パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

Bar 指のつけ根

おなまえ
e-mail
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字8文字以内) 情報を保存

エマニュエル・トッドのインタビュー記事

ロシアのウクライナ侵攻についてのエマニュエル・トッドのインタビュー記事が文藝春秋に載っていました。

彼の見解は、ここで議論されてきた内容や視点にかなり合致するもの。ウクライナは歴史的・地政学的に大変危うい地であること。欧州の「ロシア嫌い」が米国&欧州の挑発的行動にエスカレートし、ロシアが侵攻せざるを得ない状況に追い込まれたとも考えられること。ミアシャイマー先生の動画にも触れ、大筋で肯定しつつも、米国は兵こそ出していないが既に第3次世界大戦に足を踏み入れていると考えること、またこの戦いで敗れて国内システムが窮地に陥るのは米国の方であろうと予言。要約が雑すぎて全容をお伝え出来ていないことが恐縮ですが、示唆に富んだ内容でした。そして彼は、仏国内では感情論で自分の意見はまともに受け入れられない可能性が高いから、冷静で中立的である日本のインタビューには応じたとのことでした(彼の日本好きは有名)。

題名は「日本核武装のすすめ」とやたらにパンチが効いたものでしたが、それはあくまでも日本が地政学的にアジアの中で真の独立を保つための一つの策として最後に少し述べてあるだけ。煽るような恣意的な日本語の題名付けには少々失望しました。

エマニュエル・トッド 文藝春秋特選記事から
https://news.yahoo.co.jp/articles/173fd4c981ef8c385fa47dbf3fb3bb48972a8f7d

エマニュエル・トッド - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%89
しんのじ 2022/04/18(Mon) 23:26 No.116

故郷

今更マルクス エンゲルスの復習でもあるまいと言われそうですが(笑)
彼らがプロイセン王国(ドイツ)の出身であることや またこのプロイセンの語源ともなった東部のプルーセンがプロシア公国となってロシア国の基となることなど 軽視されがちな話を少し… 

そのプロイセン王国を離脱し無国籍者となってイギリスへ渡ったマルクスが 古くからの友であったエンゲルスと絆を強めるのがパリであったことなど周知の通りですが なによりも両者が共にユダヤ人であったことは忘れられてはならない歴史の重要事であったろうと思われます

パリ・コミューンを魁とするフランス革命 さらにはロシア革命など 西欧諸国ではユダヤ革命として捉えられており実際にそのように記す教科書なども存在するようで 事実 後を追うように立ったトロッキーもレーニンもユダヤの人でありました つまり理論的に対立するかに見える共産主義と資本主義は 実は自由と民主の名のもとに手を握り合えるはずの同根のユダヤ思想に育つ双樹幻想であったことになります
 
コミューン ボーダーレス グローバル これらの語はまさしく共産主義が理想とする世界の別名であると同時に資本主義自由経済社会が望む無国籍世界「超国家」の別名なのです 国連や国連が手がけるあらゆる部門の発起人ならびに出資者 さらにはその運営の重要な人材の悉くにユダヤ人の名が連ねられていることは よくご存じの事と思います

勿論ここでユダヤ陰謀論を語るつもりは更々ありません(笑)
むしろユダヤの人々が果敢に挑み続けた「シン帝国」超国家の夢の瓦解する世紀の幻影をウクライナ報道に重ねては感極まるばかりです
国境など明確ではなかった時代のドイツ ポーランド ウクライナ ロシアに跨るプロイセンの地こそまさにマルクスとエンゲルスの故郷だったのです
捨老 2022/04/18(Mon) 21:22 No.115

Re:[113]

捨老さん、フォローありがとうございます。私も書きつつ気になっていた点でありました。ユダヤ人という語彙を侮蔑の意味で使用してはおりませんことはご理解のとおりで、ノーベル賞受賞数をみるまでもなく優秀な実績を上げています。
また欧州共通教科書は有名ですね。
まつを 2022/04/17(Sun) 15:55 No.114

