パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

S i t e ま つ を


2000年1月



2000_01_24

中国にとられたパナマ運河

パナマ運河。これが中国に乗っ取られたと問題になっています。

パナマ運河は北アメリカと南アメリカを横断した運河です。全長約64キロ。アメリカが土地を買い事業を行い、開通となったのは1913年のことでした。
このパナマ運河が1999年12月31日正午、アメリカからパナマに返還されました。このことでアメリカの一部勢力が怒ってるんです。「中国政府がパナマ運河をのっとるかもしれない」と言ってるんですね。

ハッチソン・ワンポア会社という会社がありまして,ここが返還を前に1997年に運河の太平洋側、大西洋側の港の運営権契約を手に入れたんです。で,この会社,香港に拠点があるんですね。アメリカの会社、ベクテル社はハッチソン社との入札競争に負けたんです。それでアメリカの一部勢力が怒った。この勢力の言うとおりなのならば,核ミサイルをキューバに配置されかかったキューバ危機以来の大問題ですね。みなさんはどう思われますか? 私は「分からない」としか書けません。あまりに情報が少ない。こうなると情報戦です。以下知り得た情報の一部を書いておきますが,どの情報にどれだけデバイスがかかっているかもわからないんです。

ハッチソン社が、中国の手先と考えるオブザーバーは少ないようで,評価も世界トップクラスらしい。運河管理委員会も、「ハッチソン社の港を出入りする船の時間管理をするのは我々です」と言っている。新条約では,アメリカ海軍の艦船は,運河を通過するために待機している船の,列の先頭に出る特権は持っているとのこと。

 



 


サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

オススメ

これまでの記事

掲示板

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

メール

リンク

 

Profile まつを

Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。