• 2015_05_31

    富豪が愛した女たち


    マリオン=デイビス
    アメリカの新聞王ウイリアム=ハーストが愛した女性。女優。ハーストは彼女のために映画会社まで設立。二人の年齢差24歳。


    ゾフィー=ヘス
    ノーベルが一目惚れした歩く災難。43歳だった彼が花屋で20歳の彼女と遭遇。理系男性は時折この手の文化性のない不幸を背負う人がいるんですよね。豊かな文化性に生きたハーストや薩摩治郎八が愛した女性との違いを感じます。

    真鍋利子
    生涯で600億円を散財したバロン=サツマこと薩摩治郎八(さつまじろはち)の最後の妻。添い遂げています。彼女と出会った時、彼は実家が破産しコラムニストとしてささやかな暮らしをしていたころ。彼女が浅草で踊り子の秋月ひとみとして活躍していた時に出会いました。夫55歳、妻25歳。






  • 2015_05_30

    IQテスト

    高校時代に知能テストみたいなものを受けさせられていました。毎年、「普通ですね」的な結果を聞いて、「あ、やっぱり」とか「ちょっと期待してたのにな」とかいった思いになったのを憶えています。大したことがなかったのです。
    今朝起きて、偶然に「IQテスト」に出会い戯れにやってみたところ……

    「おっ!気持ちいいねぇ」(笑)。
    けれど、同ページのコメント欄を見ますと、やたら高い数値になっている人が多いので、実は普通なのでしょう。この歳になったら褒められることってあんまりありませんから、みなさんもやって見られたらいかがでしょう(笑)。気持ちいいですよ。
    ここまで齢をとって振り返ると、記憶力はものすごく落ちていて惨憺たる状況。けれどその他の部面は上がっているところも多いと感じています。文章力は30歳代がピークだったかな。今は各方面に配慮した間違いのない文章は30歳代より書けますが、勢いのある文章が書けません。それと平面処理能力や俯瞰してものを見る力は、デザインや企画をやっているので高まっていると実感。こちらは今が一番かな。






  • 2015_05_28

    アッシジ


    ぞうさんがこれまでの海外旅行で最も心動かされたという街、聖地アッシジ。
    画像をクリックして進んでみてください。見事に看板のない世界が続きます。






  • 2015_05_27

    ローマン・コンクリート


    現代のコンクリートの寿命はどれほどか。税法上の法定耐用年数は住宅の場合60年。穏やかな環境では100年ぐらいだろうと言われているようです。けれどローマ時代のコロッセオはローマン・コンクリートが用いられ2000年もっています。イスラエルのイフタフ遺跡は紀元前7000年ごろの遺跡で、ここのコンクリートは9000年以上の寿命をもっていることになります。じゃあ、そのコンクリートを使えよと思いますよね。というところで、後は各自でお調べいただくということで。

    日本って激しく建て変えてるんですね。

    • 散人さんのコメント
      日本の家に対する「減価償却年数」が、他国比で著しく早いことも原因かと考えます。 家の価値が早く減じていくので追い立てられるように立て直すのであります。国の税収入の問題であります。会計法に問題あり。






  • 2015_05_26

    言語は思考様式

    特殊な言語を知れば、言語が人の考え方に影響することを肌で感じることができます。

    世界の中心が自分ではない言語:グーグ・イミディル語
    英語を話す人は自身を中心にして世界を表現します。しかし、アボリジニのグーグ・イミディル語は位置を相対的な前後左右ではなく、東西南北で表現します。例えば、英語の「あなたは私の左側に移動できますか」をグーグ・イミディル語で表現すると、「あなたは私の西へ移動できますか」となります。(出典)

    東から西へ時間が流れる言語:クウク・ザアヨッレ語
    アボリジニのクウク・ザアヨッレ語も、同じく東西南北で場所を表現し、さらに「東西南北が時間にも影響している」という特性も持っています。
    つまり、英語を話す人とヘブライ語を話す人に、それぞれ「赤ちゃん」「成人」「老人」の絵が描かれたカードを渡し、時系列に並べるように指示すると、英語は「左→右」、ヘブライ語は「右→左」に並べるといいます。ところが、クウク・ザアヨッレ語を話す人は、「東→西」に並べるのだそうです。 左右ではなく、どの方向を向いていても東→西。(出典

