2009年2月



2009_02_25 

ながさきマナビィフェスタ準備

ながさきマナビィフェスタの会場へ、岡野雄一さんたちと下見へ。写真上はドデカイ岡野さんの漫画。こんなのが会場に何本かさがって、ながさき県民大学の冊子を普段飾る岡野さんの漫画ワールドが展開されます。さらに会場に行ってすぐ、写真でいえば左側の緑の手すりのところから、吉田隆さんのドデカイ月や馬(写真下)がさがると、こりゃもうそれだけですごいことになると。これに陶芸家石川ハミさんのトークもあって、これだけでも、長崎県の誇る才能の集結を私たちは目の当たりにするわけです。



 

2009_02_18 

インタビューアップ

長崎インターネットラジオに、しまばら未来塾塾頭の松下泰三さんのインタビューをアップしました。今までに会われた豪華な講師陣にまつわるお話や、故郷島原にかける熱い思いに耳を傾けました。そして最後に松下さんの究極の思いが語られます。

 

2009_02_14 

インタビューアップ

長崎インターネットラジオに、長崎雑貨でお馴染み「たてまつる」店主 高浪高彰さんのインタビューをアップしました。その身にまとう雰囲気は、天領長崎の人を感じさせてくれる魅力的な方です。収録はカフェ豆ちゃん。ご同席いただいたのは日本が誇るドキュメンタリー作家 山本正興さんです。

 

2009_02_11 

職場スタッフと小浜旅行



職場のスタッフと夕方から小浜に旅行。富津で飲み食らい、小浜の宿に着き即夜9時就寝。

で、目覚めると深夜2時半。かくて長い温泉三昧の時間の始まり。まず、寝静まった大浴場に行き、掛け流しのお湯を確認。よろしい。まず一風呂浴びる。その後浴場前の休憩コーナーの電灯をつけ、マッサージチェアー作動確認。いいねえ。黙々と一人、深夜の旅館。1階ロビーに行って週刊誌を数冊入手。明るい浴場前の休憩コーナーに持って行き、マッサージチェアーに陣取って読みふける。白州次郎の若き日と晩年の生活の記事。散人さんを思い出す。島原の白州次郎か。

しばらくたって、また温泉に浸かる。結局朝まで合計4回温泉に浸かり、雑誌を読み、趣味三昧な時間を満喫。ようよう白くなりいき夢のような時間が終わって、朝食。
写真は朝から訪れた炭酸泉。飲むと、硫黄の臭いのするサイダーです。最近は多少知られるようになって、多少周囲は整備されていました。それから小浜町歴史資料館は期待以上によい立ち寄りポイントでした。あれで100円は本当に安い。お勧めです。

 

2009_02_09 

横瀬浦

横瀬浦。縁あってやっと訪れることができました。かつて大村藩主 大村純正の要請によってポルトガル人が開いた国際的貿易港です。開港は1562年。近くの丘には教会が建ち、純忠も日本最初のキリシタン大名になり、南蛮渡来の文物が入り、国内各地からの商人でにぎわい、エスニックさ漂う栄華を一時期極めました。今は写真のとおり静かなたたずまいです。この小さな入り江にそのような夢の香をかぐひとときの幸せを楽しみました。

 

2009_02_07 

インタビューアップ

長崎インターネットラジオに、 国際的デザイナー 城谷耕生さんのインタビューをアップしました。前回のトロンボーン奏者 柴田健一さんと城谷さんお二方の口から、共通の「品性」という概念が語られたことが印象に強く残りました。

 

2009_02_04 

タクシードライバー

何が怖いって、タクシーに乗り込んだとたん、こんな格好をしたドライバーから「どちらまで?」って聞かれることぐらい、怖いことってそうそうにはないでしょう。清朝の中華服、帽子、そこから伸びる弁髪。不意をつかれて、一瞬、行き先も告げず、ぼうっとしました。今、長崎はランタンフェスティバル。ほんと、長崎って街をあげて遊ぶよなぁ。

 

 



 


サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

オススメ

これまでの記事

掲示板

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

メール

リンク

 

Profile まつを

Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。