パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

S i t e ま つ を


2003年9月



2003_09_22

はじめてのオフかい


当サイトの御常連が初めて集われた「はじめてのオフ会」アップしました。

    むかしむかし、インターネットが普及しはじめたばかりの頃、あるところに小さなサイトがありました。まだ、「こんぴゅーた・うぃるす というのがあるらしいよ」と言っていた頃の事です。サイトにはささやかな掲示板がついており、時々訪れる人と穏やかな話がされていました。
    やがて徐々に友人も増え、話も豊かなものになっていきましたが、困った事も起こってきました。心無い書きこみが張りつけられる事が毎日のようになり、マスコミもアクセスして来始めました。こうしてそのサイトは、掲示板を隠したのです。

    あるとき、そのサイトの仲間の一人が大正時代に建てられた民家に呼ばれました。民家は私たちに自分を発端にした論議をはじめさせ、3週間を費やさせることになりました。そしてついにサイトのメンバーが実際に集まることになったのです。……

2003_09_11

JRに改善を求めたい

今夜災難に遭った。JRがらみの災難だ。

一番前の車両しか開かないドア

20:14長崎発JR長与回りの列車に乗った。私の駅に着いたので、降りようと後ろの車両から移動した。現在JRは深夜は一番前の車両しかドアが開かないからだ。
移動していると、なんと降りる前にドアが閉まり発車した。「あれもう出るんですか」と運転手に言ったが彼は止めなかった。

運転手に苦言

次の駅に着いて苦情を言った。「降りれなかった」 「あの駅では30秒しか止まらないと車内アナウンスした」 「普通に歩いてきて降りようとしたのに降りれないなんて」 「車内アナウンスした」 「あなたの名前は〇〇さんですね」(名札に書いてあった)。運転手から謝罪の言葉はなかった。私はタクシーで家に帰った。1520円。

長崎駅に電話

長崎駅に電話すると、助役なる人物が出た。私は自分の名前と電話番号を告げ、ことの顛末を話した。氏は「運転手には通路に歩いている人がいないか、次の車両までみるようになっている」と説明し、謝罪の言葉を述べた。

根本的な問題点

そうだろうか。そもそも一番前の車両しか開けないのに、30秒しか留まらない運行プランを汲んでいる姿勢に問題がある。運転手一人を責める問題ではなかろう。
列車走行中に乗客は歩いていって、ドアの前で待っておかねばならないようではないか。そもそもバスでは走行中に歩くと注意される。
体調の優れない方などがいた場合はどうするのか。健常者である私でさえゆっくり歩いて間に合わなかったのだ。
一人注意を怠った運転手の問題にすることではない。30秒という基本的な時間設定で運行スケジュールを組んでしまったJRの姿勢を問いたい。

追記:後日、この制度は廃止された。

2003_09_03

ココロねっこのテレビコマーシャル

ココロねっこのテレビコマーシャルがあってますね。NCCで。少なくとも朝7:00~7:30あたりで流れているもよう。

 


 


サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

オススメ

これまでの記事

掲示板

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

メール

リンク

 

Profile まつを

Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。