パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

S i t e ま つ を


1998年7月



1998_07_30

会議

もし貴方が会議の主催者ならば,どこで会議をするか?
私はキャンプ場でする。
というわけで九重に出かけた。会議である。


ただいま会議中。
キャンプ場に向かう車中。
持ち寄った資料を検討。
検案が一つ仕上がる。


近くの温泉によって一風呂。


次の検案である。考える,考える。処理するのではなく,創造することこそ肝要。

天気予報では降水確率50㌫。掲示板に次のように書き込み,メンバーに問う。
Q:冒険はお好きですか?
メンバーの答は,全員Yes。よし行こう(笑),となった次第。素晴らしいメンバーだ。
行き先は,泉水グリーンキャンプ場。露天風呂付きの広々としたキャンプ場である。


会議が形式的なものでは,何も生まれない。
建前や,手続き論や,こちら側の都合で構築されるものに,何が期待できると言うのか。
そしてそういった会議がいかに多いことか。
会議は創造するためにこそある。生み出す。そのために必要な柔らか頭。
そしてそのために本音で語れる場が必要だと思う。
十分な資料を用意する。ネクタイをとる。車に乗る。
α波を誘導するというエンジン音,流れゆく風景。そして創造することを目指す。
創造のない会議は,緩やかで静かな死に向かう集団の行うことである。

昼を過ぎた頃,雨が音を立てて降り始めた。やれやれ。
これでは無理だ。キャンプをあきらめ,屋根付きの部屋を取る。
紹介しておこう。九重で最も安く泊まろうと思ったら,ここはその候補にはいる。


九酔渓温泉
tel:09737-9-2144
桂茶屋をご存じないだろうか。
この茶屋の裏に件の部屋がある。一部屋一万円で何人泊まってもよい(実際は四人までか)。コタツ,ガス,水道,食器,冷蔵庫,布団など,着替えと食料以外全てあり。ただし申し込みの電話をすると,新しい二万円タイプを勧められるので,「桂茶屋の裏にある湯治宿のほうを」と言うこと。


これがその湯治宿。
ここでもしばらく会議を続ける。


断崖に露天風呂。


終わった。よし食事だ。天ぷらである。
途中で停電した。ランタンを炊いて食事続行。しばらくして復旧。
夜はとっぷりと更けた。いろいろな話をした。スポーツ,文学,教育,文明……。
そして露天風呂に浸かり眠る。会議は楽し。

 

1998_07_27

スイス女性には参政権がない

前回の続き。欧(ヨーロッパ)もまた様々です。例えばスイスでは未だに女性には参政権がありません。

 

1998_07_26

欧と米は違う

よく「欧米ではこうなっとる」という論法を目にします。これが困ったしろものです。欧(ヨーロッパ)と,米(アメリカ)は違います。その例を書きましょう。次のようなイメージができてませんか?

  1. 「欧米では消費税が高い」……実はそうではありません。欧で高く,米で低い。
  2. 「欧米では健康保険が整っている」……実はそうではありません。欧で高く,米で低い。
  3. 「欧米では年功序列型賃金・終身雇用制ではない」……実はそうではありません。ホワイトカラーについては,欧では年功序列型賃金・終身雇用制となっており,米でそうなってないのみ。

挙げればキリがありません。一口にいって,アメリカは自由主義なのです。稼げない者は落ちていく。つまり貧富の差は広がりやすい。一部の者に富が集中すると,犯罪が増え,社会が不安定になるという説があります。

 

1998_07_25

食料と為替レートは戦略兵器

現代社会において,食料と為替レートは戦略兵器のようにつかわれているようです。久米宏が経済再建にあたる某要人Aを批判していますが,困ったものです。久米氏の近視眼は,一人自身の近視眼に終わるものではありません。ポリティカルな詰め将棋が彼には見えてないのでしょうか。分かっていてその全容を口に出来ぬA氏の哀しみたるや,いかばかりのものかと思います。

 

1998_07_24

滅亡前のローマ帝国のような状態

「最近のテレビは,グルメと温泉しかやっとらん」と70代の義父が,ポツリ。するどいですねえ。

古代ローマ帝国の爛熟期,ローマ市民はグルメと,国立の巨大入浴施設にはまりこんでいました。これは有名な話ですが,彼らはカウチに寝そべって宴会を開き,食べきれなくなると鳥の羽で喉を刺激して吐き,また食らい飲む。今に日本人も寝そべって宴会するようになるんじゃないですかね。国立入浴施設は,サウナありライブラリありで,いわば現在の温泉センターをもっとグレードアップしたものでした。そう言えば拳闘士たちの死を賭けたショーも楽しんでましたね。これが現代で言えばK-1にあたりましょうか。

ではローマ帝国はどうして亡びたか。簡単に言いますと,祖先返りしたのです。このあたりは他の国とはレベルが違います。なんといいましょうか,国家が滅んだというよりも,一世界が消え入ったという感じです。興味がある人は調べてみて下さい。

 

1998_07_19

セミはノイローゼか

セミがうるさい。連中はあんなに大声で鳴き続け,ノイローゼにならぬのか,他人事ながら心配です。泣くから悲しくなる,といったのはゲシュタルト心理学。セミは泣くことによってノイローゼへと猪突猛進してるのではないでしょうか。南無。無常ですな。

 

1998_07_14

雲仙岳噴火災害の頃の我が家


7月5日にアップした雲仙災害の写真に関して,何人かの方からご感想のメールを頂きました。ご丁寧に有り難うございました。本日は雲仙岳噴火災害の頃の我が家の様子をアップします。こんな状態だったのです。しかし我が家がこうむった被害は,当地では微細なレベルだったことも付け加えておきます。

 

1998_07_13

中学2年生の時の模写


この前実家に帰った際,なくしたとばかり思っていた絵が出てきました。それは私が中学2年生の時,クールベの『波』を模写したものでした。なんというか,こまめに描いとります,いや感心感心。

 

1998_07_10

「現代」とは言葉が同じ感覚で伝わる範囲

「現代」とはどこまでをいうか。これについて阿部謹也氏が面白いことを書いてらっしゃいました。現代とは,言葉が同じ感覚で伝わる時代範囲を言う。そんなことです。つまり明治期の書物の中には,すでに現代訳しなければならない書物も出てきていますので,現代ではないというわけです。なるほど,簡単なのですが私には諮詢に富んだ言葉。

 

1998_07_05

雲仙岳噴火災害の跡地

久々に雲仙岳噴火災害の跡地に行って来ました。

 

1998_07_04

ゴジラはUSAの核実験の被災者

常識となってますが,ゴジラはUSAの核実験の被災者として登場したわけで,あの皮膚はケロイド,吐くのは放射能です。

ニューヨークタイムズが,ゴジラに大蔵省を襲わせればよろしいというジョークを書いています。う~ん。ジョークにしてもUSAの考え方を象徴してますなあ。ゴジラの存在を曲解させた上で,その国を批判する。USA版ゴジラはフランス核実験によって出現することになっっているらしいですね。う~ん。で,日本の中枢部を襲わせる?う~ん。そういえばUSA要人の訪問後,すぐに我が国は大胆な改革方針を打ち出しましたね。

 

 



 


サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

オススメ

これまでの記事

掲示板

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

メール

リンク

 

Profile まつを

Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。