2020_10_23

オサシミ・パラダイス

(クリックで拡大)

見よ、この激安価格と品質とボリューム! これが島原一押しの鮮魚パラダイス、江戸屋。

  • 江戸屋 長崎県島原市大手原町8ー1
  • 江戸屋の回し者じゃありません(笑)。

    今回の島原周遊は松永氏と。氏は無類のサシミ愛好家で、なおかつスーパーのマネジメントにも関わっていたこともあるのですが、その氏をして、外飲みでなく、旭亭宅飲みすると決断させるほどのインパクト。

    私たちはアジとヒラメのサシミ各々298円と、メスのカニ1,000円と、揚げ天(これがうまい)を購入し、日本酒を楽しみました。カニの甲羅に酒を注いでね。島原で飲むときはこれイイネ。

    間違いなく穴場です。

     

     2020_10_22

    仁田峠から


    雲仙・仁田峠から眺望する島原は、箱庭のように見えます。
    さえぎるものなく、どこまでも広がるパノラマ。愛おしく美しいわが故郷。
    心洗われる風景に、ぼうっとたたずみ時を忘れます。

    そこに歳のいった男女集団が大声で話しながらやって、オバちゃんがヒャーヒャヒャヒャヒャと高音で笑う。これさえなければと思うわが故郷。

     

     2020_10_21

    感性のフェイズの移動


    子細なことで傷つくことはずいぶんなくなりました。楽でいいですね。
    私たちは全世界の支配者ではないわけで、なるようになるという心のあそびは持っていないとね。

    その一方、感性の摩耗ってやつが進んでるんじゃないかなと心配もしていたんですが、南島原をドライブして巡り合った風景に感動している自分を見つけほっと一息。あ、感性のフェイズは変わっていくんだな。

    雲一つない紺碧の空。それに続く輝く海。そして大地。素晴らしい。
    かつてこの地を走行していたころは、ただ退屈なコースであった風景が今は心に染みます。

     

     2020_10_20

    ソーメンが尽きた日


    こんな日が来るとは思っていませんでした。
    わが家からソーメンの在庫がなくなりました。にわかには信じがたい事実。
    出身は島原。生まれてこの方、わが家の台所の片隅には常にソーメンのストックがありました。夏場に限らず、消費しきれなかったそれが年越しすることは常でした。

    そんなソーメンの在庫が尽きました。

    島原でソーメンは実物貨幣の役割をはたすモノとして存在します。中元・歳暮の品として流通し、なおかつ自宅に余るものはノシを張り替え他所へと回す。こうして一種の貨幣として還流する。それが島原におけるソーメンの位置付けです。それが故に各家庭ではソーメン・ストックの存在は常識。

    ソーメンマニアの藤井フミヤが押すフミヤスタイルを知って以来、近年マイブームとなっていたソーメン。

    ソーメンの在庫が尽きたという事実は、シマバリアンとしての血の濃さを失うようで改めて己を振り返る私。


    • しんのじさんのコメント

      高校生まで海の田舎に過ごしたので、貨幣代わりとまではいかないけれど、ご近所から海産物を盛んにいただいた思い出は強烈に残っています。当時の記憶(もう40年そこらの昔か……)を思い起こすと、最近の近海モノ(特に釣り物)の魚はずいぶんと魚体が小さくなったように思います。特にイッサキとイトヨリ。素人の釣具が魚探やルアーや電動リールやとドンドン進歩しているのも無縁でなさそうに思えます。

      ところでそうめん、本当にあると助かります。僕もバリ硬派です。マイナス1分位のバリバリに茹で上げます。ここ数年のマイブーム(死語かな(笑))は山形風に「サバ水煮缶」をほぐして投入、大量のネギ、シソなどと一緒に食べる冷たいの。タンパク質を摂りたくて、豚スライスの気分までいかない時、サバ缶がピッタリ。本当にいくらでも食べられてしまうのが恐ろしいのです。昔は5玉まで。数年ごとにちょっとずつ減って、今は3玉を上限に設定していますが……(笑)。

     

