パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

S i t e ま つ を


2022年8月



2022_08_09

長崎被爆の日

77年前の今日、米国によって長崎に原子爆弾が投下されました。

1分間の真空が現れます

長崎では投下時間の11時2分、サイレンが街に鳴り響き、人々は一斉に1分間の黙祷を捧げます。街が止まります。街から音が消えます。職場から、学校から、公園から、繁華街から、音と動きが消えます。真夏の照りつける太陽の中に、1分間の真空が突然現れます。そしてその上を、薄く広く無機質なサイレンが覆います。聖なる時間とはあの一時のことをいいます。

1分の黙祷が終わった後、私たちは一般の業務や生活に戻るのですが、そのわずか1分間の間に、私たちは日常から随分遠くまでいってきたかのような感覚を持ちます。

全国で黙祷を捧げられれば

広島の8月6日8時15分と、長崎の8月9日11時2分に日本全国で黙祷を捧げる。そんな運動がインターネットをつうじて拡がっていくことを願っています。たった1分ですが、その真空で学びふり返ることは大きいと思っています。

長崎と原爆

 長崎平和祈念式典の献水はどこの水?

 長崎原爆と浦上天主堂 爆撃機は「神のご加護を」と祈られ浦上信徒を殺した

    ●散人さんのコメント

    本年に出版された『人はなぜ平和を祈りながら戦うのか』並木書房。この本によると、長崎原爆投下戦闘機ボックス・カーの乗務員は全員出撃前、従軍牧師による礼拝を終えた。「神のご加護を」と。で同じ浦上信徒を万単位で殺した。

    永井隆博士もカソリック信徒であった。私の兄は永井博士から父が頂いた「黒いロザリオ」を今でも大事に保管している。父は被曝後20年で肝臓に障害が出て死亡した。


    ●まつをのコメント

    長崎原爆投下戦闘機ボックス・カーにテニアン島で祈りを捧げたジョージ・ザベルカ神父は、長年、「原爆投下は正しいことだった」としていたが、終戦から40年近くが経った1984年、「イエスに機関銃を持たせたのは私だ」と深い懺悔をして、来日したのち「原爆投下は間違いだった」と告白している。回心後のザベルカ神父は、核廃絶運動や平和活動に身を投じている。

      出典:日本ホーリネス教団

    また近年、広島原爆投下戦闘機エノラゲイには、カトリック神父であったジョージ・ザブレッカが同乗していたことが明かされている。宗教の後ろだてがなければ、良心で、大量殺戮はできない機長や乗組員に原爆投下を行わせるためだったという。彼は後に想像しうる最悪の裏切りの一つであったと認めた。

      出典:外務省「ミゲル・デスコト・ブロックマン第63回国連総会議長あいさつ」他

 「ナガサキノート あの日、人々の足取り」

 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館

 原爆は国際法違反である

 核爆発の歴史(CG動画)

 

2022_08_08

国立 長崎原爆死没者 追悼平和祈念館

2019_08_08記事再録

(クリックで拡大)

原子爆弾により亡くなられた方々やその後に亡くなられた方々を追悼し、世界平和を願う施設です。

2003年の開館当初は、写真を撮っていると注意されていた記憶があります。この場所が弔いのための聖地という意識からであろうことは理解できます。その後、平和への願いを世界に発信する思いもあり、写真撮影は許されるようになったようです。
実際訪れますと、桁違いの聖地感に包まれるアーキテクチャーであることが理解できます。


訪れる者は、まず地上部に設えた巨大な円形の水盤の回りを周回しアプローチしていきます。夜間水中に約7万個の光が点灯し、亡くなられた方への哀悼の意が捧げられている水盤。

