パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

S i t e ま つ を


2007年12月



2007_12_29

『AGASA』5号

長崎の幻の(笑)エッセイマガジン『AGASA』5号が発刊されました。1年ぶりです。よかったよかった。私も1号から拙文を寄せさせていただいています。定価500円。市内の本屋でも売ることになるとおもいますが、「カフェ豆ちゃん」で買ってコーヒーでも飲みながら一時を読書で過ごすってのも粋なものです。で、本日「カフェ豆ちゃん」でAGASA5号の発行記念パーティがあります。誰でも参加できます。各種酒類オール500円。チャージ料なし。私も極力行きますので、遊びに来られませんか?私を見かけたら気軽に声かけてください。楽しい年の瀬にしましょう。

2007_12_28

原さんからクラウンもらいました

デザイナの原さーん、ありがとうざいました。家族一同、友人各位、みなみな驚愕いたしておりました。合掌。ホント不思議。みなさん、写真のクラウン掴んでも掴めないんです。

2007_12_27

佐世保銃乱射事件

佐世保銃乱射事件で話題になった銃の先台を警察に預ける制度。あれは長崎県独自の先進的な制度だったって知ってましたか?私は全国的な制度だと思ってました。マスメディアの伝え方でこんなに印象がかわります。

2007_12_23

映画『ルイスと未来泥棒』

トモスケに付き合って映画『ルイスと未来泥棒』。観てびっくり。なんたるドライブ感、ウイット、そして練り込まれたプロット立てとツボの押さえ方。脱帽。こんな高品質の漫画もってこられちゃお手上げです。アメリカン・ぐろーばる・スタンダードの広報先鋒と心得てはいても、持ってかれます。私は一人でも観にいくな。マルモトさん、いいですよ、この作品。

2007_12_22

吉兆3代目の一文

吉兆。今回の問題が発覚したのが10月28日。同月の文藝春秋に、吉兆3代目の徳岡邦夫の一文が、さつま白波のコマーシャルとして掲載されています。一部転載します。

    「茶の世界を通じて、創業当時から錚々たる顔ぶれの財界人から情報や資金の援助を受けていた湯木貞一は、何をもってそれに応えていたのだろうか。それは料理やもてなしを通じて、まさに命を懸けて相手に応えようとする気持ちのやりとりではなかっただろうか。……吉兆が70年間続いてきた核心もそこにある。決して忘れてはならない、創業の思いである。」
忘れていたんですなあ。終身雇用制ではなくなって内部情報が情けないほど漏れますね。

2007_12_21

寝込んでました

本日の移動距離4m。寝込んでました。さすがに疲れが溜まっていたかな。でももう大丈夫。週末はゆっくり養生しようと思います。

2007_12_18

福江

早朝から五島は福江へ。それいけオレ。師走です。

『カステラ文學館これくしょん』

……帰宅しました。考えてみますと、この3日間の早朝は続けて高速艇に乗ってました。で、移動中に黒糖庵氏がデザインを担当した本『カステラ文學館これくしょん』を満喫。う~い。明治から昭和の文豪の薫り高い魅力に触れることが出来るいい1冊でした。

ホールインワン

島原の豪傑 散人氏から電話。「ホールインワン出しましてね。ワハハハハ。50万ぐらい吹っ飛びました。ワハハハハ」 「ワハハハハ」 「正月は帰ってきますか。ワハハハハ」 「帰ってきます。ワハハハハ」

2007_12_17

上五島

白波を立て、上五島におじゃましてきました。お世話になった方々に合掌。

夜、漫画家のマルモトイヅミさん岡野雄一さんと。また楽しい一時。

2007_12_15

なぜ原油値段は高騰しているの

みなさん、石油の値段が上がって大変な年末をお過ごしのことと思います。なのに「なぜ原油値段は高騰しているの?」と聞かれて、ぽんと答えられる人が少ない。なぜか。それはマスコミがきちんと書かないから。

こりゃおかしいなと思って「なぜ原油値段は高騰しているの?」で検索してみました。すると、やっぱり。投機的な要因が出現してくる。マスコミは叩きやすい相手は叩くんですが、でかいのは書かないからなあ。CMスポンサーだから。

このことを一面で誰にでもわかりやすくはっきりと書いて私たちに伝えてくれるような新聞があれば、私はその新聞を購入します。

2007_12_14

バーボン

今まで出会った中で最高においしいバーボン。今夜、「諏訪之森」で。すばらしい芳香。多面性のある奥深いきらめき。一方、どんな作品に出ても同じキャラクタしか演じられぬ芸幅の狭い女優といって頭に浮かぶのは小西真奈美。なんでしょね、この例。

