パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

S i t e ま つ を


2008年9月



2008_09_29

谷本光さん

まずこのyoutube動画演奏をお聴きください。びっくりしますから。谷本光さん。私が今最も注目している日本のギタープレイヤーです。プロフィールを簡単に紹介します。「1984年6月18日札幌出身。

パーカッション奏法・スラップ奏法・ピアノ奏法・ハープ奏法・三線奏法・三味線奏法・DJスクラッチ奏法・スパニッシュ奏法等、様々な特殊奏法を駆使し和音・メロディ・リズムをアコースティックギター1本のみで担当する《独人多重奏者》・作曲家・ギターインストラクター。夏川りみ、谷村新司、渡部美里らのバックをつとめ高い評価を得る。」 ライブで触れてみたい演奏ですよね。そう願っていました。そしてその夢がかないそうです。昨日お知らせしました3月のフェスタへ。詳しい情報はいずれ。楽しみにお待ちください。フェスタ対象者は長崎県民の方です。来年の春はいい感じできそうです。

 

2008_09_28

立石佐保美さん

昨夜、岡野さんのバックでオカリナを演奏してくれた彼女の音を聴きにコンサートに行って来ました。オカリナとアイリッシュホイッスルで演奏するケルト音楽です。

学生の頃、アルビオン・カントリー・バンド(リンク先右上の再生ボタンで試聴出来ます)にはまっていたことがあって、私にとっても実に懐かしい響き。

その音楽を是非皆様にも聴いていただきたい。そう思っています。本当に心に染み入る音色にビックリされると思います。信じられない程の染み入りかたです。今度、6曲入りのCD「Scottish tunes」(1,000円)を出されています。

で、とっておきの情報です。昨日の岡野雄一さんと今日の立石佐保美さんの音楽を、入場無料でお聴きいただけるまたとないコンサートが開催されます。それは来年3月、そう、これから冬を越して、明るい春がやってくるころですね。そんなときにあるアコースティック・コンサート。はっきりしたらお知らせしますね。お楽しみに。

 

2008_09_27

岡野雄一さん

「もっちゃのうして、人に教ゆーごとなか」 岡野さん流に言うとこういうことになるでしょう。本日、岡野さんのライブがありました。じっくりゆったりお聴きしたかったので、ここに掲示いたしませんでした。そのくらい好きな歌。岡野さんを追ったテレビコーナーが放送されます。10月1日6時からのNIBニュースの中で放送とのこと。CDももちろんあります。

 

2008_09_26

屋台

秋です。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。烈火のごとき日差しも去り、かといって身凍える寒もなく、ブッダが己の幼少期を語ったような、満ち足りた天候がやってきております。本を捨てて戸外へ。部屋にこもり、もの思うことの愚かさよ。野にいずれば、道自ずと開く。ということで、キャンプに行けないオジさんは、今夜も屋台に出かけるのでありました。人生は楽し。ご一緒させていただいた皆様、お世話になりました。合掌。

 

2008_09_25

豊かな人生

「豊かな人生」で検索してみてください。うんざりしますから。まるで『蜘蛛の糸』のカンダタのごとき亡者が書いたサイトがずらりと並びます。人脈づくりのためのマーケティングまでノウハウ系がずらり。一括りにすればこれらの講釈は、結局、生き方の遊びを狭めること言ってるんですよね。愚蒙愚昧。

無目的に楽しむこと。その果てに振り返って、豊かな人生ってのは実ってるもんじゃないでしょうかねぇ。「人間は、時として、充されるか充されないか、わからない欲望の為に、一生を捧げてしまう。その愚を哂う者は、畢竟、人生に対する路傍の人に過ぎない。」(芥川龍之介『芋粥』) いいねえ。

 

