Zone


3 アーケード

「さよなら,かもね」と彼女の部屋に走り書きがあった。彼女はあの炎上騒ぎのどさくさ以来,行方知れずだ。「夢の多重構造」と「時の単層構造」。これが僕と彼女の最後のテーマ。そして,いずれにしろ,彼女は僕の前から姿を消した。

 失神から目覚めるような朝に,祝福を。
 この数日間は充実してる。
 けれど,眠れば,世界中から僕が置いてきぼりにされそうで,怖い。

 白いブレザーに真紅の蝶ネクタイ。一昨日,見知らぬ女が,僕を訪ねてやってきた。
「東塔三階,レスポワールへお出で下さい。ママは是非お礼をと申しておりました」
 テロの際、救急局に担ぎこんだあの女からの招きだ。マスターの話によると,なんでも名うての経営者らしい。パトロールが巡回するアーケードを通って,招待に応じる。
 レスポワールは,実にゾーン的な店だった。十メートルほどもある高い天井。そこからアールヌーボー風のネオン管が,何百となく垂れ下がり輝く。四隅の空間には,裸体の女達が浮きながら踊っていた。送風システムで宙に舞うその肉感的な体躯は,極上のディスプレイだ。その下にざわめくタキシードとナイトドレスの客。寄り添うバタフライの女たち。ごったがえす客と,グラスのぶつかる音を縫って,一番奥の個室に辿りつく。そこに,ギブスをはめた右足をシャギーの上に投げ出し,件の女はいた。
「もう,いいんですか」
「救急局は一杯で追い出されたのよ」
 たしかそんな風な会話から始まったと思う。女は,生涯男を罵倒し続け,あげくの果てにただ一人で死んでいくような,そんな顔をしていた。
 僕は四人の女をあてがわれた。そしてそれが形成人の存在を知った最初の日だった。
 形成人――人間の快楽の為に,ゾーンより形成されてきた者たち。ある者は僕達の夜伽の為に,そしてある者は過重な労働の為に。つまりアーケード経済は一種の奴隷制の上に成立していた。そう言うと、「それは違う」とギブスの女は応えた。「この子たちは,そうした願望の元に形成され生まれてきたわけだからね。あんたに抱かれる事は快楽そのもの。重労働につく形成人も,重労働なくしての自分など考えられないというわけ」
 強いディスコビートが流れていた。
「つまり,この子たちはそうする事に対し,考える余地などないの」

 ミルに帰りついたのが,今夜八時。店ではマスターがフジノの弾くピアノを,退屈そうな顔をして聴いていた。マスターに形成人のことを話す。
「ああ,知らなかったのかい? ペルモス教徒のほとんどは,成功した形成人だよ。だからあんなに真面目に働く」
「そのとおり,そのとおり」フジノがピアノを弾きながら言う。
 それも,僕にとっては新事実だ。
「ねえマスター,分らない事だらけだよ。あの爆発は誰の仕業だろう。僕は何の為にゾーンにやって来たんだろう。僕は誰で,どこに行くんだろう。そして……」
「君も変った」
 鍵盤に向かってフジノが,イェ~と呻いている。
「二ヶ月以上経ち,欲しいものも分らず,酒浸りさ」
「本当に欲しいものなんてあるのかい」
「アーケードの住人達はどうなんだろう?」
「ゾーンじゃ人生なんて,ティッシュペーパーみたいに軽いものさ」
「で,快楽を追い求める?」
 マスターは,手を笑わせてウイスキーを一口あおった。
 フジノが弾いている気怠い曲は,『マイ・フーリッシュ・ハート』だ。
 マスターは僕の方を見ると,溜め息をつきながら言った。
「違うね。逆だよ。快楽ってやつは,一端駆け出すと降りることの出来ない逆走回転のエレベーターさ。求めるんじゃなくて,僕達が振り回されるわけね」
 僕はゆっくりと額いた。