    • 大閑道人さんのコメント
      言語が思想に反映することを、歴史上、一番最初に指摘したのは、釈迦だろう。 印欧語族は、常に、「人称」を基盤にする。たとえば、主格・目的格・所有格、など。 だからこそ、釈迦は「無我」を「発見」した、と思う。 言語の人称と、人格主体とは、直接的なつながりはない、自我は言語によって構成されるに過ぎない、と。 また、言語と人格の「関係性」、言語によって象られる自我、という関係性の発見、 それが「因縁生起」、つまり、縁起の発見につながったのだろう。 インド哲学研究者の宮元啓一によれば、因果関係の発見は、釈迦まで待たねばならなかった、といっている。

    • 散人さんのコメント
      一人称の不快。 自我の絶対的確実性から出発した近代の思想が見失った「他者」の 固有性や異質性。「他者性」の再発見。
      「私」と「「あなた」から「私」と「私を取り巻く社会」まで。  
      私と一致しない「他者性」 人間の世界は必ず視点の不一致を基点にしている。アーレントン。
      自己は世界の中のひとつの実体ではありえず。  
      「鏡よ 鏡 応えておくれ 世界中で一番美しいの誰?」と必ず自己を 「他者」に問いかけなければならない。「他者」の中に自己を見出さなければ ならない。
      「縦の糸はあなた 横の糸はわたし 」の絶対的矛盾が結び合う同一性を 中島みゆき も歌う。

    • 散人さんのコメント
      私は私であるというこを知っているのに、そうして、私が私であるのに、 私が私ではない形でしか、私のことを言わなければならない。必ずそう なる。
      主語があるので述部では、主語以外の言葉を持ってきて、 主語と言い換えなければならない。
      その「不快」を埴谷雄高は「自同律の不快」と云った。






  • 2015_05_25

    ピカソの油絵はきらいです


    ピカソの「アルジェの女たち(バージョンO)」が史上最高215億円で落札されたといいます。美術品はあるレベルを超えると投機対象。私はピカソの油絵はきらいです。多くの美術評論家もピカソは分かっていないでしょう。その査証として、ピカソの素晴らしさを語る時、少年時代の具象作品のハイレベルさを掲げて語られるのが常です。芸術新潮さえ『少年ピカソ』という特集を組んでいます
    わが家に飾っている絵は2点あるのですが、2点ともピカソの線描の複製です。すばらしい。大好きです。フォルムを一気に掴む視野の広さは常人をはるかに超えており、その能力をもって引かれる線は抜群のものです。
    けれど油絵は観るに堪えません。たとえば色彩感覚に至ってはどうもこうも古臭い。けれどピカソ作品は今後も高値を続けていくでしょう。そうでないと画廊市場の秩序が崩壊してしまうからです。
    他にも高値で取引されている熊谷守一などは、ソローの『森の生活』ぐらい肌に合いません。






  • 2015_05_24

    Bluetooth(ブルーツゥース)


    これはスピーカー。家テラス用です。
    音楽と焚火は、里山と家テラスには欠かせません。
    このスピーカーは2000円ぐらいの激安商品で握りこぶしより小さいものですが、これが優れもの。モノラルながらそこそこの音質、充電で6時間稼働、無線で曲を飛ばせます。つまり室内のパソコンから、家テラスのテーブルに音楽を飛ばすことができるんです。
    でもですね、これは私の理解を超えたBluetoothという技術によるものでして、thomさんに助けていただきやっと音を出すことができました。

    ぽっかりあいた日曜日、日がなテラスで過ごしています。昼間からシャワーを浴び、好きな音楽を流しっぱなしで、ゆったりと過ごす。極小ながら快適。いい天気になりましたね。
    左壁面のホワイトを塗りなおしました。ここにカフェっぽいイラストでも描きますかね。たとえばこんな






  • 2015_05_23

    家テラス


    ファイヤーピットの炎を愛でる三匹のキュブリック・フリーク。








  • 2015_05_22

    三つの美術館

    今回は3つの美術館を巡りました。

    根津美術館。ここで尾形光琳の「燕子花図」「紅白梅図」の展示があっていたのです。光琳の実家である「雁金屋」の具服図案サンプル集を観ることができたのが刺激的でした。光琳の晩年の作品つまり前述の作品は、この図案サンプル集に帰って行っています。
    またこの根津美術館は広大な日本庭園を巡れるようになっています。欧州からの観光客が好きそうなロケーションです。建物の設計は隈研吾。

