で、相当の期間高等学校又は中等教育学校の後期課程を欠席すると認められる生徒等に対する特例として、インターネットを使ったオンデマンド型の授業が認められると通達していました。

    さらに平成30年9月14日付けで文部科学省は、学校教育においてインターネットを使った遠隔システムを効果的に活用した教育活動を一層取り入れていくことを打ち出し、学校現場にも通達を出しています(『遠隔教育の推進に向けた施策方針』)。

    これを機に、わが国はもう群れる文明から離脱し始めていいのではないでしょうか。群れるから他者と比較した世界観が人々に植え付けられていくわけです。

     

    / 前の記事→

    これまでの全記事→

     

    サイト内検索

     

    人気記事

    地球そして生命の誕生と進化

    正月は鯨

     

    Plofile まつを



    メール

    デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。

    「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。