/ 前の記事→


2020_01_17

敵は嘘

宝島社が1月7日の全国版新聞紙に掲載した意見広告が、SNS上で話題を呼んでいます。
https://twitter.com/hashtag/%E6%95%B5%E3%81%AF%E5%98%98
掲載されたコピーは次のとおりです。

    いろんな人がいろいろな嘘をついている。
    子供の頃から「嘘をつくな」と言われてきたのに嘘をついている。
    陰謀も隠蔽も改ざんも粉飾も、つまりは嘘。
    世界中にこれほど嘘が蔓延した時代があっただろうか。
    いい年した大人が嘘をつき、謝罪して、居直って恥ずかしくないのか。
    この負の連鎖はきっと私たちをとんでもない場所へ連れてゆく。
    嘘に慣れるな、嘘を止めろ、今年、嘘をやっつけろ。
政権にしろ、個人にしろ、信用を失ってはいけません。

  • 散人さんのコメント

    jazzでも。
    It's a sin to tell a lie.
    嘘は罪

  •  

    2020_01_16

    田舎暮らしと脳

    わが家の「猫の額ガーデン」に今年の冬は葉物を植えました。これって料理のちょっとしたベースに頻繁に使いますし、育てるのも放っていていいですので、いい感じです。葉物がこんな風に育つって知りませんでした。

    田舎暮らしをして生活費8000円であげている一人者の男性の話を目にしました。田舎暮らしには、大量のスキルが必要になるんですよね。
    山を開墾し茶園経営をなさっている方がいますが、そんな方の知識量と技術には舌を巻きます。都市生活者がいかに稚拙で矮小なスキルの上に暮らしているか。

    そういえば人類の脳は3万年で1割縮小してると言いますよね。かもねと思う研究成果。
    その研究によると、現在の縮小は第二次に当たるもので、第一次の脳の縮小は農耕文明の発達と同時らしいんです。

     

    2020_01_15

    もう春に向かう?

    もしかしたらこのまま春に突っ走るみたい。

    上図は1月~3月の平均気温。例年より高いね。

    1月7日夜はまるでムソルグスキーの『禿山の一夜』を思わせる嵐の夜でした。激しい暴風と雷でしたが、これ春一番にあたるというのも冗談じゃないみたい。
    オリンピックイヤーは酷暑か。

     

    2020_01_14

    息子成人式

    息子が成人式に。文系だった私とは違い、大学のカリキュラムがビッチリのようで、行き来の多いスケジュール。達者で暮らせ。

    かつての息子の夏休み自由課題の話になりました。中2が「LEDによる水耕栽培の成長実験」。時代を先取りしてたねぇと本人と話す。thomさんにアドバイスをいただきました。中1が「霧箱で見る放射線の通り道」。ドライアイスを使った実験でしたが、確認失敗という結果でその事実を丁寧に書いたものでした。小6が「長崎の鬼門を守る神社、仏閣」。こちらで読むことができます。小5が「ドラゴンのオートマタ」。紙粘土によるものです。小4が「太陽系の大きさが長崎市ならば」。通学する小学校から稲佐山を太陽系の半径だとしたら、各惑星はどの町辺りになるかというもの。私のサポートもありましたが、本人の凝りようが楽しく思い出されます。


  • 散人さんのコメント
    新聞は相変わらず紋切り型の社説ばかり。どだい今の若者たちが新聞を読んでるのか疑問であるにもかかわらず。
    散人は何か言えば「老害」を周りの職員に撒き散らしてるのではないか、と心配する日々である。「昔はああこうだった」、「頑張って経済成長させた」とか億面もなく云うのが「老害加害者」である。
    学校教育に関しても、殴られたりしたことを妙に教育の本道的に云う老害者、仕事でも「週一休み」で俺たちは頑張ったと云う老害者。当時の女性たちの社会参加を阻む男性社会の存在が「添い遂げる」という消極的人生から現在解き放たれて「離婚」の選択が出来るようになったことを「批判」する老害者。
    どうか新成人の方々、老害者たちのようにならないで下さい。「自由に生きる」が人生最大の幸福なのですから。
  •  

    2020_01_13

    長崎県美術館がおもしろい

    今、県選抜作家美術展と文化庁メディア芸術祭 長崎展が開催されています。

    県選抜作家美術展では親しくさせていただいている岩永嘉人さん、柏本龍太さん、安藤真由さんらの作品を満喫させていただきました。

    その後に文化庁メディア芸術祭 長崎展へ。正月の戯れにキョエちゃんとパチリ。

    そして街では、今年も邪悪パンダが虎視眈々と出番を待っておりました。

     

    2020_01_12

    世界的アート10万点の高解像度画像が無料でダウンロードへ、商用利用可!

    パリの14の美術館に所蔵されている約10万点のアート作品の、高解像度画像が無料でダウンロード可能に解放されました。クリエイティブコモンズゼロライセンスのもと商業利用も可能です!

  • アクセス方法解説
  • そう。こうであるべきなのです。こうすることがWinWin、一般にとっても美術館にとっても双方に利益をもたらすことなのです。高名になるとその美術品の価値が上がります。所有する美術館は所有価値が上がるとともに入館者増加につながります。一般利用者によっては言わずもがなです。
    所蔵作品の公開に後ろ向きな美術館は、その姿勢が作品価値を下げています。

     

    2020_01_11

    カーペット到着!

    来たよ、来ましたよ! 新カーペット。いやあ、どれだけ待ち焦がれていたことか。

    そもそもは、愛犬ジルの登場から始まります。一昨年初冬、ジルがわが家にやってきました。仔犬を飼われたことがある方はお分かりのとおり、コヤツ糞尿をあちこちにヒリ散らかす。
    これを予想して、それまで敷いていたカーペットを除去し、コタツも出すことなくわが家は一冬を越しました。
    寒かった。寒かったよぅ。

    この正月、コタツを出していた実家。ジルはお利口さんで、オシッコマットでだけ用を足し、私どもの全幅の信頼を得るに成功したのでありました。
    で、カーペット購入、コタツ登場。
    温かい、温かいよぅ。
    なお、カーペットの下には8mmのフカフカ断熱材を敷いております。

     

    / 前の記事→

    これまでの全記事→

     

    Plofile まつを



    メール

    デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。

    「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。