     2020_10_19

    狂言面を彩色


    姫猿という狂言面を彩色しました。
    狂言「猿聟(サルムコ)」に登場する雌猿の面です。

    日本の伝統的造形は極めてグラフィック。西洋絵画の歴史が、浮世絵との出会いでモダンなものに流れを変えた程のインパクトを持っていたことも分かるように、世界に冠たるデザイン王国が日本。クールジャパンとして世界を席巻しているアニメの線も古来からの伝統的なものです。日本の家紋と西洋のエンブレムを比較すれば、いかに日本のグラフィカル・センスが卓越しているか分かります。狂言面も優れたものが多いんですよね。

    素材は石粉ねんど。これは一部の造形作家も使っている方がいる素材。それでいて100均で入手できます。着色はアクリル絵具で行いました。このままでは耐水性がありませんので。サンディングシーラー、ウレタンニス、マホガニーブラウンの着色剤を少々加えたウレタンニス、さらにウレタンニスと塗り重ねました。

  • 同作品の造形の際の記録はこちら
  •  

     2020_10_18

    新しい命


    姪に赤ちゃんが生まれました。
    愛と寵愛の光で咲こうとしている想像力のつぼみ。

    すぐに会いにいくことは控えているという歴史的記録も残しておきます。コロナ禍はこれまでの様々な生活様式に変更を迫ってきます。

     

     2020_10_17

    和服


    どうにか着ることができる歳になってきました。義父からのお下がりです。

    和装でくつろぐイメージとして頭に浮かぶのは、サザエさんちの波平お父さん。設定年齢はなんと54歳。1950年頃の東京を舞台にしてて、当時のサラリーマン定年は55歳。平均寿命が58歳。ホント私たちの世代は若くなりました。バリバリキャンプ楽しんでますからね。


    ここで問題です。上は手塚治虫が昭和の時代に描いた作品です。この女性の年齢は何歳として設定されているでしょう?


      答えは60歳。還暦の祝いのようすを描いたものです。1950年当時、女性の平均寿命は61.5歳だったのですから、間違った描写ではないんですね。

     

     2020_10_16

    散水チューブ


    散水チューブの敷設を修正しました。

    旭亭の庭は水道栓を開けると、庭全面に散水されるようにしています。チューブ修正は実際に水を噴き出させながら調整しますので、作業ではいつも全身濡れネズミに。

    夏場はチャドクガの毛虫が怖くてチューブを巡らせた庭の裏手には入っていけなかったんです。チャドクガはツバキに発生し、毒毛が激しい皮膚炎を起こすヤッカイなやつ。毛虫の発生時期は4月~6月、8月~9月。対策:4月、8月に薬剤散布

    烈火の8月30日間、そして今回。どうして住み込み庭師的な作業をしてまで、庭を整備するのだろうという疑問が頭をもたげます。剪定してもまた樹は伸びるのに。雑草は生えるのに。母が見ていた風景を残したいのかもしれません。徐々に記憶がおぼろになっている母をまた連れてきて見せてあげたいのかもしれません。

     

     2020_10_15

    カニ


    島原の幸。
    甲羅に日本酒を注ぎ卵を溶かしていただきます。極ウマパラダイス。
    メスのカニ2杯で2,000円しません。
    私が購入するのは江戸屋で。鮮魚部門の充実が地元では評判の隠れた名スーパー。例えば地元でとれた刺身が激安で売られていたりします。そんなところで飄々と高級食材が売られている島原。

    江戸屋 長崎県島原市大手原町8ー1

    • しんのじさんのコメント
      ワタリガニ、いいですねえ。
      石蟹(ワタリガニ科で、少し小型で甲羅が石のように硬く、甲羅の形がやや正方形に近い蟹、格安だが味は濃い)のブツ切りを放り込んだ味噌汁なんか最高ですね。
      根気よく毟れば何とか身も食べられますし、まつをさんの愛する島原味噌とも良く合うこと必定でしょう。

     