2008_09_24

S-MX

S-MXという車にもうずいぶん長いこと乗っています。第一にそのスタイルに都市的ウィットがきいて好きですし、購入した頃はキャンプにしばしば出かけていましたので、シートをすべて倒すとフルフラットのセミダブルベッドが出現する仕様が気に入っていました。焚き火さんにお世話になって、オーニングを付けたりしてもいました。遠目に見ると軽自動車に間違われますが(笑)、実は2000ccあって、定員が4名。そして馬力不足を感じることなく今でもしっかり調子よく走ります。基本的に走るための車だと思います。ということは、そうとう燃費も悪いことでしょう。そろそろ買い換えかな。で、昨日燃費を測ってみました。結果、なんとリッター15キロ。おー!遠出をしたとはいえ、予想外の結果に驚き、ドアを叩きながら「よっしゃあ、まだまだ一緒にいよう」と。好きな愛車と一緒にいられることはうれしいことです。既に生産も中止。そこがまたグッときます。

 

2008_09_23

小さい車が好き

昔から小さい車が好きでした。たとえばトヨタS800ですとか、写真のスバルてんとう虫だとか、水中眼鏡と呼ばれた旧ホンダZ(乗ってました)だとかです。で、気づくと最近おもしろいことになっているんですね、小さな車市場。石油高騰で市場が小型車に動き、優秀なデザイナやエンジニアがそちらに投入されてるんでしょうね。トヨタS800を思わせるコペンですとか、スバルてんとう虫もR1として復活しているんですね。小さい車は運転していて楽しいんです。なんといいますか、ゴーカートに似た楽しみといいますか、そんなものがあります。そうそう小さい車と言いますとトヨタから超小型車で高燃費のiQが出るようですね。

 

2008_09_22

私にはできない仕事

ストレートに「あ、この仕事は私にはできないな」と思うものがあります。たとえば長崎市内を走るバスの運転手。長崎市内に住む人なら、たいていここで深く頷いているに違いありません。で、先般もう一つ見つけました。ビルのガラス清掃者です。とてもできません。出勤中でなかったら、飽かず眺め暮らしていたでしょう。すごいなあ。垂らされたロープがぶらんぶらんして凄い迫力でした。

 

2008_09_21

シーカヤックやディンギー


マイ・シーカヤックとディンギー。
雷鳴とどろく早朝の入り江から帰ってきました。烈火のごとき夏日もおさまったことだし、シーカヤックやディンギーには最高と、昨日遅くかの入り江へ。一行はじだらく氏とその娘さん、それに私と息子。残念ながら天候悪化により早々に引き上げてきました。けれど深夜、静寂の淵に沈む入り江で、酒傾けつつ堤防に寝ころび見上げた天空の美しかったこと。車の音も、テレビの音も、通りのざわめきもなく、漆黒の静けさに浸ったことは、日常の流れに「。」をつけてくれる体験でした。

 

2008_09_20

カフェ豆ちゃん

街の片隅で酒を傾けつつ、「こんな感じじゃなくって……」という思いがどこかにあって、それが澱となって溜まっていくことってあります。それはうっすらと「こんな店で飲みたいんだけどな」という風景になっていくというか。それを実現してくれるお店の店主というのは、そりゃお酒をだすというよりも、ライフスタイルを提示してくれる訳でありまして、ちょっとした救世主です。

カフェ豆ちゃんのイブニングステージがおもしろく変容しつつあります。自分がうっすらと思い描いていたお店を明確なかたちとして実現してくれそうです。それはイタリアのバールのような感じになるとか。いいなあ、それそれ。街の淀みのようにあって、小洒落てて、形式張ってなくて、少し雑然としたところがあって、安くて、文化を愛する人が集うところ。がんばれカフェ豆。

 

2008_09_19

富士山登山にトライしたナカオさん


富士山登山にトライしたナカオさんが、無事帰ってきました。結局12時間山歩きし登頂に成功したとのこと。お疲れさま。今年は初雪も早かったらしく、小屋もたたまれているところがあるとか。山頂気温0度。昨年度、山頂アプローチを失敗していたので、むかし富士山の小屋で1か月バイトをしていたトミノ氏と、山屋オサム氏に指導を受けて出発していました。