地下施設に下っていくのは、そこから突き出た強化ガラスでできた門の間から。


地下へと誘うシンメトリーの深い階段。


現れるのは壁面から流れ伝う水の回廊。


そして長く狭い通路。こうして静寂と厳粛が辺りを支配し、ここが聖なる空間であることが私たちに沁み入ってきます。

写真に写る通路中ほどの光のスリット。そこから主空間に入っていきます。


いきなり冒頭写真の大空間が現れます。天上から降り注ぐ光。光に満ちた大空間。この世のものとは思えない圧倒的空間。

12本の強化ガラスの光柱の奥には、名簿が奉安された名簿棚が配置されています。ガラス柱が立ち並ぶ方向が落下中心地。


点在する水盤。

言葉による解説は極力避けられ、来訪者が体感するように設計された高度な場となっています。

人類未曾有の出来事がここで起こりました。鎮魂の場であると同時に、世界への発信の場がここにあります。
入館料無料。


栗生明
第8回アルカシア建築賞公共施設部門ゴールドメダル
バーバラ・カポチン国際建築ビエンナーレ賞公共施設部門最優秀賞
第46回建築業協会賞(BCS賞)受賞
日本建築学会作品選奨
グッドデザイン賞受賞
第22回日本照明賞受賞
第13回長崎市都市景観賞受賞
長崎市平野町7-8

 

2022_08_07

長崎平和公園で祈念

早朝に


早朝、曇天の下、長崎平和公園で平和を祈念して参りました。 今年もコロナ禍のため平和祈念式典への自由参加はできません。


会場に出向きますと会場には大テントが設営されていて、このエリアは立入禁止となっており、監視員も立っていました。訪れた者はぐるりと廻って、平和祈念像前に設けられた被爆犠牲者之霊の塔前に立つことができるようになっています。


これが側面から見た大テント。野太いワイヤーでテンションが掛けられています。昔、設置業者の方と話す機会を得ましたが、大変な作業であるとのこと。

残念な長崎平和公園エントランス

長崎平和祈念式典は、長崎から世界と人類の未来に向け発信する最大の式典です。

実際、平和公園内には世界各国から寄贈されたモニュメントが立ち並んでいますし、式典には世界各国から要人が参列します。


その会場のエントランスがこれ。設置した行政当局が違和感を憶えなかったとしたら、上記認識が薄れ始めているのではないでしょうか。

広島では

これに比して、広島平和記念公園は世界的建築家 巨匠・丹下健三が手掛けています。そして2004年に建て替えられた広島市環境局中工場もその理念を忘れず設計がなされています。

このことをカンヌ脚本賞映画『ドライブ・マイ・カー』の濱口竜介監督がインタビューで端的に語っています。


    「広島のロケーションを見てから、シナリオを変えたところがあります。例えば、広島市環境局中工場。これが『ゴミ処理施設』という言葉に似つかわしくない壮麗な建築物なんです。そこには、広島平和記念公園から瀬戸内海まで遮らずにつなぐ貫通通路がある。原爆で亡くなった人たちの精神とともに、どう町を作っていくのか…。そんな町の精神性が表れていると思い、後半、家福とみさきが立ち寄る場所として採り入れました」

     広島市環境局中工場    
      出典:エンタウォッチング


歴史を超えて受け継がれ、貫かれる思いは、人を動かします。

 

2022_08_06

原爆は国際法違反である

2015_08_07、08_06記事再録

日本政府 「ハーグ陸戦条約の法規慣例に関する規則に違反」と抗議

1945年、長崎への原爆投下の翌日、日本政府は、国際法違反であるとアメリカ政府に抗議しています。原爆使用は、ハーグ陸戦条約の法規慣例に関する規則第22、23条に違反していると。

  • 第22条: 交戦者は害敵手段の選択につき、無制限の権利を有するものではない。
    第23条: 特別の条約により規定された禁止事項のほか、特に禁止するものは以下の通り。
     5 不必要な苦痛を与える兵器、投射物、その他の物質を使用すること。
     7 戦争の必要上、やむを得ない場合を除く敵財産の破壊または押収。

ブレークニ弁護人 「原爆はハーグ陸戦条約第4項が禁止する兵器」

1947年、極東国際軍事裁判において、ブレークニ弁護人は、原子爆弾は明らかにハーグ陸戦条約第4項が禁止する兵器だと指摘しています。

パール判事 「原爆投下はナチスのホロコーストに比べられる唯一のもの」

また同裁判でパール判事は、米国による原爆投下こそが、国家による非戦闘員の生命財産の無差別破壊としてナチスのホロコーストに比べられる唯一のものであるとしました。
またパールは、戦後広島市での講演で、「アメリカは原子爆弾を投ずべき何の理由があっただろうか。日本はすでに降伏すべき用意ができていた」と述べています。