歴史

日本では歴史を日本史と世界史に分けて学ばせる伝統がありますが 世界において殊に欧米にあっては歴史は自国史も世界史の一端として学ばれており 日本的歴史教育は稀有な事のようで 勿論欧米では近代と現代を分けるようなこともなく現代史一括りとなるようです

その現代史が世界において大いに読み直され始めていることはご承知の通りですが
その重大な要因がソ連の解体と封印されていた資料の開示に連携する欧米の情報史(機密情報史)の開示 これに伴うユダヤ史の統合的な読み直しであろうと思われます この際注意すべきは まつをさんがご指摘のように「ユダヤ人」と言う語が決して人種を指す語ではなく「ユダヤ教徒」を指す語でありながら 日本人ユダヤ教徒を決してユダヤ人などと呼ばない事実など 大いに繊細な要素を孕んだ語であると言う事実でありましょう

最近のバイデン演説の報道で「」つきで「ジェノサイド」と言う語が繰り返される傾向にあるようですが どうやらナチの「ホロコースト」と区別さるべく意識的に使用されているもののように思われます と言うのは
近年のソ連学はレーニン時代のウクライナにおいて ナチもスターリンも顔色を失いそうな凄絶なユダヤ人ジェノサイドが行われたことを明らかにしているからです
捨老 2022/04/17(Sun) 15:44 No.113

Re:[111]

> 「ユダヤ人の王ナザレスのイエス」
これはINRIかな。イエス・キリストの磔刑の際に十字架の上に掲げられた罪状書き、ラテン語でIESVS NAZARENVS REX IVDAEORVMの頭字語。日本語では「ユダヤ人の王、ナザレのイエス」と訳されます。詳しくはこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/INRI
まつを 2022/04/17(Sun) 15:22 No.112

島原の乱も

1637年の島原の乱
天草切支丹記念館所蔵の天草四郎陣中旗、1637年。山田右衛門作には「ユダヤ人の王ナザレスのイエス」という意味の文が折り込まれている。
田屋敷酒散人 2022/04/17(Sun) 10:28 No.111

ロシア人とハザール系ユダヤ人の戦い

捨老さんが暗喩されていることの解説です。

【基礎基本】
今日のユダヤ社会の二大勢力は、アシュケナジムとセファルディムである。アシュケナジムとはドイツ語圏や東欧諸国などのユダヤ人。セファルディムとはスペイン系ユダヤ人。
出典:Wikipedia

【ロシア-ユダヤ闘争史】
~ロシア人とハザール系ユダヤ人の戦い~
旧ソ連駐日ソ連大使館外交官 アレキサンドル・イワノフ氏による
出典 http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb500.html

第1章:ハザール王国 vs ロシア帝国
■8~9世紀、ロシア人はハザール王国と戦った。
ハザール王国は7世紀にでき、現在のウクライナ領土と大まかに被る。
8世紀、ビザンチン・キリスト教とイスラムの圧迫を受けたハザール民族は、王から奴隷にいたるまで国を挙げてユダヤ教に改宗した。彼らはユダヤ人と名乗った。
8世紀から9世紀にかけて、ロシア人とハザール王国は数回にわたって戦争をしたが、965年、ロシア人がハザール王国を占領した。
13世紀、モンゴルがハザール王国を滅亡させた。彼らの多くがロシア領内に逃げ込んだ。ロシアはハザール系ユダヤ人を弾圧した。
■ポーランド分割でロシアへ入ったハザール系ユダヤ人
18世紀、ロシアはポーランド領の一部を領土とした。ポーランドにはハザール系ユダヤ人たちが国家内国家を形成していた。こうしてロシアはハザール系ユダヤ人を取り込み、ロシアに再びユダヤ問題が生じるようになった。彼らはロシア人がハザール王国を崩壊させたことへの復讐心がある。