 

2008_09_17

オリンピック 醜悪なサマランチ

どうにも解せないことがあります。たとえば国際的スポーツの祭典であるオリンピックが、IOCというあの醜悪なサマランチの私的興行集団で行われているのか、という類の疑問です。IOCは公的国際機関ではないのです。民間の非政府組織であるISOが、どうしてああまで高飛車態度をとるのかと同じぐらい解せません。

さて、昨今の米国の大手証券リーマン・ブラザーズの破綻。で、注目はFRB(連邦準備制度理事会)という私的組織。えー、6歳の子どもにお話しする様に書きますね。日本で全国の銀行をコントロールしている役目の銀行(中央銀行)は日本銀行です。これは政府の機関です。ところがですね、米国で全国の銀行をコントロールしている役目の銀行はFRBで、これ政府の機関じゃないんです。このことを頭に置いてこれから連続小説のように続くであろうニュースを見ましょうね。大変な時代がやってくると予想している方々も多いことでしょう。そんな方はまず、このFRBのリンク先をゆっくりと読みましょう。びっくりするような世界のカラクリが書かれていますよ、よーく読むと。

 

2008_09_15

娘の写真

たとえば小学生のころ、自分の字体というものに目覚める時期がありますよね。これと同じような自分の文体への目覚めを迎えた人は、その後文章が書けるようになります。画面芸術もそのようなもので自分の作風を一つみつけると、その後スタイルは変容しつつも表現の深みに入っていけるようになるものです。最近のわが家の娘は、そんな足掛かりを見つけたようです。写真はそんな娘の作品。

 

2008_09_14
トモスケ、合気道昇級。今日から色帯です。

 

2008_09_12

インタビューアップ

著名な地域コーディネーター 石田光洋さんへのインタビューをアップしました。これまた面白いお話をお聞きいただけます。

 

2008_09_08

屋台 朝日屋

朝日屋」アップしました。

 

2008_09_07
東彼杵から帰還。いよいよ多忙な時期に入ってきました。

 

2008_09_06

自民党総裁選

興行といいますと自民党総裁選。
立候補者乱立の様相で、それはフェスティバル化してメディアの取材を多くして、結果としてメディアジャックして「自民党」をキャンペーンして、結果、ろくに競いもせずに小沢一郎に落ちつく民主党との色合いを際だたせるキャンペーンな訳で、と、まあ、最近見え見えなキャンペーンを仕込む党関係者が喜々としてやっておられる姿が透けて見える訳で、女性候補、若手候補、政策手腕の長けた候補などなど、わが党には人材がこれだけいますよキャンペーン。うまいなあ、興行。たしかにそんなキャンペーン打てば、10年1日のようなあいも変わらぬトップが並んだ民主党の様相は、まるでなかなか台所を譲らぬ姑のいる家のような印象で国民に焼き付ける効果を生み出すことになるでしょうね。

 

2008_09_02

男は40歳になったら、自分の顔に責任を持て

リンカーンは「男は40歳になったら、自分の顔に責任を持て」という言葉を残してますが、40越した人間の顔というのは良かれ悪しかれその人の人生が刻まれるものだと、つくづく痛感するこの頃。

 

2008_09_01

オリンピック・メダル獲得に金(かね)をかけろ

オリンピック・メダル獲得に金(かね)をかけろという論議が仕組まれ始めています。大学教育という知にかける予算がごっそり削除された後に、よくもこうした論議が出来るものだと呆れます。イギリスで強化予算が大きい?次回開催地を例に出すこと自体が失笑ものです。国家はなんで喰うのか、心してマスコミで交わされる論議をききましょうね。写真は、そんな低レベル論議の裏でアメリカに迫り来る今世紀最大のハリケーン。日々変わる地球上の雲の様子を神のごとき視点で見ることが出来る「Flash Earth」のサイトから。

 



 


サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

掲示板

これまでの全記事

↑話題セレクション

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

リンク

メール

 

Profile まつを


Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。