パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

S i t e ま つ を


2006年9月



2006_09_30

隠居岳キャンプ

夜半、目が覚めた。
車中泊していた車のドアを開け、外に出る。
9月下旬、月高く、辺りは静寂の中にあった。
微風が吹いている。
来てよかった。そう思った。

2年間ほどキャンプから遠ざかっていた。
というか気付くと、里山のカバノン以外に泊まったことがなかった。
ありがとう、しげさん。
「私をキャンプに連れてってください」というサイトへの書き込みに、手を挙げてくださったのが佐世保のしげさんだ。里山で、定点の風景を見守るのも格別だが、知らない土地でキャンプを張るのもまた一興。

はるか眼下に、ハウステンボスの灯が並んでいた。

私たちが街で待ち合わせている時、「まつをさんですか?」と声があった。昔から拙サイトをご覧いただいているというマツナガさんから馬刺しの差し入れをいただいた。合掌。

夜半10時を回った頃にとりさんが闇の中から登場。聞けば、会議、懇談会、二次会を経て、佐世保の繁華街からタクシー飛ばしてスーツ姿でここまでやってきたという。合掌。武勇伝である。

2006_09_26

あなたたちはどうしてこんな所に住み続けてるのか

黒糖庵さんとグーグルアースで、カムチャッカ半島の先にある孤島の小屋や、タクラマカン砂漠の中の集落を見ながら、「よりによって、どうしてこんな所に住んでなきゃいけないんだ? 世界はいくらでも広いのに」と言う話をしていました。

その時に思い出したのが、この前カナダのバンクーバーから来た子の言葉。
「バンクーバーは災害というものがない。台風もない、地震もない。自転車で何処へでも行け、夏でも30度以上にあがることもない」

台風銀座で地震があり坂だらけで夏はクソ暑いところ

つまり言外に「あなたたちは、どうして台風銀座で、地震もあって、坂だらけで、夏になればクソ暑いここに住み続けているのか」というニュアンスがあったわけでして、タクラマカン砂漠に住み続ける人々に言えたもんでもないなと。

2006_09_23

家で踊ってる人

女性の方々の中には、一人で家にいらっしゃる時、踊ってる人が結構いらっしゃるらしい。なんだか久々にほほえましい発見。世の中が少し楽しく見えてきます。

(以下引用)「家でね ひとりで居ると踊りますよね? お化けの救急車~♪とかまだいいけど、TVでスケート観た後とか、スケート風に歩きながら移動してたり、観音開きの本棚空けながら、外人風に腰をひねらせながらセクシーにかごんでみたりとか」

2006_09_18

小泉純一郎

今から15年ぐらい前でしたでしょうか、同じ職場の若手に「じゃあ、政治家では誰が注目されますか?」と聞かれて、「小泉」と答えた。

その頃、小泉氏はYKKと呼ばれた三羽ガラスの一人とされていたものの、例えば『文藝春秋』の「将来の首相候補」に載ったこともなかった(あれで首相候補と載った人物はことごとく潰れている)。

なぜ小泉氏を挙げたのだろうと時々振り返る。魅力だろう。光を持っていた。今になって思えば、あの魅力は独身者が放つオーラだ。日本は珍しい独身者がリーダーとなっている国だ。小泉氏がよかったかと問われたら、現時点でその成果を現時点で判断できる力は私にはない。彼がやったことは複雑なわかりにくい内容と単純剛直なものが混在し、身売りもしている。

けれど、今や「たかられ王子」になろうとしている次期有力候補者よりずっとましだと、これは確信を持っている。いたよなあ、小さい頃。みんなにたかられるいいとこのボン。無理して粋がらぬようしてほしい。

2006_09_16

小川亭

はじめてのオフ会」の会場になった小川亭が国登録有形文化財にするよう文部科学大臣に答申されました。

2006_09_16

チョコレートと血圧

チョコレートのおかげでしょうか、血圧状態が改善し平常値へ。これはすごいですね。それほど期待もしていなかったのですが。

2006_09_12

夏祭り

写真は私が住む集落の夏祭りのショット。1ヶ月前のものです。こうしてみてみると一編の詩ですね。まるで千と千尋のワンシーンのようでもあります。夏の熱は遠くに去って、もはや秋。

