LOG

 

←来月 / 先月→

 


  • 2012_02_04
    恵方巻
    恵方巻は、近年コンビニ等が中心に仕掛け成功しつつあるビジネスモデルです。1月後半から2月は正月疲れから売り上げが落ちる。これを補うのが目的。

    上は2月2日長崎新聞の記事。共時性をもって震える心を感じうれしく思います。合掌。これはたびたび書いていることですが、地方の報道関係者の存在はありがたいと思っています。このことで一等に頭に浮かぶのは、雲仙災害時のこと。大噴火災害が発生した際の報道は、見事にキー局の報道のあり方とコントラストを見せてくれ、地元と供に泣いていただいたのです。生涯忘れることがないでしょう。



  • 2012_02_05
    携帯電話が壊れた


    5年使った。バイブのところが疲労し割れました。今のところガムテープで止めて使っています。近日買い替えでしょう。ネットにはアクセスできなくていい。デスクから離れている時は、ネットから離れていたい。電話とメールができればいい。ということでスマートフォンを除外することになりそうです。



  • 2012_02_07
    才能のひこばえ
    雲仙焼さん
    の展示会にいきました。今回は雲仙焼の歴代の作品が並び、そして息子さんの作品がはじめて並んでいました。白く品格を張った息子さんの作品を一ついただきました。



  • 2012_02_08
    才能のひこばえ
    ローザンヌ国際バレエ2012優勝、菅井円加の演技。



  • 2012_02_09
    選挙は全員行けばいいというものでもない
    ギリシアの選挙制度をご存知でしょうか。投票は義務付けらたものであり、正当な理由なく選挙にいかないと刑罰に処せられます。全員強制で全員投票させても、ギリシアのような憂うべき状態になるという事実。
    なお公務員数の国際比較はこちら(クリック)。日本の公務員はよく働いています。公務員の少ない国で、欧米先進国よりはるかに割合が低いのです。



  • 2012_02_11
    地球温暖化は本当か?
    地球温暖化の考えのもと、ライフスタイルを整えていましたが……。

    話題の作家マイケル・クライトンは↑こう指摘しています。驚愕の内容。興味がある人はマイケル・クライトン『恐怖の存在』を。あきらさんのオススメです。



  • 2012_02_12
    お好み焼きトーク&ドリンク

    よくがんばった下條くんを祝す。



  • 2012_02_14
    息子が私の高校時代の曲を聴く幸せ
    息子がウォークマンを買ってもらいました。早速、音楽をCDから取り込む。「どんな曲がいい?」 「わからない」 「じゃあ、とりあえずお父さんの持っているCDからでいい?」 ということで、次々にCDの頭を聴いて○×のサインを息子に出させました。「これはね、お父さんが高校時代聴いていた曲だよ」とか言いながら。



  • 2012_02_15
    バレンタインデー
    帰宅すると我が家の女性陣あげてチョコレート製作中。
    「お、いいね。ということは、トモスケと私に?」
    「違う、友だち」(キッパリ)
    「お、そうかそんな人ができたか」
    「違う、友だち」
    思えばバレンタインデーと縁遠い人生を暮してきました。この日アタラクシアは生まれません。独身の頃は顔見知りのいない店で飲み、夜の闇にまぎれていたものです。「バレンタインデーなど」と文章に挙げる時点で、網にかかった魚なのです。
    歳をとることはいい。おじさんとして扱ってもらえる。おじさんとなら飲みに行ける。おじさんとなら緊張しない。おじさんなら話題はそこそこ面白 いし、おじさんなら包み込む心情がある。歳月はかくして私たちに落ち着きと呼ばれるパトスの減退をもたらし、バレンタインデーも微笑ましく迎えられる一 日となりました。
    若い男はみっともない。壮年以降の男は、自らの若き日を振り返りつくづくそう思っています。知った店もろくになく、無粋に酒を飲み、世間に疎く、帰る場所も危うく、つい虚勢を張っては自己嫌悪に陥り、美学を論じても自分の部屋はめちゃくちゃで、愛情と欲情の境もめちゃくちゃで、己の足どりに孤独の刻印を見るかのごとき日々。そんな若き日々を、おじさんたちは潜ってきました。
    だから、若い女性たちに申し上げます。若い男を大目に見て、愛してやってください。彼等は成長しますから。