    岡本太郎記念館。写真のように実際に使っていたアトリエを観ることができます。岡本太郎は生前多くの言説を残していますが、こうやって接すると結局、父であった漫画家の岡本一平の呪縛から逃れられず一生を終わったとしみじみ感じます。
    光琳にしろ太郎にしろ、血の命脈ってやつの上にあったのです。

    東京都立庭園美術館。日本にあるアールデコの代表的建築です。この日も展示会はあっていたのですが、私はほとんど建物の方に魅了されました。写真は玄関の狛犬。これはアールヌーボーっぽいですが(この時代の日本の一流鋳金師はアールヌーボーにぞっこんな作家が多いのです)、室内は見事なアールデコ。玄関のルネ=ラリックのガラス工芸によるドアもすばらしいですよ。






  • 2015_05_21

    ゴジラ

    散人さんから電話。
    「まつをさん、東京いるんでしょ。行ってほしい所があるんだな。新宿コマ劇場・シアターアプル跡。聞くところによると、建て替わったビル屋上にドデカいゴジラが乗ってるらしい。私の青春の夢の跡」
    そこは、氏が支配人として君臨されていた場所。よっしゃ。散人さんの頼みとあらば。
    ネットと人に尋ねながらエッチらホッチら人波をかき分けて進みますと、出ました!

    なんというものを作ったんでしょうね(笑)。
    どれどれ、せっかくだから登ってみましょう。で、激写!いやあスゴイ。

    • 散人さんのコメント
      ありがとうございました。「まつを」さんに「ゴジラ」を撮影して頂き、もう 思い残すとこはありません。我が劇場はこの世から消え去りましたが、 あの「ゴジラ」の咆哮が私らの思いを伝えているように感じました。  美空ひばり、坂本九、植木等、フランキー堺、財津一郎、越路吹雪、 江利チエミ、等々が活躍し私たちが駆けずり回った劇場はもう夢の跡。  皆亡くなりました。夢の跡であります。合掌。






  • 2015_05_15

    さ、いってみっか


    例によって今回の5泊6日用旅行パッキングは手さげバック1個。これで十分。人生と一緒。背負うものが多くなりすぎると動きにくいのです。そのコンパクト化・リストを記しておきます。自分への忘備録。
    • A4版システム手帳。この中に日程、正式文書、現地略地図、プレゼン用資料、連絡先一覧
    • ポメラ。早朝に原稿を書くコンパクトワープロです
    • 財布、旅行チケット、現金、スイカ 。東京ではスイカは必需品
    • 携帯電話 。これが時計とカメラとウオークマンがわり
    • 地図ガイド『歩いて楽しむ 東京』。地図の切り取りも的確で、スマホよりも的確な情報あり
    • 替えワイシャツ2枚。ホテルのクリーニングサービスを利用
    • 下着2セット。ホテルのランドリーを利用。圧縮袋に収納
    • 無印良品タタメルショルダー。これは次第に増える書類を入れ旅先で移動するカバン。複数のバックを使用後、結局これに。会議先に持って行ける色と形。使用しないときは実にコンパクト。
    • 折りたたみ傘
    • メッシュの小物入れに、メガネ、薬、整髪料、オーデコロン、名刺、ボールペン、筆ペン、シャープペン、ラインマーカー、インデックス(膨大な会議資料の仕分けには必須)、小型落款、印鑑、携帯充電器、ハンカチティッシュ、ポメラ用電池、USB、アームバンド、ハンカチ、洗濯ばさみ(部屋干し用)






  • 2015_05_14

    大分県立美術館


    この春開館した大分県立美術館。企画展は「大分世界美術館 大分が世界に会う、世界が大分に驚く 『傑作名作200選』」。尋常ではなく力入っています。金かけています。皆さんお出かけになることをお勧めします。7月20日まで。
    館の設計は昨年プリツカ―賞作家 坂 茂(ばん しげる)。高校卒業後アメリカに飛び出した猛者。すこぶる美しい空間でした。気品が違います。氏を象徴する素材の段ボールも使われていましたよ。たっぷりとした空間のとりかたでしたので、今後俗物に荒らされないよう祈るばかりです。空調コストは大変でしょう。






