2022_11_29

飲みウエルカムな店

挙がってくる店は、やはり皆さんお馴染みの店となりますね。

名店 かつら

じだらくさんからお誘いを受け「かつら」へ。ここはすし屋と居酒屋のハーフ・アンド・ハーフです。人気が高くてなかなか席がとれません。お値段もメニューからは感じないほどのお得感満載。じだらくさん、ありがとう。

さしみ 1,100円。1人前でこのボリューム。

  • 住所 長崎市桜馬場1-4-2
  • 営業時間
    11:30~14:00
    17:00~22:00
  • 定休日 木曜日
  • Web

永楽苑

確かにここも安くで飲めてましたね。焼酎キープもあります。ただしイスに座れるのはカウンターのみ。

  • 住所 長崎市江戸町1-8
  • 営業時間
    11:30~13:45
    17:30~21:00 (L.O. 20:30)
    入店時間昼11:30~13:45夜17:30~19:45
    時間がまちまち
  • 定休日 日祝曜日 第3土曜日
  • Web

町中華は飲みウエルカムな店が多く、「老李 長崎駅前店」などもその例。

長崎の酒場

ここで改めて私が愛する長崎の酒場集を挙げておきますね。

 

2022_11_27

食堂飲み

原点回帰

イマドキのオシャレなレストランで飲むのは、どこか落ち着かない。デートの類で使う店はそれはそれ。で、居酒屋に向かったんですが、昨今の友人との飲みは串揚げなど大手チェーン店に走ってました。よろしくない。体を壊します。町を壊します。

落ち着いて飲め、体にもよく、懐にもやさしい。そんな志向が、食堂飲みにたどり着こうとしてをります。その第一歩が「あじ盛食堂」。

おかずで飲む

食堂飲みは、おかずで飲む。「海外に行くとそんな店に出会えなくってね」と故散人さんはいつもこぼしてました。
ん、おかずってなんだ? 調べてみる。

おかずとは、副食物。

おかずは、漢字では「御数」と書き、数を取り揃える意味で「おかず」になったとする説が有力とされる……。

出典:語源由来辞典 おかず

本来居酒屋というのはおかずで飲むところ。ですから、食堂飲みは一種の原点回帰。酒場に負けないくらいの料理があって、安くておいしい。

長崎の食堂

そもそも長崎では来客があった際、皿うどんの出前をとり、これで飲んでました。長崎は町中華の宝庫。皿うどんや野菜炒めがあれば立派に飲めます。

けれど、飲み場使いが許される食堂は多いとは言えません。無粋はいけない。歓迎されない食堂での酒は無粋です。

教えてください

食堂飲みが歓迎されるお店を知ることがキーですね。こんなお店ね↓。

教えてください、長崎市内の食堂飲みOKの店。ぜひ初めての方もメイルミー↓ まとめて記事にしたいと思います。情報が私たちみんなの宝になり、昔ながらの食堂の存続にもつながるでことしょう。

コロナ禍と食堂

長崎で暗渠上の市場が撤去され始めた時、街の臓腑が除去されるように感じたのは私だけではないでしょう。川に生息する魚にその身を休めるよどみが必要なように、私たちには街のよどみが必要です。飲みができる食堂はまさにそれ。

コロナ禍でふと気付くと私たちの町食堂が閉店してます。切なさを感じるのは、これもまた私だけではないでしょう。

 

2022_11_26

あじ盛食堂

朝8時半から飲める

「朝8時半から開いてて、日曜日も営業して、キビナゴやアジ刺身などツマミも棚に並んで、黒霧島ボトルありで、へたすりゃカクウチより安い。早朝から飲めるで」
と話題にしたあじ盛食堂。行ってきました。

地元密着

戦後からずっと続いてる店って、地元の方に愛されてる証。訪ねた時は午前中だったんですが、地元のジーちゃんたちが渋くビール飲んでました。店内もプランナーが介入したウソっぽさがなく潔い。落ち着きます。店のおねーさんの感じがいいのが、また一役買ってます。

「朝8時半から飲みたい? あ、どうぞどうぞ」って雰囲気です。

総菜屋さん価格

店内の棚に並ぶ皿に盛られたツマミ。総菜屋さん価格ですよね。

知る人ぞ知るかつての佐世保の溝口商店が思い出されました。

左がキビナゴの刺身、右が魚フライ・ねりもの・天ぷらの盛り合わせ。各360円。

他に黒霧島ボトル2,400円、生ビール550円、焼酎400円、枝豆280円、野菜炒め620円、ニラレバ炒め620円。もちろん、ちゃんぽん・皿うどん850円など町中華メニューもあり。

降り積もる年季の違い

食堂で飲んでると「ここは飲む場じゃないな」と感じるお店ってありますが、あじ盛食堂はゆったり飲むことが許される空気に満ちてます。地域の方々が降り積もらせてきた年季が違うってもんでしょう。貴重です。


  • 住所 長崎市築町4-26
  • 電話 095-822-4810
  • 営業時間 8:30~19:30 日曜営業
    不定休なので事前に電話を
  • 全席喫煙可 ランチタイム禁煙
  • Web

 

2022_11_24

韓国つらつら

冷麺

30年ぐらい前に10日間韓国を巡る機会があったって話を書いたことがありました。

この期間、美食を散々いただきましたが、中でも一番印象に残っているのが冷麺。モンのすごくおいしかった。

先日、長崎市に新大工町ファンスクエアがオープン。その中に韓国物産の店があって、インスタントの冷麺が「え? こんなに 」というほど安価に売ってありました。懐かしさもあって購入。