 人生にオブラートを掛けるかのように,僕たちはしたたか飲んだ。
 フジノはもうピアノが弾けない。僕らは笑いが止まらない。
 何をカクテルしたんだい,マスター?
 柑碧の空。そして波だ。
 幻覚は,遠方からゆっくりと寄せて来る大きな波だ。僕は背筋を伸ばし,波に向って立つ。そして,巨大な泡立つ青いクリームソーダのような波に,満身の力を込めてブーメランを投げ込んだ。ブーメランはパフッという音を立ててブルーの壁面に消え入った。波の前進を阻むことは,とうてい出来なかった。たちまち僕は足を掬われ,飲みこまれ,ミキサーにかけられた卵のように,強い遠心力を覚えた。
 突如僕はラジオ体操第一を開始し,そしてミルを飛び出す。
 アーケードを全力疾走する。夜の湿った空気を蹴分け入る。僕は前へと,猪突する。
 妖精の声が聞こえるようだ。
――馬鹿ねえ,そんなに飲んで。走っちゃ駄目よ――
 僕はニヤリと笑い一直線に走り抜ける。眠りを知らずにごった返す通行人たちは,目を剥き道を開ける。ネオンが尾を引いて流れ続ける。アーケードは,巨大なミラーボールだ。
 下半身だけをフル機動させ,上半身からいたずらに力を抜いていく。なんて心地好い下半身の反乱。軟体動物の奔放さを手に入れた肩や腕や頭蓋骨が,ガクガクと歓喜の混線を始める。
「ネガ・と・ポジ・よ」
 妖精の顔が,ぐるぐると頭を回る。
 記憶の裂け目から絞り出された酢酸が,僕の意識に流れ込む。そのクレバスの向うに,何万海里もの航海から帰還する船舶が,闇夜に放つ警笛が聞こえる。底知れぬ深みへと誘い続ける警笛だ。
――ねえ!――
 妖精が遠くで叫んだようだった。彼女の声は三千回の屈折を伴って僕の脳裏に響き来る。
 振り向く。
 途端に凄まじい勢いで僕は横転し,頭部をいやというほどタイルに打ち付けた。ボロギレのように身体は転がり,その悲劇的シーンに酔いしれる。ああ,夜だ。輝かしきゾーンの夜だ。
 ウォークマンを肩に垂らしたスパッツの女が駆け寄って来て,大丈夫? と僕を覗き込んだ。笑ってみせよう。なんて素敵な僕のブルーのスニーカー。
「気が知れないわ」
 彼女のウォークマンから,僅かに音楽が漏れている。TFFの『ルール・ザ・ワールド』だ。
「ねえ,ヘツドホン貸しとくれよ。今とってもBGMが欲しかったんだ」
 彼女は毛虫をみるように僕を見詰める。クラックをやっているやつ独特の,黒い隅のある目だ。
「テーマ曲さ。解るだろう?」
 イカレてるんじゃないの,あなた。そう言い残して赤の他人は,赤の他人のまま去って行く。実に残念な事だ。こうして世界の友好の輪は,一つ広がり損ねていく。
 おもむろに立ち上がり,疾走を再開する。ぬめりながら後方で渦を巻く愛しき過去。コンデンスミルクのような過去。甘ったるい,吐き気のするような日々。
 人気を避けて,小さな路地に僕は飛びこむ。腐ったベーコンのような臭いの充満する小路だ。暫く走るとむがつきが込みあけ,僕はペンキが禿げ反り返っている壁に持たれて,三回吐いた。汚物は僕のスニーカーにかかり,顔に向け温かい湯気が上がる。ガラスタイルごしに,階下がら僕をなめるどす黒いネオン光。不思議な涙が僕の瞳に溢れていた。