アイゼンハワーとマッカーサー 「原子爆弾の使用は不要」

アメリカ内部でも、アイゼンハワー将軍は、対日戦にもはや原子爆弾の使用は不要であるとトルーマン大統領に進言していましたし、マッカーサーも原爆が投下されたと知ったとき激怒したと発言しています。

東京地裁 「原爆投下は国際法違反」

1963年12月7日、東京地裁は原爆投下は国際法違反であると判決を下しています。

ハーグ国際司法裁判所 「核兵器の使用は国際法違反」

1996年7月8日、オランダ・ハーグの国際司法裁判所が核兵器の使用を「一般的に国際法違反」という勧告的意見を出しています。

散人さんのコメント

ニュークリアー・レイシズム(核による人種差別)

ニュークリアー・レイシズムという言葉がある。それは、核による人種差別である。

何故 広島・長崎だったかの理由を解く鍵もそこにある。人種差別であった。ウラン採掘、核実験、核廃棄物処理場の場所も先住民族の土地を選んだ。
1954年にビキニ環礁でアメリカは水爆実験をした。第五福竜丸が被曝した実験。ブラボー実験、ブラボーはビキニ水爆実験のコードネームである。ふざけたネーミングだ。土地のロンゲラップの先住民たちをアメリカ原子力委員会は「文明人ではないがネズミより我々に近い」と見下ろした。

私はアメリカ贔屓の日本人の気持ちが分らない。

 

2022_08_05

早朝散歩 長崎水辺の森公園


5時から相棒ジルと車で長崎水辺の森公園へ。

早朝、酒も入っておらず眺める対岸は、息を飲むうつくしさです。公園内のライトも点々とついて、街はまるごとリリカルなアミューズメント施設。


やがて陽が昇りはじめ、街は色づきます。どこからともなく犬を引いた方々が現れ、辺りは優雅な光景に。

青い空に立ち昇る夏雲、凪いだ海の青もはれ、遠くに女神大橋が望めました。夏の一日のはじまり。

 

2022_08_04

米国は中国との直接紛争を避け ウクライナ的煽りを狙っている

 

~第二のウクライナになるな日本~

散人さんのコメント

危機

台湾海峡危機が言われている。
中国による台湾侵攻が取りざたされている。
周主席の3期目の任期終了が2027年。
政治的成果は悲願である台湾統一。

キタノさんのコメント

ペロシ

米下院議会議長が台湾への訪問を強行すれば……。
米国は2正面での戦争を巧妙に避け、つまりロシアはウクライナや西欧に任せ、中国との全面戦争に専念し勝利するのが最終目的ではないだろうか。

まつをのコメント

戦時中の国民をほったらかしゼレンスキー夫妻のファッション誌撮影

日本で問題視されない、ゼレンスキー夫妻のファッション誌撮影。世界中のSNS, Tiktok, メディアに取り上げられているのに、何故、日本だけ?
この動画の中で「この戦争はロシアと国際金融資本の戦い」とズバリ指摘しています。

キタノさんのコメント

眠気が吹き飛ぶ

凄い動画ですね、モヤモヤしていた事が動画の証拠付きで解説されているのに驚愕です。 各国のメディアはまだ生きているのに、日本のマスゴミは全て死んでいる。

胡散臭いより上の真っ黒な悪人、ゼレンスキー。

しんのじさんのコメント

やっぱり、おかしい

ゼレンスキーの怪しさとアメリカの異常なテコ入れの中身がスッキリ読み解ける動画でした。

ウクライナから横流しされた兵器により、他国・他地域で内乱やテロが起こっても、絶対誰も(どの国も)責任をとりませんよね。ギリシャで起きた墜落事故は、まさにそれを予期させる恐ろしいものです。ウクライナ人の火事場犯罪者(ゴロツキ武器商人)は確実にいるという証左ですから。

アメリカの幼稚な挑発で台湾と中国の間には不要な経済摩擦を始めとした緊張が高まるだけで、本当に無責任なスタンドプレーにはため息が出ます。
もし日本が台湾有事に巻き込まれても、アメリカは本当にヤバい戦況に陥る寸前までは短距離ミサイルの供給と、その使い方を指導する軍人しか出さないってことになるかもしれませんね。駐留軍はほとんど動かず、自衛隊頑張れ!と言うだけで。

