2020_04_04

Fくん

Fくんは学生時代からの友人だ。長崎市に越してきたのは数十年前のこと。長崎大学の彼の実験室に訪ねていくと、電極を脳に取り付けたネズミが複数モソモソしてたのを憶えている。

人は諸事情で、それはたとえば家族構成の変化や、職場の変化や、年齢的な経過で、人生の構造が変わることがある。
その頃、わが家は父が大病をし、構造が変わろうとしていた時期だった。母は看病のために長崎市に寝泊りすることとなり、妹は職を辞して母を助けた。長崎の事情に疎かった私を助けてくれたのがFくんだった。母たちが暮らした大学病院近くのアパートはFくんが探してくれた。

Fくんはやがて結婚をし、二人の娘さんに恵まれ、長与に家を建てた。その家を売ったと聞いたのは、それほど前のことではない。Fくんの人生構造の変化の時が来たのだ。
彼は諸事情のため福岡に越していく。

昨日、引っ越し整理の只中にいるFくんを迎えに行くと、「イスはいらない?」と。カシでできたレトロな様を私は一発で気に入った。他にもナタやバーベキューチップやアウトドアテーブルも譲り受けた。ね、このラインナップが私の友人という感じでしょう。

今回、わが家のバルコニーで、そのナタを使い割った薪をファイヤーピットで燃やし、そのアウトドアテーブルでバーベキューと酒を楽しんだ。
陽光が心地よかった。近くでウグイスがずっと鳴き続けていてくれた。春だった。

渭城の朝雨 軽塵を潤し
客舎青青柳色新たなり
君に勧む更に盡くせ一杯の酒
西のかた陽關を出ずれば故人無からん

 

 2020_04_03

あのころはいい時代でしたね

コロナ以前。

海外旅行に気軽に行けて
日本中を気軽に旅してまわれて
夜の巷に飲みに行けて
友人たちとワイワイとチェアリングができて。

あの頃はいい時代だったなあ。

さあ今から楽しもうという私自身の時期が巡ってきたときに、そんなことが躊躇される時代がやってきました。

ヒロシみたいにキャンプでも楽しむかと画策中。3密から遠い世界。これまでの蓄積で、一人で入れる温泉も知っていますし、この時期にうまいものはあそこにいけばということも知ってます(笑)。

 

 2020_04_02

フリーランス1日目

フリーランス1日目。

5時起床。例によって鍋でごはんを炊きつつ、HPのコーディング。

8時近くに朝食。いままでより遅くって何となくうれしい。
家人が買ってきていてくれたハマツのフルーツサンドをコーヒーで。

8時半から雇用保険と年金についてあちこちに問合せ、訪問、予約。疎いんです。このことは、皆さん方もそうかと思いますので、日を改めてまとめて具体的に書きますね。どこが頼りになるとかならないとか。

昼食後、コーディング。疲れてジルと散歩。コーヒー。仕掛けていた自家製ヨーグルト完成。以前から気がかりだった風呂場の排水溝のフタのDIY。
家人「幾らでもこれから時間はあるんですから(笑)」
なんだか、日曜日の感覚。明日は出勤だなとか、思っている自分に気づき苦笑。

 

 2020_04_01

政府の新型コロナ対策


  • 散人さんのコメント

    イタリアの惨状

    今回イタリアは7,500名超の死者を出した。
    「イタリアの医療費削減の末路」(東洋経済)
    ・病院の統廃合でぼろぼろ。近年の財政赤字で医療費が標的になった。
    ・フィコ下院議長は「医療への投資を手厚くしていれば損失はもっと少なかっただろう」と発言。後の祭り(散人感)

    以下、散人感
    ここ数年財務省とその手下の学者どもはなんとイタリの医療を理想みたいに言ってきた。亡国の論だ。精神科でもイタリアのバザーリア法(破綻している)を国民が知らないことをいいことに持ち上げてきた福祉系の輩がいる、切腹せよ。


    医療崩壊を防ぐには

    医学者 中村祐輔
    「医療崩壊を防ぐためには、医療従事者の感染を回避することが重要だ。病床や呼吸器が十分でも、医療従事者が不足になれば、それが医療崩壊を引き起こす。医療従事者を守ることにもっと注力すべきだ。」

    散人感
    医師の労働加重(常勤重視の現行法を改める)、看護師の配置見直し(診療報酬上の問題)、看護補助者(無資格者)の評価、等問題山積。


    五輪バカ

    「全員団結」なんて、コロナ蔓延下でも云うか!? スポーツバカチンども。分散なんだよ今は。

 

 2020_04_01

Webデザイン


モデルホームページ クリック!

Webデザインを生業にいたしたく思っております。
これまでもデザインアドバイザーとして働いてまいりました。
より専門にということですね。

上のようなサイトはお得意です。ぜひクリックしてみてください。

基本的にエディトリアルデザインが専門でしたから、ホームページをうつくしく書くこと、そしてオーナーが好むテイストに仕上げることは得意とするところです。

 

 






 

月別

  • 2020_03
  • 2020_02
  • 2020_01
  • 2019_12
  • 2019_11
  • 2019_10
  • 2019_09
  • 2019_08
  • 2019_07
  • 2019_06
  • 2019_05
  • 2019_04
  • 2019_03
  • 2019_02
  • 2019_01

     

    Plofile まつを


    デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

    「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。