  • 2015_05_13

    タープ


    ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心(しづごころ)なく タープ張るらむ
    家テラスのタープは、微風でだいたいたなびいています。まるで大きな凧を飛ばしているようで、見ていて飽きません。
    1年前の今頃、私は次のようなことを書いていました。

    • 里山に一人でいると、さまざまなことが頭をよぎる。
      たぶん室内でテレビを見ているよりも、多くのことを思索していると思う。
      古代ギリシャのアリストテレス一派を逍遥学派という。散策する学派という意味だ。彼らの論議が散策しながらなされていたことにこの名がある。かように歩くことは私たちの思索を進めてくれる。歩きながら様々なことが頭に浮かび上がってくる。

      近年メディアに触れることがうっとうしくなってきている。
      結局メディアは人を幸福にしていない。
      浮き世話の巨大で雑多な渦の中で心が右往左往し、
      思索の一つも浮かび上がってこない日常は、幸福とは呼び難い。
      ましてや、情報の潮流にデバイスがかかっていることを知れば知るほど、
      身を浸していることの危険性さえ感じる。

      身近な共同体の重要性を唱える人が多くなっている。
      これもまた情報流民としての危うさに気づきはじめた人たちなのだろう。

      あなたの人生を、どうでもいい過剰な情報で満たしていて、幸福になれると思っているのか。
      あなたの人格を、借り物の情報パッチでつぎはぎした、カタログ君にしていいのか。

      里山を散策していると、そんなことが頭の中にふつふつと浮かび上がってくる。

    なるほどこれが里山効果なのかと。最近、里山まで出かけるのが億劫になった傾向がありました。それは年齢的なタフネスの問題と同時に、自宅に家テラスができたことによるもののようです。けれどこのような思索は里山まで離れてみないとでてきにくいものだと改めて感じます。






  • 2015_05_12

    ペンキ塗り


    日曜日、陽光を浴びて塗料塗り。ミースのファンズワース邸の写真をみていたら無性に白い塗料を塗りたくなりました。真っ白になっていく対象を見ていると極めて爽快。遊びというのは、しなくてもよいのにすることですから、塗料塗りは立派な遊びなのであります。

    わが家の基本色を白にしたのは光を取回すため。極小住宅であるわが家には一日中光の届かないスペースもありまして、ここなどは漆喰を全面に塗り込んで真っ白。わが家ではたぶん一般のご家庭より頻繁にDIYで塗料を塗っています。住宅が工作品のように思えてきて、それはそれで面白いものです。






  • 2015_05_11

    グラスハウス


    フィリップ・ジョンソンのグラスハウス。この名建築を360度ビュワーで観ることができるサイトはこちら。よくある写真ではグラスハウスに生活感は縁遠いもの。けれどジョンソンはこの自宅に住まい続けていました。暖炉のススやクローゼットのシミ。そんな生活感をこのビュワーでは感じることができます。






  • 2015_05_10

    Tabi/世界の建築

    時々、信じられないほどに素晴らしいサイトに出会うことがあります。これほどの内容をサイトで無料展開されたら、書籍など売れないだろうと思ってしまうサイトです。標記のサイトもまたそんな思いをしたサイトでした。
    イームズ夫婦、チャールズ・ムーア、ルイス・カーン、フィリップ・ジョンソン、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエ、アルヴァ・アアルト、アントニ・ガウディー、ヴァルター・グロピウス、アルネ・ヤコブセン、ル・コルビュジエ等々建築史に残る偉大な設計家の作品を巡ったサイトです。
    掲載された写真が豊富で、これまで目にしたことがないアングルの写真が多数掲載されています。
    吉田さん、先日話していた北欧の文化度の高さがここに展開されていますよ
    愛知県犬山市の明治村に残されている帝国ホテルライト館も訪れてみたい場所。






  • 2015_05_09

    日々を愛でる


    わが家のコタツを遅ればせながら収納しました。あと何度出し入れできるのか。ふと頭を過ります。
    先日の家テラスでの友との会話。
    「LED電球を取り付けるとき、この電球が切れるとき生きてるかなって思うんですよね」
    「あ、それね、川柳にもあったよ。まだいけるもう一度だけ犬を飼う、だったかな」
    生きていることを、何気ない一日一日を、愛でて生きていく。些細なことで心揺らすことが過ぎ去りはじめる日々。