散人さんのコメント

国防費

日本     5兆3千億円 世界9位
米国 100兆円
中国   26兆円
ロシア     7兆970億円

キタノさんのコメント

ペロシの行動はウクライナ対ロシア戦争を招いたような煽り行為

ペロシの台湾訪問は、中国対台湾、日本、できれば韓国ニュージーランドオーストラリアも参戦させたい、アメリカのウクライナ対ロシア戦争のような煽り行為だ。煽るだけ煽ってしんのじさんが言われるように、アメリカは傍観を決め込む。

中国はアメリカに手を出せない、何故なら国防費で敵わないから。

捨老さんのコメント

この戦争は「ナショナリズムとグローバリズムの戦い」

>中国はアメリカに手を出せない

その通りですね 中国を作ったのは誰かを思い出せなければなりません(笑)

>動画の中で「この戦争はロシアと国際金融資本の戦い」とズバリ指摘

更に 恐れずに言わせてもらうなら この戦争は「ナショナリズムとグローバリズムの戦い」と断言して良いものと思われます

まさにトランプ米前大統領が
「アメリカファースト(アメリカ第一)」と断じなければならなかった アメリカ建国の精神の亡失と混乱が たった今 報道規制をともなう全体主義の様相を呈して全米に覆いかぶさっている現実を 国民と世界に向かって知らしめようとした姿であったに違いありません

彼が言う「アメリカファースト」とは 決してアメリカ孤立主義の主張などではなく 世界のあらゆる国が まず己の国の確立を心に命じ 確たる後に 手を結び合える世界でなければならないと言う
堂々たる誓盟だったのであり
世界統一などと言う寓教の如き唯一の世界ルールが 一国一国の歴史や民族性を無視して頭上からそれぞれの国に介入すような馬鹿げた世界が訪れてはならないと言う
アメリカの誇りに満ちたトランプ大統領の宣言であった事を 今あらためて噛み締めるのも 決して遅くはあるまいと思うのです

まつをのコメント

中国をつくったのはアメリカ

> 中国を作ったのは誰か

 『共産中国はアメリカがつくった―G.マーシャルの背信外交』ジョゼフ・マッカーシー

次のYoutubeも分かりやすいかもしれません。

 Youtube ヒラリー・クリントンは人民解放軍と中国共産党の顧問弁護士


>この戦争は「ナショナリズムとグローバリズムの戦い」

これはこれまで当サイトに書き留めた下記枠内の記事を読んでいただくと理解しやすいでしょう。


まとめにかえて

  1. ゼレンスキーはアメリカの傀儡である。
  2. アメリカは台湾状況を煽るだけ煽って、中国と直接の武力衝突はしない。
  3. アメリカの狙いは、ウクライナと同様の紛争を東アジアに作り出すことにある。
  4. これによってアメリカは、膨大な武器輸出を売り込める。
  5. 日本を含む東アジアを切るほど、アメリカ経済と覇権は弱っている。

それ以前に、帝国は主権国家を過去のものとらえているようです。

日本が第二のウクライナにされぬよう、中国ともどもアメリカの誘発に乗らぬよう注意する必要があります。

 

2022_08_03

早朝散歩


日の出少し前から

夏場は早朝散歩に限ります。

昼間のうだるような熱気が冷えて、澄んだ空気の中を散歩する爽快さは、他に変えられません。一日の内のベストタイム。
相棒ジルは私以上に嬉々として出かけてくれるので、一層楽しさも募ります。

日の出というスペクタクル


でもね、この前段階が一仕事。朝3時にジルに起こされ、一緒にしばらく添い寝してやって、ゴハン与えて、自分もプロテインとかで朝食澄ませて、5時には空が白み始めますので、よしっと出発。


今日の長崎の日の出が5時36分。散歩中にこの世界が朝を迎え、刻々と情景が変わる感動。雲は早く流れ、光量・色相とも変容していきますのでたまりません。地球という巨大なアミューズメント施設に囲まれているような感じかな。

 