  • 2012_02_16
    日本はすてたもんじゃない
    たぶん日本人の頭の中には、自分たちの国の状況を現実よりだいぶ悲観的に刷り込まれています。分かりやすく書きます。

    日本人「日本政治は世界一ダメだ。総理がコロコロ変わって、だらしない」
    中国人「? 投票できるだけましだ。政治家は選べない」
    日本人「日本の公務員は働かない」
    他先進国「? 日本の公務員数は抜群に少なくて、働いている
    日本人「日本人はだらしない」
    多くの国々「? 東北の方たちのことを見てもまだそう思ってるの?
    日本人「日本人は結婚しなくなった」
    多くの国々「
    日本人「日本では格差が開く一方だ」
    インド人・ブラジル人・中国人・アメリカ人「? スラム街ってあるの?本当の貧困を見に来る?
    日本人「日本の子どもは勉強しすぎ」
    韓国人・中国人「? 進学する高校生は昼食と夕食の弁当二つ持っていくよ。学校で10時まで自習」
    日本人「新卒の内定率も7割を切った」
    韓国人「? うちは4割台」 中国「すぐ就職できるのは3割」
    日本人「日本の失業率は5%に迫ってきた」
    他先進国「? 一番失業率低いじゃない



  • 2012_02_17
    一眼レフの説得力
    一眼レフカメラについては苦い思い出があります。若い頃のこと、買って一か月っで紛失しました。最近、一眼レフカメラが手元に整いました。撮った。驚きました。なんだ、この説得力は。私はただボタンを押しただけ。カメラ機種の選定については松尾順造さんにご指南いただきました。感謝いたします。






  • 2012_0219
    トップデザイン変更しました
    BBS『Bar指のつけね』はおかげさまで稀有な魅力を放つものとなりつつあります。このサイトにとってのコミュニティの果たす位置づけの重要性。それに伴うデザインの変更です。一枚一枚と自分の昔の服を脱いでいく感覚。一歩一歩とコミュニティとしてのサイトに育てていただいていることに感謝いたします。そしてまたより多くの皆様のBBSへのご参加をお待ちいたしております。



  • 2012_02_20
    一眼レフ撮影続いています

    今日は、わが家から望む長崎の夜景。宝石のような夜景とはこういうのを言うのでしょうが、実際はこれほど華麗な眺めではありません。私はボタンを押しただけ。このカメラには驚かされます。



  • 2012_02_21
    「いつも持ち歩いているもの」BBSから要約

    まつを
    私がいつも持ち歩いているモノは、とても少ないんです。
    1.職場のIDカード。自分を信用できないので、第一に首にかけるようにしています。第二にどこかに置き忘れても、高周波センサーで探すと「ピピピ」となるグッズを付けています。
    2.携帯電話。バイブ機能の使いすぎで割れたところをガムテープで止めて使ってます。
    3.眼鏡。歳とると、ディスプレイを見るものと、遠方を見るものの二つ常にいります。
    4.万歩計。ポケットに放り込んでおくタイプ。
    財布も持ちません。ハダカでいつもポケットにつっこんでいます。たいした額でもありません。常用の筆記具もありません。


    田屋敷酒散人
    ・銀行通帳はいつも持ち歩いています。天涯孤独の散人はお金だけが頼りなのであります。
    ・それと家の鍵、だれもいませんから自分であけるしかありません。
    ・枕元には必ず携帯電話を置いて寝ます。
    ・痛風、鼻炎、鎮痛剤、睡眠導入剤等薬品は常に携帯しています。これらがないと生きていけません。

    代治朗
    あるアメリカの大統領が、仕立てたスーツの線を崩さないために、ポケットには何も入れなかった、と、言うことを聞いて私もポケットには、携帯電話以外何も入れません。
    じゃ、どうしても必要な運転免許証とかはどうしているかというと、少し上等の皮のカバンを持ち歩いています。なぜ、上等な皮を強調したかというと、軽いのです。中身は、預金通帳、印鑑、財布(保険証、運転免許証、病院のカード、VISAカード、現金)。
    自宅、別宅、工場事務所の鍵、ボールペン、そして新券の一万円札10枚のみが入った札入れ、これは、寅さんみたいにいざという時、困った人に札入れごとポーンと「これ使いな」と渡すためです。が、未だに、その機会がない。