  • 2015_05_08

    一休イス化計画4 酔っ払い対策

    壁面がガラス張りですので腰板の設置が必要かもしれません。ウイスキー樽スツールを使う場合は多少では動きませんので不必要ですが、他のイスの場合は酔客が立ち上がった際にガラスを破損する危険があります。
    なお丸テーブルを採用する際は1本足のものは避けること。酒を出す店舗では酔客が転倒する可能性があります。






  • 2015_05_08

    一休イス化計画3 
    客数へのフレキシブルな対応案


    客数へのフレキシブルな対応を考えるならば次のような点が肝要かと思います。
    1 カウンター席のスツールと同程度の高さ(420mm)に合わせる。
    2 肘掛け付きイスは避ける。客が立ちにくいですし回転数も低下します。
    3 スタッキングできるイスか、スツールを選定。
    スツールは特に丸テーブルの場合人数に応じて詰めやすい。たとえばこんなのはいかがでしょう→天然素材スツール(クリック)。家具を身に行った際に店主の好みが天然素材であったことを考慮してのセレクションです。高450mm。そうでなかったら座面が革張りのスツールが合いそうですがいかがでしょう。ただし店舗用定番でない商品はそれなりのリスク請負は必要。
    背もたれがあるイスでしたらアントチェアはいかがでしょう。スタッキングもできます。






  • 2015_05_08

    一休イス化計画2 
    雰囲気だけを考えたベスト改装案


    イス化するということは客数へのフレキシブルな対応ができにくくなることであることは了解しなければなりません。
    店の雰囲気を統一することだけを考えると、ベストな改装方法ははっきりしています。カウンター席のものと同じとウイスキー樽スツールと、カウンターと同じ高さの机を置くこと(できれば同じ会社の製品)。一休の通路は広めにとられていますのでその方向性はアリかもしれません。その際はこのサイトをご覧ください。






  • 2015_05_07

    一休イス化計画


    島原の「一休」が店舗の半分程度の和机スペース(A)を、テーブルとイスの様式に変えたいとのこと。高齢化と生活スタイル洋風化によって出てきた客からの要望。
    「一休」が他居酒屋との差別化ができているのは居酒屋カフェ的店舗スタイル。ですからイス化はうまくやれば一層の個性を出せるでしょう。ただし売り上げに関わる大きな変更ですので慎重に。
    まず、想定客数は何人なのか。やみくもに座席数を増やせばよいというものでもありません。席数をただ増やすだけでは、皿も乗りきならくなり通路の幅も十分に取れなくなります。

    机について。基本は2人席。これを組み合わせていきます。組み合せを考えると四角がいいのですが、一休のコンセプトであるカフェ風を強く出すのであれば丸。
    2人席は、カフェなら500mm角テーブルあるいは直径600mm丸テーブル、居酒屋なら600~650mm角テーブル。丸テーブル4人用は直径1000mm。またテーブルは広いほど滞在時間が長くなります。使う食器を実際に並べてシュミレーションのこと。
    ここは考えどころです。客単価と想定客数とを考察しましょう。

    椅子の高さは実は決定しています。それは写真からお分かりのとおり目線を合わせること。ですからカウンター席のスツールの高さと同じにすること。写真から分かるとおり、現在カウンターに立つ店員、カウンター客、和テーブル席の客の目線がそれほど変わらないように設定しています。
    ではテーブルの高さはどうするか。イス座面からテーブル上面まで30cmが標準。分かりやすく言えばカウンターと同じ高さにするといいでしょう。






  • 2015_05_06

    DVD代治朗セレクション

    休みも後半。自宅でゆっくりという方も多いことでしょう。そこでDVD。
    「代治朗さん、気合入れずに観て、いいなあと思える映画を推薦されるなら何でしょうか? 5本程教えていただければ幸甚です。」 隠れ家のシアタールームで日々映画を満喫され、常人の域を超えた本数に通じてらっしゃる代治朗さんにご無理をいって選んでいただきました。あなたのベスト5はなんでしょうか?