2022_08_02

戦後レジームの悪き残滓

捨老さんのコメント

戦後レジームからの脱却とは言え  そのレジームをほしいままにし 利権に預かり続けた者たちとっては 安倍元総理は悪鬼の如き象徴であったとしても不思議はない 汚泥の淵である

公然の秘と言えば

こちらでも時々登場していた正力松太郎は コードネームをポダムとか言ったCIAインテリジェンスで 日本メディアを自在にコントロールするためにGHQが仕掛けたキーマンであったが マクルーハンが登場する以前に GHQはすでにTVが国民洗脳に重大な役割を果たす時代の到来を予測していたのである

それだけではない 自由党と民主党を結合させ 戦犯岸信介を釈放し政治に参加させ その自民党総裁にはコードネームは多分ポカホンと言ったと思うが緒方竹虎を据え さらには補足とでも言うか 日韓の国境を自在に越える曖昧な反共の民間指導者として文鮮明(統一教)を踊らせたのも 全てGHQの画策であり 戦後レジームの悪き残滓となった事は言を待つまい

散人さんのコメント

芸能界では、GHQとジャニー喜多川氏である。

 

    備考:


  • 正力 松太郎(しょうりき まつたろう、1885年(明治18年)4月11日 - 1969年(昭和44年)10月9日[2])は、日本の内務官僚、警察官、実業家、政治家およびCIAの協力者。 読売新聞社社主、日本テレビ放送網代表取締役社長、読売テレビ会長、日本武道館会長等を歴任。また、読売ジャイアンツ創立者であり初代オーナー。 位階勲等は従二位勲一等。富山県高岡市の名誉市民であり、京成電鉄OBでもある。

  • 岸 信介(きし のぶすけ、1896年〈明治29年〉11月13日 - 1987年〈昭和62年〉8月7日)は、日本の政治家、官僚。旧姓佐藤(さとう)。第56・57代内閣総理大臣(在職1957年-1960年)を務めた。位階勲等は正二位大勲位。 他満州国総務庁次長、商工大臣(第24代)、衆議院議員(9期)、自由民主党幹事長(初代)、自由民主党総裁 (第3代) 、外務大臣(第86・87代)、内閣総理大臣臨時代理、皇學館大学総長 (第2代) などを歴任。

  • 緒方 竹虎(おがた たけとら、1888年〈明治21年〉1月30日 - 1956年〈昭和31年〉1月28日)は、日本のジャーナリスト、政治家。朝日新聞社副社長・主筆、自由党総裁、自由民主党総裁代行委員、国務大臣、情報局総裁、内閣書記官長、内閣官房長官、副総理などを歴任。栄典は正三位勲一等旭日大綬章。二男の緒方研二は元NEC副社長。三男の緒方四十郎は元日本銀行理事。

    出典:Wikipedia

 

2022_08_01

日本 飢餓国の認定を受ける

なにやってんだ日本政府

このたび、日本は国連専門機関から飢餓のある貧しい国として認定されました。海外に何兆円という膨大な援助をまき散らしている間に、貧困国になったのです。

FAO飢餓マップ


↓日本部分のアップ。


日本で飢餓に苦しむ人々は、総人口の2.5% - 4.9%。おいおい同レベルにミャンマーか。

出典はこちら。

巨額献金で問題化している統一教会信者によく似てる

以下、日本がやった海外バラマキの一部。その結果、国内を飢えさせてどうする。この政府は日本国民のための政府として機能してるか?

国まるごと、巨額献金で問題化している統一教会信者みたい。
隗より始めよ。


 

 


 


サイト内検索

 

ハイセンスでクオリティの高いホームページを、破格の価格でおつくりしています。こんな方に。

ホームページは欲しいけれど、高いのは勘弁してほしい。
今のホームページがスマホ対応になっていない。
今のホームページの維持費が月額1,000円を超えている。

Site まつを

クリック!

 

Index

トップ

オススメ

記事一覧

掲示板

 ・

長崎マニアックガイド

長崎の酒場

長崎を歩く

長崎キャンプ場

長崎インターネットラジオ

 ・

私の隠れ家

私の家づくり

 ・

デザイン

音楽

小説

 ・

メール

リンク

 

Profile まつを

Webデザイナー。長崎市・島原市との多拠点生活化。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」

「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。