     2020_10_14

    地の果て

    店選びには少なからず自信があるんですがね、チョンボしました。
    まるで地の果てに敷設されたU字溝の底で飲んでいるようでした。
    遠路はるばるタクシーを飛ばして訪れた寝静まる村落。そこに小さな灯をともした店。


    散人さん「……この店はどうやって見つけましたか」
    まつを「ネットであります」
    散人さん「タクシーを呼びまする」

    カウンターに座ればそれなりに居心地のいい店だったと思います。けれどそこには先客。カウンターイスが置かれた床。そこに座り、客の足を見ながら飲むことになったんですね。さすがに。
    散人さん、申し訳ありませんでした。

     

     2020_10_13

    極旨ハンバーガー


    島原の「A Burgers Cafe」。極旨。テイクアウト専門店で私が訪ねた時も客は絶えませんでした。島原工業高校の近く。
    ハンバーガーは世界で最も下品な食べ方しかできない料理だな、うん。アメリカに生まれなくてよかった。


    • しんのじさんのコメント
      勝手な想像をしてみました。

      左はハンバーガー、右は照り焼きバーガー(ということは右のは奥様用だ)。パティは脂の少ない上質な外産牛(国産赤身なら1個600円になるかな)。鶏もパティも炭焼き。バンズは黄身かバターで艶を付けたものだから、大抵このタイプのバンズは少し甘めに作られていることが多いけど、どうかな。全粒粉のざっくりしたものではなく、少しきめ細かいタイプじゃないかな。
      いずれのバーガーも、しっかりとした力強いレタスが敷かれているのが頼もしい。島原産かな。具のしつこさに良いカウンターパンチを効かせていそう。ハンバーガーの方のケチャップは甘すぎない、トマトの味が残ったもの。マスタードは酢がしっかり効いた、さっぱりしたもの。照り焼きの鶏は甘すぎないタレが、炭の香りにしっかりとマッチしてるはず。

      勝手な邪推をしてみました。気が付けば、こうならいいなという僕の希望が濃く投影されたものになっちゃったなあ(笑)。でも、ハンバーガーは食べなくなってもう何年経つかわかりませんが。潰しながら食べなくちゃいけなくて、それでも服を汚す食べ物なところが致命的ですよね(笑)。


    • まつをのコメント
      左はエーバーガーと名付けられ540円、右はチェダーチーズバーガーで640円。すべて地産地消を謳っています。おっしゃる通り、バンズはきめの細かいタイプ、ケチャップ感は薄かったですね。本当においしい一品でした。

    • 散人さんのコメント
      エーバーガーは拙宅の直ぐ近くです。
      島原のビバリーヒルズと云われている(散人だけ)地域です。

     

     2020_10_12

    ジル寝る


    お前はなんでそこで寝る。
    店から購入したカチワリ氷と、水道からの水で、酒を割って飲む。そんなことができる島原。
    ソファーに寝転がっている私の脚の間に入り込んできて眠るジル。

     

     2020_10_11

    島原の庭木


    里山から採取してきたヤブランを庭に植え付けました。枯れ木を根こぎした跡です。 すぐにでも植えたかったのですが、烈火を避けてこの時期に。

     

     2020_10_10

    島原の庭木


    10月10日は晴れの特異日。晴れの確立が極めて高く、今後1週間も晴日が続くようです。

    8月の一か月、烈火日に水やりを続けていた効果が出たようです。弱っていた島原の庭木が、秋になって息を吹き返しています。よかった。
    昨年枯れた樹の後にはポプラを挿し木していましたが、これも根付きました。ポプラは可憐な葉と細い枝がリリカルな美しい樹木。和風庭園と合いそうと踏んでますが、どうなるでしょうね。

     

     2020_10_09

    不況時に資本は集中する

    このことは歴史が教えてくれる事実。
    BBC「世界の富豪の資産、コロナ禍で27%増 過去最高」
    https://www.bbc.com/japanese/54458962

     