    • 一番にあげたいのは『ザ・ブルースブラザース 1980』もう何度観たかわかりません。主人公のジェイクとエルウッド、キャブ・キャロウエイ、アレサ・フランクリン、ジェームス・ブラウン、そして、初期のスターウォーズでレイア姫を演じたキャリー・フィッシャー、そして、スピルバーグ監督もカメオ出演しています。
    • 女性の絵画的な美しさ、言い換えれば芸術的な美しさ、それを堪能できるのは『ルノワール 陽だまりの裸婦』。浴女たちのモデルとなったミューズと陽だまり、その画面が絵画そのものです。画家は陽の光を、そんな風に見ているんだな、と解ります。
    • 男の映画で感動したのは『北国の帝王』。リー・マービン、アーネスト・ボーグナイン主演。主要キャストに女はいません、男と女が絡まない男同士の対決。
    • 戦争映画では『遠すぎた橋』『最前線物語』『二百三高地』。そして、今、私の大好きな俳優 トム・ハンクスとマット・ディモンが共演した『プライベートライアン』
    • ギャングものは、『ゴッドファーザー』。そして、ブライアン・デ・パルマ監督の『アンタッチャブル』。ロバート・デニーロが、残忍なカポネを演じています。そのデニーロとアルパチーロ主演の『ヒート』。
    • 西部劇の最高傑作はなんたって、セルジオ・レオーネとモリコーネの黄金タッグが撮った『ウエスタン』。画面と音楽が脳に焼き付いています。カウボーイハットとロングコート、ライフルと馬が欲しい(笑)。
    • 最後に、マット・ディモン主演の『ザ・ボーン・アイデンティティー』から始まるボーン三部作。決して荒唐無稽ではなく、人間鍛えれば、ボーンのように強くて知的になれると思わせる映画で、現実に国家間の情報戦の現場では、ボーンのような人物が暗躍しているでしょうね、多分(笑)。






  • 2015_05_05

    子どもの日


    子どもたちが健やかに育てる社会を私たちがつくっていけますように。






  • 2015_05_04

    家テラスで音楽を聴く

    冷房を入れ始める時期になれば、テラスへのドアを開け放しておくこともできませんので室内から音楽を漏れ聴くことは難しいでしょう。ご近所にとっても大音量は迷惑な話。小型で、無線で飛ばせて、充電型のスピーカー。そんなものがあるのかと探してみたら出てきました。クリエイティブ社のCreative Woof。手のひらサイズで、ワイヤレス、最大約6時間再生の充電式バッテリー。2,000~4,000円也。
    選曲も進め「家テラス用曲集_for_daylight」、「家テラス用曲集_for_eveing」リストを作成。for_daylight つまり日中用音楽は、ステファン・グラッペリマイケル・フランクス、小野リサ、スタッフ他。






  • 2015_05_04

    イギリス


    故郷 島原に行ったら必ず食するイギリス。私のソウルフードの一つ。海藻からできた食べ物。
    これをバジル・オリーブオイルでいただきます。クセのある味だからこそ食したい一品。






  • 2015_05_03

    娘の初月給

    「母の日ということでスイーツバイキングに連れて行ってくれるそうです。お父さんはダイエット中だろうから初月給でまた別の日に考えてるって」
    うれしいものです。娘は弟にも靴と服を買ってくれていました。






  • 2015_05_03

    家テラス


    ふりそそぐ太陽と新緑のもと、家テラスを楽しみました。
    こんなに素晴らしい季節、屋内で呑むなんてもったいない。
    ここで過ごす一時は休日であることを実感させてくれます。
     千里鶯啼いて緑紅に映ず
    心地よい風。見はるかすたおやかな風景。近くの大木ではウグイスが鳴いていました。
    飲み物は細やかな氷が浮かびギンギンに冷えたフローズンカクテル
    「フローズンダイキリって、ヘミングウェイが好きだったんですよね」と言いながらミキサーを回していただいた吉田さん。なにせプロのお味。豊かな陽ざしのなかでいただけば極上に決まっています。
    daiさんがヘロヘロになってオシャレな自転車で到着。長崎の坂の底力があってこんな眺望もまた楽しめるわけではあります。