2006_09_09

観れない映画・許せない映画

観れない映画

20世紀最高の映画に選ばれたことがある『市民ケーン』。なんどか観ようとしたのですが、だめです。今も私の右側に積まれてるんですが。最後まで観る気がしないというか。

この手の作品が私には幾つかあって、実は『七人の侍』も長いことダメでした、どうにか観ましたが。あのイモくさい演技がダメ。ミュージカルになりますと壊滅的状況で、たとえば『サウンド オブ ミュージック』も突然歌い出すのが奇怪でしょうがない。

許せない映画『タイタニック』

許せない映画というのもあって、あの『タイタニック』はもう滅茶苦茶な映画。金持ちと婚約しつつ、若い見た目のいい兄ちゃんと情交し、その後独身を貫くと思いきや別の男とのうのうと結婚し、その実、見た目のいい兄ちゃんが金持ちからかっぱらって与えた宝石は生涯手放さないというとんでもないチリ妻アニータ映画。これを美しい恋愛映画として受け取っている奴らは、那智の滝にうたれてくるといい。

2006_09_08

どこまでいっても所詮人間のすること

「どこまでいっても所詮人間のすることだよ」と語って聴かせてくれた方がいらっしゃいました。昨今の報道をみてつくづくと思い出しています。

2006_09_07

チューブラ・ベルズⅢ

マイク=オールドフィールド『チューブラ・ベルズⅢ』を聴く。すばらしい。久しぶりに体の芯が震える。ピンクフロイドが大人になってブラッシュアップされたような音。かつてピンクフロイドに心射抜かれていた方にお勧めの一曲。

2006_09_05

電化製品についてけない

びっくりしました。電化製品のことです。実は私はAdobeのソフトは使えても、機械に関してはまるでだめ。
カバノンにあるCDプレイヤーを買い換えようと調べてみたら、DVDプレイヤーでCDがプレイできると知ってびっくり。でそれが、数千円台で買えると知ってびっくり。で、それで関連して調べてみると、もはや録画はビデオでやる時代じゃなくなと知ってびっくり。編集もパソコンでできると知ってびっくり。私、ビデオ作品で全国準優勝採ったことあるんだけどなー。

さっそく大型電気屋へ。店内に入るも分からないことのオンパレードで、ただ呆然とするばかり。購買意欲にまで行き着かない。いかん、ジジイになって来つつある。一人で家電屋にさえいけない。

→行ってきました。MrMaxで、驚きの4000円DVDプレイヤー買ってきました。どれどれとDVDを入れる。最初ちょっと映ってそれから映らない(汗)。配線があーだら、リモコンがどーだらと家族でもめる。

しばらくして気付く。再生していたDVDは『2001年宇宙の旅』。そう、この作品は最初数分間のまっ黒い画面が続く作品。みなさん、DVDのテストランに『2001年宇宙の旅』はやめましょう。

2006_09_01

子どものイメージ

新聞社スタッフと

某新聞社のスタッフと話をする。氏曰く「この頃の新聞の姿勢は問題が多い。ただ教員側だけ騒ぎ立てる。あれはおかしい。表層的すぎる」
そう思うなら、きちんと内部で議論すればいいのになあ。

「子ども」と言う時のイメージの相違

「子ども」と言う時、各人の頭の中にはそれぞれ違う「子ども」のイメージが湧いている。私たち人間は知らないことは頭に出てこない。
例えば、学校卒業後、裏世界に直結していく「子ども」もいるわけで。そんな広い「子ども」のイメージを持って語られているか考えてみるといい。最近の新聞紙面のバックグラウンドに、たらふく喰いながら爆弾を敵の頭上に降り注ぎ、鯨愛護を声高に叫ぶニューヨーカー的偽善、そう「安全圏の思想」とも呼ぶべき匂いを、時折感じるのは私だけだろうか。

 


 


サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

オススメ

これまでの記事

掲示板

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

メール

リンク

 

Profile まつを

Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。