    捨老
    1.マグネットフラップの薄型(封筒型)革バッグに、ポケットに入れなかったヘッドホン、カードホルダー、携帯の充電コード、ノートやペンケース、メガネ、電気歯ブラシ、ハンカチ、些少の書類、少々の薬など。
    2.安物のオイルライター 
    3.タバコ 
    4.iphone
    5.チョコレート小箱 これは喫煙が不向きな状況のおり、口に放り込むためのもの。塩キャラメルの場合もあります。頂いたことのある、五島の天堅目塩のキャラメルも、なかなかです
    6.キーホルダーになったジッパー付の小銭袋(革製) 車は数年前の家族会議で差し押さえられておりますので、その他もろもろの鍵。
    7.ミニ・プロジェクターiphone用 これは少人数相手のプレゼンにとても便利。これを持ってからは大仰なバッグが必要でなくなりました。もっといいものが出始めていますので買い替えようと思います。が、今度は純然たるアソビ道具になることでしょう。
    ご他聞に漏れず、財布は持っておりません。さしあたって飲み代など必要と思われる分を、ポケットに捻じりこんで、あとはカードで済ませます。
    基本的には、ポケット以外には何も持たない日々が多いのです。勿論、仕事によっては大袈裟な持ち物になることもありました。


    yo3
    1.自宅・職場の鍵(お守り付)
    2.車の鍵(ワイヤレスキーとやらで意外と大きい)
    3.歩数計
    4.スマホ
    5.財布(免許証・各種カード類・名刺込み)
    6.ハンカチ
    7.シャープペンシル
    基本的にカバンは持ちませんのでポケット中は結構混雑しています。特に夏場が困ります(笑)。

    大閑道人
    須陀袋、別名「一切合財」袋に、ありとあらゆるものを入れております。
    例えば、財布・領収書(当方が発行するもの)・携帯電話・鍵類・ペン……。

    チャイカップ
    私の場合、外出の時はイラないものまで色々詰まったカバンを持ち歩いています。軽量折りたたみ傘、圧縮タオルなどなど。(莫)

    thom
    そういえば腕時計をしなくなって何年経つのだか忘れてしまった。とはいえ、出張だのなんだので汽車や飛行機にに乗る時にはハメるけど。
    煙草をやめてからGパンにTシャツに革ジャンで遠出ができるようになった。
    身軽でいい。



  • 2012_02_27
    「メディア芸術部門会議」 地域活性と10年後のメディア芸術
    土曜日に、「メディア芸術部門会議」がネット配信されていましたので参加(下動画が録画)。いい時代になったものです。興味を持っていた方の話をライブで聴く楽しさ。
    モデレーターはTom Vincent(トノループ・ネットワークス代表)。出演者は宮脇修一(海洋堂代表取締役)、兼頭一司(しまの会社代表取締役)、柳瀬博一(日経ビジネスオンラインプロデューサー)。
    地方からの文化の生成や、マーケティングによらないヒットの生み出し方など興味深い発言が聴かれました。フィギュアの雄 海洋堂の宮脇さんなどにはご興味をもたれる方も多いのではないでしょうか。



  • 2012_02_27
    パラパラ漫画
    世の中にはいろんな才能が埋もれてるなと、つくづく。




  • 2012_02_29
    バイラルマーケティング

    お気づきでしょうが、SK-ⅡのCM。3人の女優が2本ずつ線を描いて、結果5本になっているという矛盾CM。
    この私の記事自体、口コミを巧みに利用するバイラルマーケティングに引っかかっているということで。口コミ狙ってますよね口コミ。冊子など作るとき、これ私もやることあります。「知ってる?」と気付いた人が思わず言ってしまいたくなるような一滴たらしておくのです。

     

     

     

  • →これまでの全記事
  •  

     

    Plofile まつを


    デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。↓これは私の作品たち。

    「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。