第2章:「ロシア革命」は「ユダヤ革命」だった
■日露戦争を画策したハザール系ユダヤの狙い
日露戦争はユダヤ人の画策により2つの国が衝突した戦争である。ロシアの敗北が狙いであった。
■ユダヤ人が担ったロシア10月革命
10月革命は、アメリカとドイツの金によって、トロツキー、レーニンなどのユダヤ系の人々による革命であった。
■ユダヤ人の間の激烈な闘争 ─ 欧米からやって来た革命家 vs ロシアにいたシオニスト
共産主義者、革命家たちはユダヤ教を信奉しなかった。シオニストたちは信仰を持っていた。革命後アメリカやドイツからやって来た共産主義者のユダヤ人たちと、ロシアにいたユダヤ教徒との間に激烈な闘争が起こった。この闘争によりレーニン・トロツキー一派はほとんど消えてしまった。

以後は各自出典サイトをお読みください。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb500.html

「アシュケナジム・ハザール起源説」についてはこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%AB#%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B1%E3%83%8A%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%B5%B7%E6%BA%90%E8%AA%AC%E3%80%8D%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6
まつを 2022/04/17(Sun) 09:25 No.110

金麦畑

キタノさん仰せのとおりです(^^)v
コルホーズやソホーズの徹底によって この地の拡大した農地が美化されるようになるのは 勿論遊牧民排除の後のことになりますが
捨老 2022/04/16(Sat) 12:06 No.109

青と黄色

ウクライナ旗に象徴される青空の下の黄色は 広大なひまわり畑を示したもので ソフィアローレンの映画「ひまわり」で知られたようにロシア人にとっての紛れもない鎮魂の地でありルースキー・ミールの聖地なのである だが同様にポーランド東部から黒海に至るヨーロッパの果ての広大な空き地はシオニストのメッカの如きアナーキーな土地ともなっていたのであり 戦後は周辺小国からの難民(主として経済難民)移住の地と化していったようだが 皮肉にもこのたびは史上最大のアナーキー世界=インターネットと結託したようだ(笑)
捨老 2022/04/16(Sat) 08:19 No.105

バデーニ言語令

奇しくも4月15日(1897)
オーストリア(ハンガリー帝国)のボヘミア地方においてドイツ語に並び チェコ語も公用語と定めた政令が発布された
そもそも平地であれば 牧羊民に国境など無意味であった
捨老 2022/04/16(Sat) 05:44 No.104

地続き

アメリカに居た頃、南部の田舎を案内してもらっていたら何か道路に杭があり同行者(日本人)にこれ何ですかと聞くと、「これからさきはメキシコです」と云った。散人はしばし瞠目した。それからそろっと片足をメキシコ側に入れて国境を越えた気分になった。日本では絶対味あえない気分だった。国境を接していると何かと揉め事も多いだろうと思う。特に欧州は国境が入り乱れていて揉め事の歴史だった。
日本人には想像外のことが多い。
田屋敷酒散人 2022/04/16(Sat) 05:05 No.103

戦争を体感したことのないアメリカ女性達

アメリカがこれほどしばしば政策に軍事を用いるのは、近年自らの国土で戦火が上がったことがないからではないかと思うことがあります。
アメリカ女性たちは戦争を体感したことがない。だから男たちを止めない。マッチョが好きで、暴力的映画を多作する状況を恥じない。
まつを 2022/04/16(Sat) 03:56 No.102

戦争したがる男達

キュウバ危機は1962年散人14歳の中学生。母に「戦争なるぞ」というと、「いやだね、男たちは戦争したがって」と云った。そうなのかもしれない。本気で女性首相を日本でもたてようではないか。
と思うけど、浮かぶ顔はみなケンカ好きに思える。怖い。
田屋敷酒散人 2022/04/15(Fri) 16:45 No.101

ドンバス2016

https://www.youtube.com/watch?v=ln8goeR5Rs4

フランス人取材の体裁だが、ロシアのプロガンダとも思える。だが、冒頭のポロセンコの演説には身震いした。

ドンバス戦争 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%B9%E6%88%A6%E4%BA%89
キタノ 2022/04/15(Fri) 16:22 No.100