     2020_10_08

    世界遺産2

    先日の世界遺産クイズにするどい解答をいただきありがとうございました。恐れ入りました。

    そこで出題です。これらの世界遺産がどこか、お分かりになりますか? 都市名でお答えください。
    前回より難問です。答えられたらすごいと思います。


    前回と同じくガンガン検索かけて調べてみてください。多少なことではたどり着けない難問だと思って出題させていただいております。


    • しんのじさんのコメント
      ⑦はドゥブロドヴニク(アドリア海に見える)、⑧はフィレンツェですよね。

    • thomさんのコメント
      ⑤ プラハ 黄金の小径、⑥ スペインのトレド エルグレコ博物館、⑦ クロアチア ドゥーブロヴニクコンボ、⑧ イタリア フィレンツェ サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
      一つも知らなかったのでググりました。所要時間3分。

    • ma-macさんのコメント
      久しぶりに掲示板を覗かせてもらいにまいりました。
      ⑤チェコ・プラハの黄金小路
      青色の建物は、チェコの作家「フランツ・カフカ」が仕事場として一年ほど利用していて有名らしいですね!
      ⑥スペイン・トレドのエル・グレコ美術館
      ⑦クロアチア・ドゥブロヴニク
      ⑧イタリア・フィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
      でしょうか?
      だいぶググりました~!

     

     2020_10_07

    焼き芋


    いつものファイヤーピットで焚火。
    上に置いたダッジオーブンで焼き芋づくりです。
    アルミホイルで包んで、ダッチオーブンに並べる。フタをして、中火で約40分加熱。約15分程そのままおく。
    おいしい。

    普段の夕食をバルコニーに持ち出すだけで、こんなに豊かな気持ちに。

     

     2020_10_06

    クリストファー・ノーラン


    クリストファー・ノーラン。敬愛する映画監督の一人。
    読書家で知られ、インターネット嫌い。フイルム撮影を行い、CG嫌い。スマホ嫌いで、『TENET テネット』でも携帯電話しか出てきません。
    新作『TENET テネット』をウキウキと観にいってきました。
    ついていけまっせんでした。これ軽くついていける人って何パーセントぐらいいるんでしょね。まいりました。
    ついでですが、人間離れしたプロポーションの女優が出演しています。そう、人間というよりも別種の生物的。

     

     2020_10_05

    焚火


    焚火。いい季節です。
    夜景もきれい。この時期はまだ虫の音も聞こえてきます。
    焚き火の炎の揺らぎを見ていると、時間を忘れます。どうしてなんでしょうね。

     

     2020_10_04

    世界遺産

    石見銀山は世界遺産。
    車内で過ごす時間が長かったので、世界遺産、古代出雲と大和の関係から、出会った地名の由来まで、助手席でスマホを使って調べては語り合う旅。

    出題です。これらがどこか、お分かりになりますか?
    私の頭に名称が出てこなかった世界遺産です。



    • グッドマンさんのコメント
      すぐに分かったのは①のポタラ宮。④は,確か南米のピラミッドだったと思い検索したところ,メキシコ,マヤ文明の遺跡でした。②はトルコのカッパドキアかと思いましたが,写真で確認したところ,全然違いました。③はアフリカ大陸ではなかったかと。実際にそれを作っている(修復している)映像を見たことがあるような気がします。

    • 捨老さんのコメント
      ②はヨルダンの古代都市「ぺトラ」の遺跡。③は西アフリカ(マリ)のイスラム建築ジェンネのモスク。
      ラサは今では西寧からの青蔵鉄道の終着駅。列車は標高5,000メートル以上の高地を走るため、飛行機と同じような密閉式で酸素吸入の設備がついた最新式です(笑)。

     

     2020_10_03

    中国自動車道ガラガラ


    高速道路の中国自動車道をはじめて走りました。その惨状に驚きました。

    ガラガラ。走行中、自車の前後に車が見えないことがほとんど。
    パーキングエリア店舗も経営が成り立たず自動販売機化が進み、ガソリンスタンドがつぶれているところも。
    私たちが利用した区間は片側2車線で1日の利用台数2,000台とか。それでいて、いたるところ1車線分が工事中。どうするんでしょう?