2007_12_13

座談会そして冊子づくり

座談会。PTA役員のみなさんと楽しませていただきました。

ちょっとした冊子づくりに凝ってます。初期段階でターゲットを絞り込み、コンテンツやデザインを決定していくんですが、今回冊子の読者として出てきた像は39才の主婦(ダンナが41才で長男小6の長女小3)。彼女の生きてきた時代をチェックしてみますと、この世代って大学時代に『東京ラブストーリー』や『ノルウェーの森』に浸かった世代なんですね。つい最近のように感じるんですが、そーかー。そんな方々が社会の中堅なんですねぇ。私たちは発展途上国の大学生。今39才の世代の方は先進国の大学生。そんな違いがあります。

※そうそう、年賀状ご心配に及びません。←本気で言ってますからね、ホント。昔からやりとりしている方々はさておき、本当に年賀状は勘弁してください(半泣)。重い画像を添付した年賀メールも勘弁してください。もしお心遣いがいただけるようでしたら、こちらのBBSに書き込みなどいただけば幸いです。わがまま申してすみません。合掌。

2007_12_12

年金帳簿の完全な追跡が出来ない

舛添要一厚生労働大臣が、年金帳簿の完全な追跡が出来ないと発表。国家の意義なし。即刻、記載変更当時の関係者を民事及び刑事訴追すべきである。

2007_12_11

息子と一句

今、トモスケが横にいます。
私「なんか一句ひねって」
トモスケ「クリスマス 何がくるかは お楽しみ」
私「じゃあ12月って言えばなに?」
トモスケ「雪」
私「じゃあ、雪の句を一つ」
トモスケ「うまそうな 雪がふうわり ふわりかな」
私「だれの句?」
トモスケ、絵本を採りに走る。「あった。小林一茶」 私「ふぅ~ん。どう思う?」 トモスケ「雪食べてんの?」

2007_12_10

ゾマホン

ゾマホンのサイトを覗いてみました。「マスコミは罪人である!日本含め、欧米諸国のマスコミは嘘つきである。……」続きはこちらで。

告白すると私は『ゾマホンのほん』を読んで嗚咽した経験を持っています。もう一つ、岸辺四郎のブログも読ませてもらいました。今この人に講演をしてもらったら、これはこれで人生の凄みを知ることになるのではないでしょうか。企画してみましょうか……。

2007_12_09

鹿町

鹿町訪問。空気よろし。石田光洋さんのご厚情に感謝。

2007_12_08

長崎の水道水

思い違いならいいのですが、渇水期の現在、長崎の水道水がドロンとしていると感じるのは私だけ? 底水が出てきてるんだろうと思ってるのですが。

写真は諏訪之杜。今夕出会った紳士と囲炉裏を囲んで一杯の図。

2007_12_07

総菜BARくりや

NBCラジオの「ラジドン」でおなじみのクリユミさんの店「総菜BARくりや」がプレオープン。清潔感溢れ料理がうまい。カメラを向けると過剰サービスを提供する皆の衆。オープンは10日から。少し落ち着いてからまた。その後、やぶちゃんと味菜。住吉方面へのクルージングを約して解散。絵に描いたようなHANA金。また土日ないしね。慣れちまったけど。

2007_12_06

ながさき県民大学 講座案内

岡野さんが表紙を担当する『ながさき県民大学 講座案内 12月号』が発行されました。

2007_12_05

味菜

急に寒くなり、訳もなく寂しさ募って街を徘徊。「長崎酒場穴場指南」にアップしている店をふらりと。味菜の甘ダイの唐揚げ、300円也。激安にして美味。その後、シングルモルトを楽しみに諏訪之杜へ。自分で言うのも何ですが、穴場指南に掲載している店は並じゃないです。

2007_12_04

カステラ文學館博覧会

カフェ豆ちゃん12月の企画展「カステラ文學館博覧会」が始まりました。写真は展示準備をしている店主。企画展の内容はこちらで。

2007_12_03

やたら多い移動時間

まその、若い衆に会うと、この子によくお似合いの異性をどこかで知ってるんだけどなと思うんですが、でもいつもそれが誰なのか思い出せないでいます。やれやれ。

さて、東奔西走した10月・11月を越え、少し生活感のあるリズムが帰ってきました。やたら多い移動時間の中で、私は何をしてたんでしょうね。けれど、行った先ではなにかしらそれぞれ学ばせていただきました。合掌。

2007_12_02

玄関をリフォーム

カバノンⅡの玄関をリフォーム中。手探り状態。厚い石を敷く。

2007_12_01

風に吹かれて豆腐屋ジョニー

最近、マイブームの『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』。だいぶ前から「なんだこれは?」と思っていたんですが、食べてみると、これがまた美味い。こんな話題久しぶりですね。

 



 


サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

オススメ

これまでの記事

掲示板

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

メール

リンク

 

Profile まつを

Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。