カナシゲな昼餐

 一杯のため、料理のためにどこまで行くか?痛い思い出があります。

 シーカヤックのハッチにサイズ違いで新しく揃えたダッチオーブンを積んで意気揚々と佐世保パールシーから出艇したのは、シーカヤックがとっても盛んだった約15年前。普段ならキャンプツーリングなどしようと声をかけたら強者たちが続々と集まり、夜は焚き火を囲んで痛快な野営が延々と続くような、今考えたら夢のような時代の話です。
 
 九十九島沖、西へと1時間ほど島々の間を縫って漕ぐと金重島。その日はたしか晩春の土曜日で暑くもなく寒くもなく、午後から少し曇り気味になるとの予報でしたがそれならむしろ漕ぐのには好都合。涼風と波しぶきを浴びながらアーチ状に連なる綺麗な白砂のビーチに上陸した頃は薄曇りで快適そのもの。気持ちも高揚しておりました。一昨日、仲間がよく見るネットの掲示板に「ダッチオーブンでフライドチキンをたくさん揚げます、サクサクで骨まで火が通って旨いですよ」と書いておいたからワンサカ仲間が漕ぎ渡って来るだろう・・・。

 早朝から大量の味付け肉を仕込んで、イザ上陸まではよかった。キャンピングストーブを点火し、分厚い鉄鍋も十分に温まってきた。さあ、今から何キロ揚げようか?と、勢い込んで肉を油に次々と投入すれど、島に漕ぎつく勇者はなし。それどころか一転にわかに掻き曇り、徐々に空は雨模様・・・。

 幸い、雨が本降りにならぬうちに用意したすべての肉を揚げる事は出来ましたが(帰りに腐らせないで済む)、大量のフライドチキンと共に大雨にならぬうちにあと5キロほど東に漕ぎ戻らねばなりません。
ヤケになって腹一杯の肉を喰らい、ビショビショになりながら帰還したのでした。今思い出しても自分の間抜けさに笑えてきます。
しんのじ 2022/04/15(Fri) 13:57 No.99

おもしろい

しんのじさん、街の灯りは昭和48年1973年のヒット曲です。散人が25才になる年です。47年入社ですのでほぼ仰るとうりであります。
正章さんにはコマ劇場時代にはグループで、シアターアプル時代には個人で出演してもらいました。演技も唄も出来、才能の傑出した人でした。特に鳳蘭さんとの夫婦のドタバタ喜劇ミュージカルは今は誰もできないほどの面白さでした。
それに比して現在のジャニーズ系のタレントは殆ど棒立ち芸です。舞台芸はアップが利かないので顔芸人は無力です。もう今後は出ないでしょう。TVコマーシャルで数千万円稼げる時代です。役者も観る側も痩せた時代です。苦労するより楽に稼げるほうがいい。見る側も一日かけて劇場にいくより家で寝そべりながらTVでお安い一発芸で笑ったほうが楽。
本物が消失した時代。 残念。
田屋敷酒散人 2022/04/15(Fri) 11:26 No.98

御意

まつをさん、了解しました。今まで10回くらい字数調整してたのがなくなるのはちと寂しい(笑)?

散人さん、街の灯、懐かしいです。マチャアキがソロになって数曲目ではなかっでしょうか。僕が小学校5、6年の頃だったので、あるいは散人さん、就職したての頃ではありませんか? 歌詞もメロディもほとんど覚えているので、ピアノで弾き語り出来るかも(笑)。
しんのじ 2022/04/14(Thu) 00:56 No.96

お礼とお願い(事務連絡)

散人さん、しんのじさん、Bar指のつけ根 をご愛用いただきありがとうございます。うれしい限りです。今後ともご愛顧いただきますようなにとぞよろしくお願いいたします。

さて、少しばかりお願いです。1文を途中で改行しますと、スマホで見た時次のように見えています。
https://site-matsuwo.com/archives/2022_04/top-photo/IMG_7006.jpg
当サイトのビジターの半数以上はスマホでご覧いただいている現状です。つきましては今後ご対応願えれば管理人のおじさんはとても喜びます。
まつを 2022/04/13(Wed) 17:30 No.95