    「中国自動車道 ガラガラ」で検索すると、こんな言葉が並びます。

      中国自動車道 いらない
      中国自動車道 失敗
      中国道 R200
      中国道 60キロ制限


    • thomさんのコメント
      中国自動車道は山陽自動車道ができるまでは立派な大動脈でした。国道2号のあちこちは片側1車線で昼も夜も渋滞頻発でしたから。
      私は今でも関西以遠まで行く時は山陽道を避けます。理由は、中国道が馬鹿が少なく、変化に富んだ道で眠くなりにくいから。
      とは言え、山陰道が全線開通したらどうなるんでしょうね。今以上にしっかりメンテナンスしてほしいものですが。

     

     2020_10_02

    旅のチョンボ

    酒飲みは、昼餉を蕎麦に軽くうち済ませて、夜に備ふ。 (・∀・)

    一夜目は、旅籠の料理に舌鼓打ちて、たまへし地酒が「月山」「石見銀山」。
    二夜目は、木賃館に泊まりて別所にて食わんと欲す。見つけ出だししが「朔屋(さくや)」。

    「まつを氏、明日の店に予約入れとありきべきぞ」
    「あい つかまつった~♪ (´・ω・)」


    かくて又の日、松江に店の開かるを待つの図。
    夕刻六時、店の者 暖簾を出だす。
    「ご予約されし方なりや?」
    「いかにも」
    「名は?」
    「まつをなり。二人、六時からと」
    「むむ、入りたらねど」
    「きよきよ‼ (。◕ˇдˇ​◕。)/」

    記録残れる先に電話入る。
    「朔屋にて候」
    「よべ予約を入れたりし まつをと申せど (^^;)」
    「お待ち申し上げ候」
    「松江より電話せれど、そなたは (ˉ ˘ ˉ; )」
    「(打ち笑ふ)、筑紫にて候。松江の朔屋かな」
    「げに申し訳なし。ワープえぬぞ m(_ _)m」
    「かしこまりて候。案ずることなかれ」
    事なきを得けり。いつの日か筑紫国春日に飲みに行かむ。

     

     2020_10_01

    天空の城 月山富田城・国宝 松江城


    2泊3日の今回の旅。相棒の松永氏に感謝。車の運転はすべて彼がやってくれました。交代しようかと申し出ましたが、毎回「大丈夫です」と。

    彼との出会いは30年前、偶然同じアパートの隣人となったことに始まります。バイクを磨く松永氏がいて、飲まないかと私が誘いました。お互い独身。私の小説『昔走った稜線』のバイクシーンのモデルは彼で、書いているように若い頃の氏は猛烈にモテてました。

    豊かな日本史の見識。長い付き合いの彼ですが、知らないこともあるもので、今回発覚したのはそれ。無類の城好きでもあることも発覚。月山富田城と松江城は氏のリクエストによります。

    月山富田城(がっさんとだじょう)


    https://yasugi-kankou.com/see/676/

    「天空の城」とも呼ばれた難攻不落の山城。険しい地形の城跡を松永氏は一人山頂まで。40分かけて帰ってきたときには、 彼の膝は笑っていました(笑)。マニアだなあ。島根県安来市。

    松江城


    ストリートビューで天守閣の中に入っていけます。

    国宝。かつての天守閣が現存。重厚さ、武骨さに満ちた城です。特大の柱に走る亀裂に歴史のすごみ。松江は美しい街です。


    ストリートビューで旧邸宅の室内に入っていけます。

    松江城の周辺にある小泉八雲の旧邸宅。庭の美しい瀟洒な佇まい。


    こちらは島根県立美術館前にある宍道湖うさぎ。


    すぐ近くに設けられた宍道湖夕日スポット。
    おしゃれ。宍道湖(しんじこ)に沈む夕日を時を忘れて眺められるように設えられた、ガラスとスチールの造形施設です。


    今回の旅の記録はGoogleのストリートビューを使って、追体験しやすいように書いてみました。足立美術館、石見銀山をはじめ各訪問地の内部に入っていけるようにしています。スポットの理解ができますよ。

     

     

     


     

     

    Plofile まつを


    デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

    「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。