2024_04_14

散人会


久しぶり。前回は2023年12月7日。この時は岡野さんは欠席だったので、岡野さんとはその前の2023年4月14日から会ってなくって1年ぶり。

初期散人会の頃


2016年6月25日の第2回散人会の記録があります。こんなこと話してたんだな。

  • 現在のハヒフヘホの発音箇所は、古代ではパピプペポと発音されいた。これが中世でファフィフフェフォに変わり、近世以降に現代のものになった。今も日本列島の端の方言には古代日本語が残っていて、奄美方言で花はパナ、人はピトゥと言う。

  • 日本もニッポン、ニホンの二つの発音がある。は行のHは発音しにくい。フランス語圏では無音化していてHITACHIはイタチと発音している。だから国際的舞台で語られる国産ロケットには、NIHONではなくNIPPONと書いている。

  • 一説には島原という地名も、水の湧く平地という古代語のチーマパーラから来ているらしい。Pが入っている。ローマ字ってなんだったんだろう。あれができる奴は、中学校に上がって英語で混乱していた。

  • 私も授業中にdanger(危険)を「ダンガー」と読んで爆笑されたのが心の傷。

  • いつから日本という意識は生まれたのか?

  • そのことで歴史書も時々間違いをやらかしている。たとえば「この時代に農業技術が日本にもたらされた」とか。日本という国家はその頃は成立していない。古代中国の書に認められるのは倭(わ)から。海を行き交う粗野なる輩という意味。厳密な「日本」の成立は律令国家に向かって走っていた7世紀後期。

  • 明治以前までは日本という意識は薄くって、だから「拙者の国」と言えば「自分の藩」のことを指す。我が国なんて明治以降。

  • 現代日本の倫理観をはじめとする意識は、思いのほか明治期に意図的に作られたものが多い。富国強兵を達成するため天皇制という絶対体制をつくるため。

  • けれど長州ファイブを見れば、日本人だけで明治の制度を作ったと考えるのは疑問。

  • 金融システムに関わった高橋是清とか胡散臭い。

  • 自力で絶対権力者になった者はバランスを崩す。毛沢東は好きなときに寝て、好きなときに起きていた。24時間のリズムではなかった。女性関係もむちゃくちゃである。

  • 私も帰ったら呑んで寝る。12時ぐらいに目が覚めたりランダム。

  • 私も昨夜は朝5時まで呑んでいた。昼12時に目覚め、今また呑んでおるわけである。

  • 私たちも数日前にこの店で大いに気勢をあげておったわけである。

 

2024_04_12

白い花々

今朝旭亭に点々と咲いていた花々。
サティの曲のような白いモノトーンさが気に入っています。


獅子柚子。根付くかどうかまだ分からない今年植えた果樹。


オオデマリ。水のやりすぎで茎がやられました。今年が最後だろうか。


ガマズミ。昨年水不足で一枝枯れました。植物の特性がまだ分からない私。


ドウダンツツジ。白い鈴のような可憐な花です。


ブルーベリー。今年は豊作の予感。ジャムをつくろう。


ラビットアイブルーベリー。撮っていると蜂が蜜を集めにきました。

 

 

 

サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

  • ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
  • 今のホームページがスマホ対応になっていない。
  • 今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

    Site まつを

    クリック!

  •