 角の向こうで爆竹がはじける音がした。酔ったノリでそちらに向かう。次の瞬間、僕は身を堅くした。
 まだ温かい血を流し,唸りながら男が転がっていた。そして灰色の作業服を着た男が二人。一人が銃を持ち,もう一人がひどい火傷の跡を顔に残して,呻く男の前に立っていた。二人は僕を見ると,唾を吐いた。
「なんだ,き、きさま。マーゼンじゃねえようだな」ケロイドの男が震える声で呟いた。
 あ,ああ,と合槌を打って,引き金に指を通した男が,銃を僕の方に差し出した。
「おめえも撃ってかねえか,このマーゼン野郎を。アーケードが焼けたのも,こいつらが,ええカツコし過ぎたからよ。だろう?」男は引きつった笑いで、僕に鋭い視線を刺す。「なんだ,お,おめえ,口きけねえのかよ。7セクションのトイレの落書き,知らぬ筈ねえだろう。マーゼンに捧ぐって,あったじゃねえか」
「もっぱらの評判だろうが。こいつらが,こいつらが妙な事始めなけりゃ,火をつけるやつも出はねえし,俺もこういった面にならなくて済んだ」そう言うとケロイドは,転がるマーゼンのパトロールに唾を吐きかけた。
「やれよ。そして俺達の顔も忘れるんだ。い,いいな」
 唇まで震えた。銃が差し出される。持っていた男の手油で冷たく光る銃。たった今,呻き続ける男の腰を射抜いたやつだ。僕は差し出された男の手を,強く払った。乾いた音を立てて,銃はタイルを滑る。
「野郎!」
 フルスピードで重い蹴りが入れられる。路上にもんどり反る。全身の筋肉が収縮する。
「優しく言ってりゃ,いい気になりやがって!」
 息を吸おうとしたが,横隔膜が下がらない。苦しさにに身もだえする。スニーカーのゴムがタイルに擦れて,キュッという音をアーケードに響かせた。くそっ! 途端に,頭に血が上った。僕の中で扉が開き,何かがうごめき始める。
 僕は唾を吐くと,横転した。男の二度目の蹴りが,空を蹴る。そこへ体ごとぶつかって行く。声を漏らして,男の身体は大きく揺れた。
 歯を折ってやる。拳を握りしめた途端,組まれた腕が僕の背中に叩きつけられた。
 死ね。思いつきり足を払う。一瞬,男は宙に浮き,奇妙な姿努でどうっと顔面からタイルに崩れた。
 そばで笑いながら冷やかしていたケロイド男の顔色が変わる。
「この野郎! ふさけやがって!」
 拳をすかさずかわす。男の顔が酔いにダブる。ゼリーの中の出来事のようだ。ゼリーは耳や鼻や口から僕の身体に流れ込む。
 両足首を急に引かれ,僕は崩れ落ちる。
 そこに顔面を鮮血でベットリと濡らした男の目が,怒りの光を放っていた。
「あの世に行きやがれ!」
 ケロイド男の汚れたブーツが,横たわる僕の眉間に狙いを定めた。スローモーションフィルムのように,全てが残酷な明瞭さで見て取れた!
 風景がショートする!
 向かって来たブーツが,中身をつけたまま,グシャグシャになってもげ飛んだ。血飛沫を上げて男はもんどり反る。
 眉間が熱い。
 赤いゼリーがグラグラと身体の内部で泡を上げて煮立つ。
 頭の中で目茶苦茶に鐘が打ち鳴らされている。
 C5が暴走する。
 のたうち回る男の血糊に,反吐を混ぜ合わせる。
「ヤ,野郎!バケモノめ!」
 声のした方を振り返ると同時に,定められた銃が炸裂した。焼け火箸を当てられたような激痛が僕に走り,全身が弓なりにのぞける。
 歯を折り損ねた男を,睨みつける。引きつった顔は,たちまち拭き飛んで,細かい肉片と化した。
 急速に視野が狭まる。ホイッスルが鳴っている。死ぬのかな。どこかで,ボンヤリとそう思った。そして引き付けを起こしながら,僕の意議は闇の中へと解体していった。

 


 


サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

掲示板

これまでの全記事

↑話題セレクション

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

リンク

メール

 

Profile まつを


Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。