早速いただきました。うまい! 尋常ならぬコシ。そう、韓国では麺が嚙み切れないので、店員は運んできてすぐ冷麺を調理用ハサミで切ってましたよ。そのくらいのコシ。政界と統一教会ぐらいどうにも切れない。

日韓トンネルの国民アンケート実施を

韓国といえば、日韓トンネルって何よ? 「聞いてないよ」とはこのこと。勝手に掘りおって。

一番驚いたのは、マスコミのヌターッとした反応。朝、粗相がバレたジルみたいな反応。知ってたんだろうな~。で書いて来なかった。日韓トンネルについての是非の国民アンケートさえしようとしない。

物価が劇的に高騰し、国民生活が追い込まれている現在、マスコミが報道しているのは、やれ節電の方法だとか、やれ100均のすばらしいグッズだとか。ア・ホ・カ。違うでしょ。政府の愚策を追及するのが筋。

国民の少なからぬ方も、物価がこれだけ上がったのは、ウクライナ紛争でロシアが輸出止めしてるからとか考えている。う~ん。1ドル140円になったってことを見れば分かるでしょ?

 

2022_11_23

朝食が食べられる店 長崎市

朝、あまり摂らない。例えば昨日は、コーヒーとレンチンした柿。

こんな生活をしていると、時々無性に朝食を食べたくなる日がやってきます。
で、調べました。長崎市で朝食が食べられる店。

喫茶モーニング

開店時間と口コミの高さからリストアップするとこの2店かな。

 カフェ風天
  油木町 月/火/木/金7:00-10:00 580円
  

 喫茶あかねや
  諏訪町 8:00-11:00 500円,600円
  

ホテルバイキング

ホテルの朝食バイキングで、宿泊者以外も楽しめて、価格的にも納得できるところね。

 ホテルクオーレ レストラン「カルド」
  長崎駅前 6:30-9:30 1,200円
  

 ホテルH2
  築町 6:30-10:30 1,200円
  

 ザ・グローバルビュー長崎 ザ・キッチン
  宝町 7:00~10:00 2,000円
  

マニアックな店

 水産食堂
  長崎漁港市場 6:00-14:00

朝6時から開いてるのは、そもそも出発は市場で働く方々の食堂だったから。魚を食べるならここ。

 あじ盛食堂
  築町 8:30~20:00日曜営業

朝8時半から開いている。つまり朝酒ができ、キビナゴやアジ刺身などツマミも棚に並びバッチリな地元食堂である。

 くわ焼半蔵
  船大工町 20:00~翌3:00

朝3時まで営業する長崎市の深夜食堂。ハンバーグ定食1,000円。

24時間営業

 すき屋

 吉野屋

 ジョイフル

結局自分でつくる

そうこうと、お店を調べているうちに、結局出かけるのが面倒になって、自分でつくるんですね。

しんのじさんのコメント

キーワードは脂肪&ケトン体

食事と栄養。キーワードはズバリ、脂肪&ケトン体かと。グルコース(ブドウ糖)が最速かつ確実に、特に脳と心臓のエネルギー源になります。グルコースが枯渇すると肝臓内に備蓄したグリコーゲンが代謝されて糖がいわば「切り出され」、それも枯渇すると最終兵器として体脂肪が分解されて、その代謝産物としてケトン体が産生され、これがゆっくりと代謝されてエネルギーが作り出されます。

グルコース→肝のグリコーゲン→体脂肪で燃え出す

つまりダイエットや運動時のエネルギー代謝としては、まずグルコースが消費された後、肝(&一部、筋肉内)のグリコーゲンが、そして最後に体脂肪が燃え出すという順で消費されていく訳です。

体脂肪が燃え始めるためには少し時間がかかる(体が温まる早歩きなどでは開始後30分程度から、また運動強度に関する心拍数で言えば110-130拍/分といった範囲で、酸素を取り込みながら「ゆっくりと」脂肪が燃えていきます。

逆に言えば、脂肪は「速やかにエネルギー源となる」ことは無理で、短時間で強い筋力を発揮すべき運動などでは、摂取した糖分や、筋肉と肝臓のグリコーゲンが使われますが、持久走などでは途中から体脂肪がエネルギー源に切り替わるといった感じです。

脳のエネルギー源はグルコース

このような性質はダイエットでも重要で、糖分(炭水化物)を長い時間摂らないでいると、肝→体脂肪と緩やかにエネルギー源が切り替わります。ただしここで重要なのは「脳のエネルギー源」になり得る唯一の物質はグルコースなので、断食やダイエットで頭が強くボンヤリする時には必ず糖分を摂取しないといけません(遷延する低血糖は非可逆的な脳障害を起こす可能性があるため)。

朝食は個人の体調で。ただし持続する低血糖は脳を傷める

絶食時についてはどのようなタイミングで消費されるエネルギー源が切り替わるかは個人差が大変大きいので、朝起きてから頭が強くボンヤリさえしなければ、必ずしも炭水化物を摂る必要はないとも言えます。要は個人個人の体調や嗜好、主義に合わせてで良し、ただし持続する低血糖は脳を傷める原因になり得るので、そこだけは気を付けておく、って感じです。

 

 

 

サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

  • ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
  • 今のホームページがスマホ対応になっていない。
  • 今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

    Site まつを

    クリック!

  •