画像に

まつをさんの素晴らしい画像に「街の灯り」を捧げます。

「街の灯り」唄 堺正章

街の灯りちらちら
あれはなにをささやく
愛が一つめばえそうな
はずむ時よ
田屋敷酒散人 2022/04/13(Wed) 14:36 No.94

いいころかげん

共産党志位委員長が「有事の際自衛隊が、国民の命を守るのは当然」と発言した。オイオイあんたがたは自衛隊を違憲としてきたのでは。
散人は頭が混乱してきた。この共産党の発言をいいころかげんというのだろう。消滅してほしい政党だ。
田屋敷酒散人 2022/04/13(Wed) 13:39 No.93

熊の目を棒で突く、か。なるほど

キタノさん、ミアシャイマー先生の動画を大変興味深く拝見しました。

タブーに囚われることなく、柔らかな語り口で本質を大胆に抉る様は見事なものでした。

挑発に近い(むしろ、そのもの?)の西側からのロシアへの示威行為はやはり色々あったのですね。「熊の目を棒で突く」とは強烈にして分かり易い例えだと感じます。キューバ危機で、米国がある意味、今のロシアと似たような核緊張を作り出してしまっていたこと(ケネディは核ボタンを押すかなり寸前まで行ったそうだから今以上か)、この戦はロシアを追い込み過ぎずに落とし所を見つけるべきなど、示唆に富んだ論説のご紹介を有難うございました。

追伸;まつをさん、チェアリング、参加希望とさせていただきます!
しんのじ 2022/04/12(Tue) 23:53 No.92

Re:[90]

ジョン・ジョゼフ・ミアシャイマー。
存じませんでした。彼の略歴。
1970年、陸軍士官学校卒業。将校として空軍に5年間在籍。
1982年以来、シカゴ大学の教員。
2003年のイラク戦争時には反対に回った。
2019年の民主党予備選挙ではバーニー・サンダースが望ましい候補者であるとした。

すごいね、この出自で、このリベラルな思考。アメリカの深さを改めて感じました。同時に彼がスポイルされていないことに感銘を受けました。これがロシアなら身も危ういでしょうし、このYoutubeも消されていたでしょう。
ウクライナ市民が受けている悲惨な状況は許されるべきではないことは論を待ちませんし、原因のいかんに関わらずロシアの非道さは許されるべきことではありません。
今回のそもそもの原因については、従前から私も記させていただいているとおりです。ただしゼレンスキーは巧妙な情報戦を展開していることも確かなようです。たとえば
https://shinobue-sato.com/zelensky-synthetic/
私たちは遠い土地で2次情報を見続けています。

ジョン・ミアシャイマー - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC
まつを 2022/04/12(Tue) 17:43 No.91

ジョン・ミアシャイマー

キタノ 2022/04/12(Tue) 13:22 No.90

チェアリングのお誘い

4月29日連休初日、チェアリングを楽しみましょう。外でしたらソーシャルディスタンスも取れます。

場所 長崎水辺の森公園
日時 4月29日12時から
持参品 イス、あればテーブル、自分が飲むお酒等飲み物、つまみ。

ご参加をされる方は、こちらにご意向をお書きくださいね。せっかくの連休、楽しみましょう。
まつを 2022/04/12(Tue) 08:30 No.89

宅配食事

●『nosh-ナッシュ』
https://nosh.jp/lp/livingalone2?utm_source=twitter&utm_medium=display&utm_campaign=singer&utm_content=singer&utm_term=card_800_800_96&twclid=11512960520306847746
美味しく栄養管理ができる
専用段ボールに箱詰めし、佐川急便の飛脚クール便でお客さまのご自宅へお届けします。
毎週お届けする食品は約7L程度となります。一般のご家庭の平均的な冷蔵庫(600L程度)であればしっかり収まります。

●島原市でおすすめの宅配弁当6社を比較!うまい、安い、早い
https://deliciousplus.jp/takusyoku-nagasaki-shimabara/
まつを 2022/04/10(Sun) 10:21 No.88

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

オススメ

これまでの記事

掲示板

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

メール

リンク

 

Profile まつを

Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。

- LightBoard -