    今回はアヒージョもつくっていただきました。リゾート感もいやまします。

    北欧のテレビドラマ「ザ・ブリッジ」の素晴らしさが語られます。 
    「文化度の違いを見せつけられます。建築も家具もやたらうつくしい。会話も『no』にあたる言葉一つに込められている多重性があります。ハリウッド映画が多くの阿呆に観せなばならないことを前提につくられていることと双璧」
    そう、日本は文化度という面では、北欧と比べれば途上国だと思います。
    「北欧家具のシンプルさはいろいろあった上での、結局このかたちが一番だねって行きついたようなシンプルさ。込められている多重性がたまらない。「ザ・ブリッジ」のシチュエーションからして、政経・文化の課題をみつめたところから始まっていてそのレベルの高さに驚きます」

    そういえば、北欧では外食をほとんどしないんですよね。家テラスでも一人2千円くらいで楽しんでます。それで十分。要は人とシチュエーション。わが国では5千円程度の宴会習慣が経済を回していること自体が、途上国的経済である証です。


    話題は映画監督クリストファー=ノーランの素晴らしさと、リドリー=スコットの近年の制作姿勢への疑念について。上動画は明晰夢を扱った作品。近年、観たい夢を見る方法はネットでもつまびらか。
    やがて徐々に夜の帳が降りていき、眼下に広がりはじめるビーズ状のきらめき。そこにご登場の中島さん。タクシーで駆けつけてくださったとのこと。代治朗さんのファイヤーピットに火が入ります。さらに家人と一緒に帰宅した娘。話題は食品加工からでんぱ組.incまで。人生は楽し。






  • 2015_05_02

    家テラス

    ゴールデンウィーク。今日から。この前の祭日からゴールデンウィークと騒いでいるメディアは格差社会のことなどお忘れのようです。
    ノープラン。混み合っている場所に行くのは好みません。家テラス開店。今がベストシーズンです。今日は午後からフリーになりますので、よろしければお電話ください。焚火などしながら飲んで与太話などしましょう。昨日は小島さんがきてくれて「今度、里山でキュブリック・ナイトしましょう」という話がまとまりました。人生は楽し。





  •  
    2015_05_01

    この炊飯ジャーは購入しない方がいい


    炊飯ジャーを購入しました。プロダクトデザインが最後の決め手でした。製品名はタイガーのJPX-A100。店頭参考価格帯:\78,680 ~ \124,416というしろものです。わが家にとってはとても高い買い物でした。ですから慎重にスペックも検討しました。しかし落とし穴がありました。
    購入して初めて炊飯予約をして寝たその日の早朝、ウ~ンという機械音で目を覚まされました。音のする方を見ると炊飯器が唸っています。その唸りは後半になるとさらに高まり小一時間鳴り続けました。参った。同製品ではありませんが、同じような状況の方が、下動画のように状況をアップされてました。


    念のため次のようにタイガーに問い合わせてみました。
    「音がうるさいのですがこれは通常のものでしょうか。炊飯中ウ~ンという作動音がして、同じ部屋にいるのが苦痛で部屋から出ています。早朝の作動時は特に静かな室内に響き、初日はこの音で目が覚めました。もし通常の作動音でしたら製品そのものの課題だと思います。」

    回答は次のようなものでした。
    「ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。お問合せの内容につきまして。炊飯中にウ~ンと言う作動音がしてうるさい。ご購入いただいた商品は、IH方式の炊飯ジャーです。IH方式の炊飯ジャーは、炊飯時に本体内部の熱を逃がすためにファンが作動します。炊飯中のウ~ンと言う音はファンの作動になります。又、保温に関しても、16秒毎に保温温度の検知をして、保温温度が低くなるとIHが作動してジーツという音がします。*取扱説明書11頁の「音について」記載させていただいています。IH方式の炊飯ジャーの構造から出る音ですので、ご理解賜ります様お願い申し上げます。タイガー魔法瓶株式会社 お客様相談室」

    盲点でした。音までは確認して購入しません。調べてみますとIH炊飯ジャーがなべてうるさい訳ではないようです。この機種はうるさいですし、タイガーからの回答も「うるさいよ。理解して」と言ってます。ご存知でしたか? ご存じない方が多いと思いお知らせします。味の方も価格程の変化はありません。日本製品を購入してこれほど失敗だったと思ったことはありません。現在部屋を変えて眠っています。

     

     

     

  • →これまでの全記事
  •  

     

    Plofile まつを


    デザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

    「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。